AUTISTICな日々
長男あきのすけのキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。やんちゃな弟Qちゃんと共に、ハハの眉間のシワを増やしてくれています。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2017/05 | 06
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • ネガティブ・ケイパビリティ(05/28)
  • 眼鏡屋の上得意な一家(03/20)
  • 『自閉症児療育Q&A』サイト閉鎖(03/20)
  • つらいと思っている時は、たいてい自分のことしか…(12/18)
  • 心の鬼(09/24)
  • 人混みと、予定変更と。(05/30)
  • 恒例の、お片付けストレスの季節です(03/21)
  • うちのサンタさんは寒がりです(12/18)
  • 「本田40式認知特性テスト」をやってみた(11/07)
  • とめ・はね・はらい(09/07)


  • RECENT COMMENTS
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)
  • しまりー(11/03)
  • カイパパ(11/03)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (158)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (35)
  • きょうだい児 (23)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (38)
  • 時事雑感 (44)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (30)
  • 小学校 (40)
  • 社会活動 (10)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (5)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    It’s their problem.
    縁あって、先月からこちらのいわば「日本人障害児親の会」に参加させていただいている。
    こう書くとなんだか堅苦しく聞こえるが、日本人医師とスタッフがいる(従って日本人がよく利用する)病院の一室をお借りして親同士が集まって、情報交換をしたり悩み相談をしたり、という集まりだ。
    こちらの保健師さんが世話役をして下さっていて、言語聴覚士と心理の先生もボランティアで同席。正式なセラピーやカウンセリングではないが、日本語で相談できる場所や、同じ悩みを持つ仲間があるというだけでも心強い。

    こういう集まりがある、ということすら知らなかったのだが、日本人駐在員が多いこの地域では、我が家のように障害児を伴って来た人、滞在中に生まれた子供に障害があると分かった人、というのが実は少なくないらしい。こちらのspecial educationのシステムは確かにしっかりしているが、やはり情報の少なさや孤立感は、日本で感じるそれよりもはるかに大きいことは想像に難くない。

    集まりそのものは、ざっくばらんな井戸端会議という趣き。少し大きい子供さんのお話なども聞けて大変参考になった。
    ちょうど昼食時間帯にあたるので弁当を持参したのだが、例によってあきのすけの食べっぷりの良さは皆さんに大受け。
    いみじくも、日本でM先生に言っていただいた「あきのすけ君って、癒し系だよねえ」という評価をこちらでもいただいて、母は少し鼻高々。

    さて表題の”It's THEIR problem.”は今日の集まりで仕入れてきた言葉。
    こちらではいやなことを言ったりしたりする人に対しては、「その人自身に問題がある(悩みごとを抱えているとか、教育水準が低いとかetc)のだから気にしない」というニュアンスでこの言葉を使うのだそうだ。
    障害児の親というのはどうしても、周囲に迷惑をかけていないか、なんとなくビクビクしながら生活している。特に一見それと解らない発達障害児などは、「躾がなってない」のそしりを受けがちだ。そして周囲の無理解なひとことに傷つき、It's MY problem.自分のせいだ、自分のやり方が間違っているのだ、と絶望感にうちひしがれる。
    「そんなこと、言う方が悪いのよ。気にしない気にしない。」
    そう言ってもらえれば、どんなに救われることだろう。
    そう言ってあげられる人間が、いまの日本にどのくらいいるのだろう。
    なんてことを、考えてしまった。
    スポンサーサイト


    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック