FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    TIME誌の自閉症特集記事1
    先日書いたとおり、有名な雑誌TIME誌に自閉症の特集記事が組まれた。表紙も自閉症の少年の写真だから、かなり大きな扱いだ。ようやく前半部分を読み終わったので、興味深い部分を一部引用したいと思う(全訳も作ったのだけれど著作権に触れるといけないので)。



    CDC(疾病予防センター)によれば、米国では166人に1人の子供が自閉症圏の障害を有する。これは10年前の2倍、ひと世代(30年)前の調査時の10倍にのぼる。
    なぜ発症率が上がっているのかは解らない。この障害が広く知られ早期診断がされるようになったこと、かつては発達遅滞や精神障害として扱われていたこともあるだろう。環境要因もあるかもしれない。しかし「自閉症の引き金になる環境要因はひとつではないだろうし、単独の遺伝子が原因でもないであろう。」とある研究者は語る。

    ほとんどの研究者が、自閉症は遺伝要因と環境要因の組み合わせで起こると考えている。自閉症児の一卵性双生児における発症率は60~90%。兄弟児では10%。染色体上の疑わしい部位もいくつか同定されているが、調べなければいけない遺伝子は数十個にのぼる。「遺伝子や環境要因の異なる、様々なサブタイプ(亜系)の自閉症が存在するだろうと考えています。」

    ある研究者は家族性の自閉症に注目している。彼らは自閉症者の多い家系出身の子供たちと、二人以上の自閉症児をもつ母親達から、異常型の抗体を検出した。「この抗体は胎児の脳内にあるたんぱく質に反応するのです。」彼はこの抗体が胎児の脳の発達に影響を及ぼし自閉症を引き起こすという仮説を立てている。もしこれが正しければ、妊娠中の母親の血漿交換といった予防につなげられるかもしれない。

    自閉症者の脳には解剖学的特長がある。
    ・自閉症児の脳は出生時は通常の大きさなのに、生後2年の間に、特に前頭葉が急速に成長すると報告されている。4才までに、脳の大きさは健常児の13才相当にも達するという。この傾向は特に女児の場合に著しいがその理由は謎である。
    ・社会的行動に関与する扁桃核も肥大している。自閉症者の80%に見られる強い不安感に関係していると考えられる。
    ・自閉症者の過剰な白質(訳注;他の神経細胞と接続する神経線維に富む部分)は特殊な分布をしている:近い部位とは過剰に接続し、脳の離れた部位との接続は弱い。左右の大脳半球の接続も乏しい。あたかも、電話の市内通話業者が乱立し、遠距離通信業者がいないかのようだ。
    ・自閉症者の脳に慢性的な炎症があるという報告もある。
    脳の使い方にも特徴がある。
    ・異なる部位間の協調が欠けている
    ・通常は図形を認識する部位でアルファベットを記憶する。
    ・通常は前頭葉前部の大脳皮質で処理する情報を、脳の後方にある視覚中枢を使って処理する。
    これらの特徴が、自閉症の原因であるか結果であるかは不明。

    自閉症者自身が自らの体験について語ることも増えてきた。
    ・27才の大学生スー=ルビンは自身の人生を描いたドキュメント映画「Autism Is a World」のナレーションを執筆しオスカーにノミネートされた。
    ・作家チャンディマ=ラジャパティラナ「自分の体がどこにあるのか考える癖をつけるのは生易しいことではない。私は自分が座っているのか立っているのか判らない。何かに触れていないと自分の体が意識できない。手を重ねてもらうと自分の手がどこにあるか判る。歩いていて足がぶつかると、自分が生きているんだと判る。」
    ・英国のジャーナリスト、カムラン=ネイザー「知らない人と会話を始めることは自閉症者にとって一種の過激なスポーツなんだ。」
    ・話し言葉を持たず精神発達遅滞と思われていた少女ハンナは、13才の時コンピューターのキーボードを打つことで初めて他者とコミュニケーションすることができるようになった。いま彼女は高校の生物学や代数や古代史を勉強している。両親は大学進学資金を用意しようと思っている。
    彼女のように、充分な知能がありながらそれを周囲に知ってもらうことができず、発達遅滞として扱われている自閉症児がたくさんいるのではないかと思われる。



    個人的には、脳の解剖学的特長はおおむね二次的なもののように感じられる。研究途上ということもあるだろうが、神経伝達物質に関する記述がなかったのが不満の残るところ。
    その点を除けば良い記事だったと思います。

    後半は実際の療育についての報告になります。
    スポンサーサイト



    【2006/05/20 00:56】 療育(米国) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック