FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    ぱんつ、かっくい~♪
    昨日から初夏のような陽気だ。半そでTシャツを慌てて引っ張り出してきた。
    紙オムツはやはり蒸れて気持ち悪いのか、あきのすけはパンツをはくことを強く主張。
    「今日はまだウンチ出てないんだからオムツにしておきな」という母の忠告を無視し、自分でタンスからパンツを引っ張り出して「ぱんつ!かっくい~♪」とご満悦。

    オシッコはまあ近頃成功率も高いし、フローリングなので失敗してもどうということはないが、問題はウンチ。今日でもう丸2日出ていない。
    昼食後「でない」と言って便器から降りたので、「もう少しトイレでがんばるか、オムツをはくかどっちかにして。」と説得してオムツにして十数分後。
    あ、りきんでいる、と思ったら時既に遅し。やっぱりパンツのあいだ我慢してたんだなあ。
    「はい、全部出た?じゃあトイレ行ってお尻拭こう。」「おしまい!」
    「おしまいじゃなくて。気持ち悪いでしょ。きれいきれいしてあげる。」「おしまい!」「…きなさい!」「all done!」ぷちっ。
    強制連行。
    「出たことを怒ってるんじゃないよ。まだ練習中だから、失敗してもいいようにオムツにしたんだから。いまは、トイレでした方が気持ちいいって、わかってくれるだけでいい。お尻汚れたままじゃかわいそうだから、あきのすけが気持ちいいようにしてあげるって言ってるのに、全部全部おしまい、いや、って言われたら、お母さんどうしたらいいか解らなくなっちゃうよ。悲しいよ…?」話しているうちに涙があふれて、止まらなくなってしまった。
    あきのすけは、さすがに気まずい空気を感じたのか、神妙な顔をしている。

    後始末をして、約束どおり青いパンツをはかせて、買い物にでも出るつもりだったが気力が失せたのでパソコンを開く。あきのすけもおとなしくひとり遊びを始めた。
    1時間経過。
    妙な歩き方をしながら寄ってきたと思ったら、股間が濡れている。あーやっちゃった。
    雑巾を取りに行くのも面倒なので、いいや服で床拭いちゃえ。ズボンとパンツを脱がせたら、ひとりで階段を上がってトイレに向かった。
    どうせ出ないんだから慌てることはない。地下室で汚れた服の下洗いをして戻ると、階上から「しろいパンツ。すうじのパンツ。かっくい~」あ、また自分で出してはいたのね。
    もしかして、パンツとっかえひっかえすることに喜びを感じてない?
    「ズボンもはいてよー。」と声をかけると、パジャマのズボンをはいて下りてきた。まあいいか。

    パンツマンはかっこいいんだけど、お漏らししたらかっこ悪いんだよ?

    反抗期&トイレトレーニングは、まだまだ続きます…。
    スポンサーサイト



    【2006/04/15 05:01】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)

    この記事に対するコメント
    桜の季節。この辺りはまだだけど、お城の公園は夜のライトアップが始まったようです。
    トイレトレーニングの話をいろんな機会に聞きながら、私が子育てした頃のトイレトレーニングと随分様子が違うのに複雑な思いでいます。
    紙おむつ、紙パンツの性能がよくなり、便利になったのはよいと思いながらも、トイレトレーニングの難しさが思わぬ形でみられるんですね・・・
    それはね、私の頃は、ほんのちょっと間を(時間を)あけると、おむつがビシャビシャ、そのうちに着ている服が濡れてしまい、あ~あ・・・。ウンチもオムツカバーから漏れ出てしまうことはよくあることでした。
    そこで始まるトイレトレーニングは、布おむつを一枚にして厚手のトレーニングパンツにはさむところから。おまるを用意したり、声をかけてトイレに誘ったりしても、うまくいかない時期が続きます。その間、はい。濡れるは濡れる。床にも溜まる。あ~あ・・・。「でたね~。おしっこ、」「あ~でたね~。うんち・・・」・・・トイレトレーニングは夏にやりたいという理由に、洗濯物の量が増え、乾かないと取り替える着替えがなくなるということもありました。その頃は、おしっこの練習中というとおおかたの人が、ぐっちゃに濡れたズボンやあしをみて、「お・やってるな・・・」街なかで、濡れた服をなんとかしようとしている人を見て、「ああ、間に合わなかったんだな・・・」と思える環境があたなあと感じています。今は、なんだか失敗がつらい。失敗させる回数を少なくするのがいいという雰囲気がとても強く感じられます。住環境の影響もあるのかもしれないなあ。<これでは、トレーニング中の親は辛いなあ>
    ・・うううううん・・。そりゃあ・・失敗は少ないほうがいいか・・・。でも、失敗は、かっこ悪いことではないですよ。トレーニング中は、濡れることを通して、自分の体から出てきたものを感じ取り、自分の体から出てきたものと「さよなら」をする。その練習です。おしっことウンチはだいぶ感じが違いますね。これにはびっくりです。出る前の感じも、出るときの感じも、出た後の感じも、それにそれに、ウンチは日によって、体調によって、違うんですものねえ。びっくりデス。トレーニング中の子どもは、自分の体と、体から出ようとするこの感じに驚いています。どうしたらいいか戸惑っています。失敗は経験のすがたです。出た。という体験。それは、悪いことではなく、大切なこと。さあ、次に「さようならの仕方」を、体験。濡れたら、汚れた物をトイレに持っていって「バイバイ」。トイレでバイバイ。お母さんやお父さんは、かっこよくはじめからトイレでバイバイ。!!
    あきのすけくん、もうおしっこはだいぶいいみたいですね。うんちも、出るという感覚を感じているようですね。もう少しですよ。ちょうど、これから暖かくなります。あきのすけくんがパンツをはきたがるのは「かっこいい」です。失敗しても「かっこいい」。(後のことは大変だよね。ほんと、この時期は大変だよね。だから、紙オムツも上手につかっていいと思います。)
    【2006/04/16 23:00】 URL | めがねのあやこ #-[ 編集]

    失敗できない環境、というのは確かにありますね。もう滅多に失敗しないとわかっていても、パンツで外出するのはすごい勇気が要ります。

    いまの日本は衛生ということに対する意識が過剰になっていて、お漏らしさせるのが結局一番の早道と頭では思っていても、親自身が畳やカーペットの汚れや臭いを耐えられないと感じてしまう。
    スーパーの食品売り場でお漏らしなんかさせた日には、もう二度とその店には行けないと感じてしまう(事実はどうあれ)。
    私が子供の頃は、外で遊んでいて間に合いそうになかったらその辺の側溝か、木の下か草むらにでもしちゃいなさい。でも今そんなことさせていたら通りすがりの人に怒られるんじゃないか。

    若い親の勝手な思い込みなのか、実際少子化で子供の住みにくい社会になっているのか…?

    アメリカの事情はといえば、うーん、熱心なのかおおらかなのか、いまだによくわかりません(笑)
    【2006/04/18 00:42】 URL | あき母 #-[ 編集]


    この記事に対するコメントの投稿











    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック