FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    エッグハント
    エッグハントは、本来はイースター(復活祭)を祝うキリスト教の宗教行事なので、外国人である我々には体験する機会がないなあ、と半ばあきらめていたのだが、ハウジングのイベントとしてのエッグハントが先週末行なわれた。
    住民の親睦を図るとともに、外国人の多いこのハウジングの住民にアメリカ文化に触れてほしいとの心遣い。天候にも恵まれ、昨秋のハロウィーン以来の大イベントとなった。

    案内状によると、子供達を年齢別に分けて
    0-3才→classic egg hunt
    4-6才→new and improved egg challenge
    7才以上→同上
    全年齢対象のゲーム
    という構成。
    あきのすけは4才だが、”new and improved~”はなんだか難しそう…ということで、年をごまかしてclassic egg huntに参加させてもらった。4才0ヶ月も3才11ヶ月もたいして変わらないでしょ、ということで(^ ^)v。
    指定のエリア内に隠してある(というかばらまいてある)卵型のカプセルをひとり3個まで拾う。中にはキャンディやゼリービーンズなどのお菓子が入っている。
    egghunt1.jpg
    egghunt2.jpg

    本格的なエッグハントだと、もっと大きなカプセルにおもちゃが入っていたり、ウサギの形のチョコが入っていたり、子供たちがあらかじめ絵を描いた本物のゆで卵を隠したりするらしい。
    卵は復活の象徴で、カプセルの中身にもそれぞれ意味があるのだとか聞いた覚えもあるが、小さい子供たちにとっては楽しい宝探しゲームだ。

    ちなみに4才以上は何をしたかというと、二人三脚でいっせいにスタートし、卵を5個拾って最初に帰ってきた人がいい賞品(もちろん全参加者に参加賞あり)、というルール。
    わー、あきのすけには絶対ムリ。
    egghunt3.jpg


    最後に、広い公園内のどこかに隠された金色と銀色の卵をみんなで探すゲーム。鴨の卵(本物)を拾ってきてしまう人もいたりしておおいに盛り上がった。あきのすけはその間ゼリービーンズをかじりながら滑り台に没頭、でもなんだか楽しげな雰囲気は充分満喫していたようだ。

    その後はなぜか綱引き大会。
    egghunt4.jpg

    あきのすけは…この立ってるだけのヒトですね(笑)

    というわけで、春の半日を楽しく過ごさせていただきました。
    スポンサーサイト




    【2006/05/02 05:27】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック