FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    Fahrenheit 9/11
    レンタルビデオ屋からDVD二枚無料券をもらったので、かの問題作『華氏911』を借りてみた。

    どこまでが資料映像でどこまでが再現映像なのか素人が一見しただけでは解らない危うさ。
    大統領選から9/11事件直後に至るまでのブッシュに対する絶妙な突っ込みは見事だった。

    しかし基本テーマが政治経済陰謀術数系なので、二時間集中して見続けるのは正直ちょっときつかった。

    そんな中で、耳を疑ったのは、マイケル・ムーア監督の出身地だというミシガン州フリントの実質失業率が約50%、というくだり。アメリカの都市部が治安が悪いのは単純に民度が低いせいだと思っていたのだが、それを聞いて妙に納得してしまった。と同時に、先日のハリケーンで被災し取り残された住民の姿を思い出し。

    その一方で、我々のような行きずりの外国人の子供にも、無料で特殊教育を受けさせてくれる。障害者に対する雇用の門戸は広いとも聞く。この国は弱者に優しいんだろうか厳しいんだろうか。この感覚のギャップは、いったい何なんだろう。

    しかし考えようによっては、生活保護や障害者年金で一生丸抱えで面倒を見るよりも、若いうちに投資してしっかり教育してなんとか自活自立してもらう方が、コスト的には安上がりという考えなのかもしれない。
    そういう社会経済的検討は、どっかでされているんだろうか。
    日本の役人は調べたことがあるんだろうか。
    厚相だったこともある小泉くんは考えてみたことがあるんだろうか。
    ないだろうな、「総理大臣がそんなこと知っているわけがない」んだから。
    スポンサーサイト




    【2005/09/22 22:54】 趣味 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)

    この記事に対するコメント
    はじめまして!
    4才の自閉っ子を持つハハです(*^_^*)
    昨年からアトランタ在住です!
    永住組みではなく、駐在なので、いずれ(数年後)日本に帰ります。
    ぜひぜひいろんなお話しさせてください!

    弱者に優しいのか厳しいのか・・・・私もここへ来てわからなくなってます。
    来る前は周りから「アメリカだと障害者に優しいから日本よりはいいわよ」なーんて聞いていたのですが、いちがいにそうでもないなと。
    実際、現在問題山積みです。。。
    学校側とバトル開始っ!ってかんじです。
    州によって、また、カウンティによってぜんぜん違いますよね。私が住んでいるカウンティはスペシャルEDのシステムが良いと言われていたのですが、そう言われたからか、人が多くなって今ではお粗末な感じがします。

    バイリンガルな環境も悩みですよね。特に永住組じゃないときは。

    ではでは!
    【2006/01/27 23:22】 URL | りんぷー #-[ 編集]

    りんぷーさん初めまして!うちのももう3才後半なので、歳同じくらいですね!
    アトランタ、というと、わりと南の方ですか?

    州による違い、結構大きいみたいですね。佐藤夫妻著の「~アメリカ障害児教育の魅力」を読んでから来たのですが、なんか手続きはなかなか進まないし、自閉症専門の担当者っていうのも特にいないみたいだし。日本の療育は「保育」の延長だけどこちらのは本当に「教育」って感じで、イメージとのギャップはありますね。
    ただ診断から日が浅くて日本の現状をよく知らないままこちらに来たので、「なんか、よくわかんなあーい」ってのが本音です(汗)

    そう、たくさんの専門家が集まってくれるのはありがたいと最初は単純に思ったんだけど、いざ療育が始まってみると「この問題は誰それの担当」みたいな、いったい責任者は誰?みたいな。日本も米国的なシステムを取り入れようとしているけれどどうなんだろう?とちょっと思ったりして。まあいろいろ見て日本の仲間のところへ持ち帰れればなと思っています。
    【2006/01/28 05:10】 URL | あき母 #-[ 編集]

    あっ! 早速 りんぷーさん みっけ~!

    あき母さん こんにちは。
    私が りんぷーさんに あき母さんのブログ紹介したんです。 りんぷーさんとは ネットを通して知り合いました。 私は 西海岸在住です。

    数日前 最初の方の日記に 書き込みしたんですが、管理人だけ見れるように してしまった?みたい?で・・・ 気づいて貰えなかったかも ^-^;  (私も どこに書いたか わからないので また同じ事書いちゃいます ↓)


    あきのすけ君と ほぼ同じ年 3歳半の息子がいます。 10月に IEPをして 11月から プリのスペシャル児の1人として 普通クラスに 通ってます。 まだ はっきり診断という 診断がついてないのですが 言葉が あきらかに 遅いので。。。

    月から金 一日3時間 なので あきのすけ君と 一緒ですね。 プラス プリスクールの時間中 STを 週に2回 受けてます。

    暗黒の1歳児 と 2歳児時代 全く同じ経路辿ってます。 今の出てる言葉も
    怪しい 2語文 3語文、プリで習った歌 連発の連発。 今後 どうなるのか・・・う~ん・・・・・と 悩むところです。

    毎日の更新 楽しみにしてます! (←プレッシャー? 笑)







    【2006/01/28 16:10】 URL | しーママ #idpD9AK.[ 編集]

    しーママさん、はじめまして!
    わあ、海外在住ママ結構多いんですねー。なんか、心強いです。

    必ずしも医学的診断がなくても、教育側の判断でspecial edが受けられるのはありがたいですね。日本はいま専門医の初診が数ヶ月待ち、地域によっては数年待ちだとか。で、診断書がないと療育も福祉サービスも難しいというとんでもない状況みたいです。

    毎日の更新、ははは、勘弁してくださいぃ(汗)
    ま、なるべく頑張ります。
    【2006/01/29 05:16】 URL | あき母 #-[ 編集]

    ほんと、ネットのある時代でよかった(^^)
    多分知り合う機会がなかったであろう離れた人たちともこうしてお話しができるんだもん!

    「暗黒の1歳児 と 2歳児時代」うちも一緒ですよぉ~ 子育て楽しくなかったですし。(^_^;)

    毎日ヘトヘトでした。愛情が返ってこないというか、「他のみんなは子育て楽しいのかしら?」と思ってました。 今思うと、ぜんぶ「しょーがないこと」なんですけどね。(^^)

    専門医の初診、日本では半年近く待ちました!で、こっちだと早いのかと思いきや、ウェイティングリストの長いこと!!
    最初、「半年待ち」と言われ、「IEPしたいので」とお願いレターを書いて早めてもらいました。

    私が住んでいるカウンティはここ何年かでスペシャルニーズが爆発的に増え、自閉っ子が4倍にもなったらしく・・・(汗)
    少ないバジェットを我が子にまわしてもらうのは大変です~
    【2006/02/02 08:02】 URL | りんぷー #-[ 編集]

    4倍はすごいですね(・0・)
    そういえばうちのクラスメートのお母さんも、この数ヶ月でクラスの人数が倍以上になったとか言ってました。

    初診待ちはやっぱり長いんですね。そういえば、ホームドクターのチェックアップの時、予約を取ろうとしたら二ヶ月先くらいの日付を指定されて「それは困る」って言ったら少し早くなりました。やっぱり生命に関わらないから優先度が低いんでしょうかねえ。
    【2006/02/02 23:38】 URL | あき母 #-[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック