FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    07 | 2019/08 | 09
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    RECENT ENTRIES
  • 空の巣症候群にはまだ早いけど(08/03)
  • バースデーカード(04/05)
  • 研究発表会(03/24)
  • サッカー、だけじゃない。(03/24)
  • 「あららげる」考(02/10)
  • 転ぶ権利(01/27)
  • 統計検定3級合格(01/19)
  • パパサンタからのプレゼント(12/24)
  • 耳の痛いこと言ってくれる人がいなかった不幸(10/02)
  • 宇宙との交信(08/12)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (163)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (36)
  • きょうだい児 (24)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (38)
  • 時事雑感 (47)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (31)
  • 小学校 (41)
  • 社会活動 (10)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (9)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    HANEN session6
    今回は本について、がテーマ。
    発達段階ごとにどのような本を選んだらいいか、子供の興味をひきつけるにはどうすればいいか、内容の理解を促すためには、といったことが書かれているのだが、
    実はあきのすけは、もうひとりで絵本が読めてしまう。自慢じゃないけど。と言いつつ自慢してるんだけど(汗)。
    じいじから贈ってもらった「きかんしゃやえもん」、字も多いしまだ難しいかな、と読んでやらずに本棚に入れっぱなしにしていたら、いつのまにか自分で引っ張り出して読んでいた。母ちゃんに怒られた時「そんなにおこるな、けっとん」という返事が返ってきたので力が抜けてしまった。
    最近では母ちゃんが読んでやろうとすると怒るので困っている。
    とHome Visitの時P先生に相談したら、「気長に、楽しくintrude(介入)してみて」と予想通りの返事しかもらえなかったのだが、昨日は文章の最初の字だけ自分で読んで、続きを母ちゃんが読むということで折り合いがついた。
    「はちみつ」を「8三つ」と思っているらしかったので、Honeyのボトルを見せて「これがはちみつ。きんいろの、甘いはちみつ。」と説明したらようやく腑に落ちたような顔をしていた。

    と、こんな調子なので、今回は特に目新しく感じたことがなかったので、「文字によるコミュニケーション」について私が思ったことを書こうと思う。

    こちらでは、マンガは子供が見るもので、いい大人は活字のみの本を読むものだ、と思われている。これは有名な話。
    だからかどうか知らないが、図解してくれれば簡単なのに、と思われるところまで何でもかんでも言葉でくどくど説明してある。
    例えば道路標識。
    STOP=一時停止。これはまあいい。
    No Turn on Red=赤信号右折禁止。こちらの交通ルールでは、赤信号でも安全確認さえすれば基本的に右折して良い(右側通行だから)。特に交通の激しい交差点のみこのように規制が入る。
    Bridges may be ICY.=橋上凍結注意。
    Right(Left) Lane Must Turn Right(Left)=右(左)車線は右(左)折専用。ということは、直進するなら真ん中の車線に移らなきゃ。と考えている間に交差点に着いてしまい、強制的に曲がらされて道に迷う。このあたりから外国人にはちょっとしんどくなってくる。
    Traffic fine doubled in work zone=道路工事区間では、罰金は二倍になりますよ。
    大抵これに引き続き、「作業員を死なせたりケガさせたら罰金いくら、懲役何年だからね」という脅し文句を書いた巨大な看板が出てくる。もう見慣れたが、運転しながらそんな長い文章を読んで意味を考えていたら危ないじゃないか。
    という具合に、ほとんど全部「言葉で」書いてある。間違いがないといえばそうなのだが。

    たまにレストランに入ると、メニューに写真が入っているのを見たことがない。全部英語でくどくどと、これはこういう材料を使ってこういう調理法で、と書いてある。いちいち解読想像していると、目を通し終わらないうちに注文を取りに来てしまう。それで目に付いたものを適当に頼むと妙な料理が出てきて、しかもチップだ何だと高くつくので、結局行くのはどうしてもファストフードばかりになってしまう。
    こちらは先日ご紹介したシカゴピザレストランのメニュー。


    使用説明書もひどい。
    こちらはPL法などうるさい国なのでさぞかし懇切丁寧な説明書が付いてくるのかと思いきや。わが愛用のフードプロセッサーの説明書、66ページのうち写真はこの1ページだけ。
    torisetu

    左側の、各部品の名称を示した部分のみ写真入り。あとは右側のように、全てびっしりと英文。難しい文ではないが、読む気が失せる。

    だからこの国でTEACCHが生まれた理由も、わかる気がする。
    米国人には絵や図を使う習慣がないので、よっぽど意識して使う必要があるのだ。

    日本人は漢字を使う。ひとめ見ただけでその字が何を意味するか瞬時に判別できる。これは考えてみればすごいことだ。裏を返せば、視覚情報処理に強い民族であると言えるかもしれない。日本のアニメーションはこちらでも大人気だが、視覚支援ということに関して言えば、実は日本人の方が優れたセンスを持っているのではないか。
    様々な写真や記号があふれている日本という国は、その点だけで言えば自閉症者にとって住みやすい国と言えるのかもしれない、と思う。
    スポンサーサイト
    【2006/04/28 05:29】 HANEN | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック