FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    うみ、すき。(1)
    あきのすけの学校が夏休みに入った。
    7月に入れば週3日のサマースクールがあるのだが、6月後半はずっとお休み。
    8月は帰国準備やなんかであまりゆっくりと遊びにも行けないだろう。
    ということで、家族旅行に行ってきました。
    ボーナスはたいて、カリブ海クルーズ。一週間の豪華客船の旅♪

    内陸部で生まれ育ったあきのすけ、海を見るのは今回が初めて。
    造波プールでプカプカするのは好きだけど、本物の海はどうだろう?
    去年の夏はお砂場でパニックを起こしたけれど、砂浜で砂遊びはできるのか?

    出発一週間前から予行演習として公園の砂場通い。プラス「飛行機に乗って、お船に乗って、よその国に行くんだよ。南の島だよ。」とことあるごとにインプット。
    旅行に持参する絵本は、じいじから送ってもらった新作の中から「14ひきのせんたく」「浦島太郎」と水関係をセレクト。

    1日目、早起きして空港へ。3時間のフライトでマイアミ到着、大型バスで港へ。数台のクルーズ船が待機している。「おおきいふね。」いろんな乗り物に乗れたのでごきげんだ。
    初めて見る海に「みず、いっぱい。」

    2日目、Half Moon Cay(バハマ)寄航。珊瑚礁の小さな島。まずはガイドさんに島の植物などを紹介してもらいながら炎天下1マイル半のハイキング。同じくらいの年頃の男の子があきのすけに興味を示してくれて、二人仲良く?連れ立って歩いていた。
    hmcwalk.jpg

    BBQの昼食後、いよいよ海へ、と思ったら激しい雷雨。だが南の島にスコールはつきもの、1時間ほど待ってみたらやんだのでビーチへ。船へ帰ってしまった人も多く、浜は空いている。
    あきのすけをけしかけるが、さすがに警戒しているのかなかなか海へ入ろうとしない。
    母率先して水に入りはしゃいで見せると、ようやく少し近づいてきたので、すばやく捕まえてグルグル回して水の中へザブン。
    浸かってしまうと気持ちいいらしくニコニコ顔。今度は帰る時間になっても水から上がろうとしないので苦労した。
    hmcbeach.jpg


    3日目は一日中船の上。船室の窓や甲板から外を見ては「うみ。」と嬉しげだ。
    午前中は子供向けプログラムにあきのすけを参加させてみた。事前に入手した資料からはてっきり親子で参加するイベントだとばかり思い込んでいたのだが、実質的には無料託児状態。初日の登録の際にspecial need欄にautismと記入したが、特に何も言われなかったし、問題もなかったようで、迎えに行くと「ともだち、たのしかった。」新しい歌まで覚えてきて「duckling, duckling」と口ずさんでいた。
    午後は甲板にあるプールやジャグジーで水遊び。水着ではあるが露天風呂気分でなかなかいい気持ちだった。
    (つづく)
    スポンサーサイト



    【2006/06/27 00:24】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック