FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    おうま
    長い夏休みの始まり。
    あきのすけは起きてくるなりクリップボードを握りしめ、「きょうのよていひょう」を記入しろと催促してくるが、
    そうそう毎日予定があるわけじゃないのよ。
    困ったな。と観光協会のHPで今日のイベントを検索してみたら、Youth Showとかいうものが目にとまった。
    なんだかよくわからないけど、クラフトとか動物の展示とかがあるらしい。
    入場無料(^_^)
    町外れまで車を走らせてみた。

    あきのすけの学校よりもさらに向こう側の、初めて走る道。ダウンタウンから20分ほどだというのに、両側に農場が広がる。会場に車を停めると、目の前にヤギがいた。
    yagi.jpg

    奥の方に緑色のトロフィーも見える。どうやら品評会をしているらしい。会場の奥に歩を進めると、子牛や馬などを審査しているところもあった。昼寝をしている豚の柵に、何色ものリボンがつけてあるのはよい評価をもらったのだろうか。

    小学生くらいの子供があちらこちらで、慣れた手つきで牛馬にブラシをかけてやったり、寝ワラの手入れをしていた。参加した農場の子供なのだろう。
    ラマを眺めていたら、男の子が声をかけてきて、柵の奥から一頭引いてきて触らせてくれた。長いフワフワの毛。さすがに暑いのか扇風機にあたっていた。

    uma.jpg

    あきのすけの今日一番のお気に入りは馬。審査の順番待ちの間、馬場を走らせているのが面白かったらしい。あきのすけを見て、乗り手の中学生くらいのお姉ちゃんが、柵の近くまで馬を寄せてくれた。ブルルッと鼻息、目の前で尻尾パタパタ。「おっきい、うま。ぱっかぱっか。」朝方の雨でぬかるんでいるから、泥がかかるよと言うのに、柵を離れようとしなかった。
    やっぱり乗馬療法させてみようかな。その前にポニーに乗せてみるか。

    このところアートフェスタなど華やかなイベントばかりに参加していたのだが、こちらはいかにも畜産の盛んな中西部らしいイベントだった。
    これもまたアメリカの姿。
    スポンサーサイト




    【2006/07/28 12:59】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック