FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    おもらししちゃった
    久しぶりのトイレネタです。

    クルージング以来、「トイレでウンチ」がようやく軌道に乗ったあきのすけ。外出先では緊張して出せないたちなのが、長期旅行でいい方に作用したらしい。
    自分で排便をコントロールできるのがよほど嬉しいのか、トイレに行くたびにウンチが出るまで頑張ろうとするので時間がかかって仕方がないが、まあパンツにされるよりは良しということで。

    これでお尻を拭く以外の作業はひととおり自分でできるようになったので楽チン…と言いたいところだが、パンツマン宣言をする前にまだ最後の、最大の難関が残っている。

    「便意(もしくは尿意)を伝える」ということ。

    いや、別に伝えてくれなくてもいいのだ。したくなったら勝手にトイレに行ってくれていいのだ、家の中にいるときは。
    あるいは、頃合を見計らって親が声をかけたときに、素直に行ってくれればいいのだ。
    だが、「トイレ行こう」「いや!」→おもらし、の構図からなかなか抜けられない。

    トイレさまも、親が操作していることがバレてしまった。外出前など早く行ってほしいときにこっそり「1分」セットして鳴らすということをしていたら、いつのまにか操作方法を覚えてしまい、自分でキーを押して60秒カウントダウンしてからでないとトイレに行かない、というこだわりになってしまった。ということで現在トイレさまには、あきのすけの目に触れない場所でお休みいただいている。

    玄関のスケジュールボードも更新した。あきのすけの目の前で、
    「ただいま」
    「くつをぬぐ」
    「トイレ」
    「あそぶ」
    と紙に書き、「お外から帰ってきたら、ただいまを言って、靴を脱ぐ。靴を脱いだら、トイレに行く。それから遊ぶんだよ。」それぞれの札を自分でボードに貼らせて、更に手を触れさせながら確認させた。
    これも作って2、3日はよかったのだが、いまは遊びたい気持ちがどうしても先に立つ。特に学校のある日は下校間際にトイレを済ませるので、帰宅直後は「まだしたくない」ということもあるらしい。
    それで、遊んでいるうちにおもらし。

    トイレに限らず「指示されてする」ことには抵抗があるらしい。
    でも想像力や因果関係の理解が弱いので、
    トイレに誘われる→「イヤイヤ」→おもらし→叱られる、というように、
    「イヤ」を言うことで自ら不利益を招いている、ということには気がついていないらしい。
    なんでも親の言うとおりにしていれば大丈夫、みたいな指示待ち人間になってもらっては困るのだけれど、好意で提案していることを毎日毎日朝から晩まで「イヤイヤイヤイヤイヤ」で返されては、「いったい何がご不満なのか、合理的な理由を100字以内で説明せよ」とも言いたくなるではないか。「『イヤ』は一日100回までにしてくれ」とも言いたくなるではないか。

    着替え、トイレ、食事、学校、お風呂。
    どれだけ手を抜こうと思っても、目をつぶって妥協しようと思っても、これだけはやってもらわないと困るということは、ある。
    いつか折り合いがついて、理不尽な要求以外には「イヤ」を言わなくなる日がくるのだろうか。
    自分が「イヤ」を言うせいで、母ちゃんが悲しくなったり怒ったりするのだと気がついてもらえる日が、本当に来るのだろうか。
    スポンサーサイト



    【2006/07/12 07:15】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック