AUTISTICな日々
長男あきのすけのキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。やんちゃな弟Qちゃんと共に、ハハの眉間のシワを増やしてくれています。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    12 | 2017/03 | 03
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    RECENT ENTRIES
  • 眼鏡屋の上得意な一家(03/20)
  • 『自閉症児療育Q&A』サイト閉鎖(03/20)
  • つらいと思っている時は、たいてい自分のことしか…(12/18)
  • 心の鬼(09/24)
  • 人混みと、予定変更と。(05/30)
  • 恒例の、お片付けストレスの季節です(03/21)
  • うちのサンタさんは寒がりです(12/18)
  • 「本田40式認知特性テスト」をやってみた(11/07)
  • とめ・はね・はらい(09/07)
  • 「つたわるフォント」(07/06)


  • RECENT COMMENTS
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)
  • しまりー(11/03)
  • カイパパ(11/03)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (158)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (35)
  • きょうだい児 (23)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (38)
  • 時事雑感 (44)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (29)
  • 小学校 (40)
  • 社会活動 (10)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (5)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    The Beauty of Holland(美しきオランダ)
    前回のHANENセッションの時にいただいた資料の中に、とてもいい文章があったのでご紹介させていただきたいと思います。もちろん原文英語なので、私の拙訳で(笑)



    障害を持つ子を育てるという経験について語ってくれ、という依頼をよく受ける。
    このユニークな経験をしたことのない人々に理解してもらうため、どんな気分がするか想像してもらうために。それは例えば…。

    赤ちゃんが生まれる前の気持ちは、イタリア旅行を計画するのに似ている。ガイドブックを買い込み、あれこれと夢想する。
    コロッセオ。
    ミケランジェロのダビデ像。
    ヴェニスのゴンドラ。
    ちょっとしたイタリア語会話も練習しなきゃ。とても、とてもワクワクする。

    ついに出発の日が来た。荷物を詰め込んで、意気揚々と飛び立つ。
    数時間後、飛行機は着陸。乗務員が告げる「オランダへようこそ」

    「オランダ?どういうこと?私はイタリア行きの飛行機に乗ったのよ?ずっと、ずっとイタリアへ行くのを楽しみにしてきたのよ!」
    「やむをえない事情でフライトが変更になったのです。オランダに滞在していただかなくてはなりません。」

    ここで重要なのは、彼らは何もあなたを恐ろしい場所、忌々しい俗悪な、あるいは飢えに見舞われた不衛生な場所に、連れて来たわけではないということ。
    ただ単に、違う場所に来てしまっただけ。

    だからあなたは新しいガイドブックを買いに行き、新しい言葉を覚えなければならない。
    出会うはずもなかった人たちとの、新しい出会いだってあるでしょう。

    ただ違う場所に来ただけ。
    ここはゆったりとした時間の流れる場所。イタリアのような華やかさはないけれど、ひといきついて辺りを見まわせば、ここには風車がある。チューリップもある。レンブラントも。

    でも大勢の人々は毎日忙しくイタリアへ行ったり来たりしている。
    そこがどれほど楽しかったか、口々に自慢する。
    あなたはつぶやくことだろう、「私もそこに行くはずだったのに。私もそうするはずだったのに。」

    そして胸の痛みは決して、決して消えることはない。
    失われた夢は、あまりにも大きいから。

    でもイタリアに行けなかったことを嘆いてばかりいたら、ずっと心は囚われたまま、この素晴らしい、愛すべきオランダを楽しむことはできないでしょう。
    (著者未詳)
    (2008年6月13日追記)
    私がいただいた資料ではこの文章は作者未詳になっていたのですが、
    その後調べてみると、ダウン症のお子さんを持つEmily Perl Kingsleyさんが1987年に書かれたものだとのことです。
    あちこちのサイトでいろんな訳が紹介されているみたいですね。
    原文はこちらで紹介されています
    http://www.geocities.jp/misakidsjp/holland.html#english

    (2009年5月25日追記)
    勝手にこの詩の続編…というか返歌みたいなものを、書いてみました。
    イタリアへ行こう(日本語版)
    Let’s Walk Together From Holland To Italy (English)
    スポンサーサイト

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック

    オランダのチューリップ

    以前、わが子の障害が分かったときの喪失感について、「未来イメージの死」とたとえて書きました。 ・カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル : 苦痛は、3分の1でいい~「広島で ... カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル【2011/02/28 20:09】