FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    どうぶつえん
    ようやく暖かくなったので、お隣の州の動物園まで足を伸ばしてみた。といっても高速で一時間ほど。春先はまだシーズンオフということで、駐車場も園内もガラガラ。おかげでゆっくり見ることができた。

    動物たちはいずれも人懐っこい。まずはペンギン、わざわざ潜ってきてご挨拶。
    ペンギン

    車椅子・ベビーカー対応ということで、どの展示もこのように低い位置にガラス窓がついている。背の低い子供も塀に邪魔されたり、いちいち抱き上げてもらわなくても間近に動物を見ることができる。

    日本の動物園にいる動物は、暗い檻の中でストレスをためこんでやたらとウロウロ歩き回ったり人間を威嚇したりというイメージがあるのだが、ここの動物たちはみな非常にリラックスして穏やかな目をしている。
    ときにはこのようにリラックスしすぎているかたも。
    ミーアキャット

    左が本来の姿勢、立ち上がって周囲を警戒している。で、右側のは…それでいいのか?

    寒い土地だけに屋内展示も充実している。両生類・爬虫類、昆虫、魚類、鳥類。
    今回あきのすけが特に気に入っていたのはこれ。
    カエル

    熱帯の、毒があるカエルだそうだ。確かにきれい。

    ゴリラは人気があるらしく子供たちが群がっていた。ボスと思しき立派な雄が窓際に座っていたので記念撮影。
    ゴリラ

    彼は決して人間に糞を投げつけたりしないらしい。知性的な目をしていた。

    それほど広大な園内という印象はなかったのだが、気がつくと閉園間際。サファリゾーンに行ってみると、観覧用のミニトレインが動いていなかった。
    ただしこれは、時間が遅かったせいなのかオフシーズンなので動いていなかったのか不明。
    期待していたシマウマが見られなかったあきのすけの雲行きが怪しくなってくる。

    帰る前にもう一度シロクマを見たいと言うのでブースに向かったが、もう屋内に戻ってしまったらしくどこにも姿が見えない。ここであきのすけ爆発。
    「おうちにかえる、おしまい!」
    「だってもう動物園おしまいの時間だよ。動物さんみんなネンネするんだよ。また今度来よう、ね。」
    「おしまいall done。どうぶつえん、やる!」
    あき父による強制連行。
    お土産を買うどころではなく、ふたりがかりでチャイルドシートに縛り付けてなんとか出発。
    車中、なぜか「くっきーたべる」と言い出して聞かないので、途中のスーパーで買ってきて食べさせたら眠りに落ちた。やれやれ。

    まあ、楽しかったのは間違いないようだ。
    今度は忘れずにクッキーを持って、あまり広くないところに行くことにしよう…。
    スポンサーサイト



    【2006/04/19 06:44】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック