FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    03 | 2021/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    お引越し・3日目
    LINEを送ってみたら「7時に目覚ましで起きました」と返事があったのでまずは一安心。
    母のみ電車で寮へ移動し、一緒に新入生ガイダンスを聞きました。
    履修登録、学内メール、各種相談窓口等々
    先にバリアフリー支援室でお話を聞いていたのでイメージをつかみやすかったかも。
    そしていよいよここからは、母が手助けしてやれない世界になっていきます。

    部屋で昼食を済ませてから、大学へ移動。
    駅までの道は平坦で歩きやすく、コンビニや郵便局、食料品店や医療機関など生活に必要な施設がわかりやすい位置にあります。
    駅前に団地があるので、そこの住人向けに便利に開発されているのかな。

    大学に着いて、まずはバリアフリー支援室へ。
    改めて支援を受けたい旨をお伝えし、初回の面談の日時を設定しました。
    母はこれで安心して帰れます。

    大学生協の購買部に立ち寄り、職場へのお土産に大学のロゴマーク入りのクッキーを買いました。
    本棚には難しそうな本がいっぱい並んでいて
    A太郎は目をキラキラさせながらそれを眺めていました。

    有名な建築家が設計したという真新しい建物で、学生証その他の重要書類を受け取り。
    通学証明書が手に入ったので、さっそく駅に立ち寄り定期券を購入。
    事前にネット予約しておいて、スマホに表示させたQRコードを券売機で読み取らせて購入するっていうシステムなんだそうです。
    田舎者の二人は操作方法が解らなくてオタオタ。
    でも前に並んでいた、やっぱり新入生と思しき学生さんもなんかオタオタしていたので、ちょっとホッとしたというか。
    毎年のことなんで、駅員さんも慣れているというか。

    ミッションコンプリート。
    「じゃあここで。頑張ってね」と声をかけると
    A太郎は真新しい定期券を手に、ニッコリ笑って駅の階段を下りて行きました。

    そう、君はいつだって決して後ろを振り返らない男だから
    これから始まる新しい生活、新しいお勉強にワクワクする気持ちの方が勝っているんだろうな。

    もう帰ってくるなよ。
    もちろん、帰ってきたらいつでも温かく迎え入れるけど
    そして君の新しい居場所を一緒に探すけど
    でもそうしなくて済むことを祈ってるよ。


    ひとりで育ったような顔をして、親なんか要らないと彼が言う日が
    来るのを願っているのに。
    心から願っていたはずなのに。

    ひとりで帰る新幹線の車内で
    少し泣けました。
    スポンサーサイト



    【2021/04/10 19:01】 大学 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    お引越し・2日目
    2日目はいよいよ寮へ。
    少しノンビリと義母の家を出たら
    信号、渋滞、信号、渋滞…。いっこうに目的地に近づけない。
    首都圏恐るべし。
    うちの辺りの感覚だと、たいした距離じゃないのになあ。

    予定より約1時間遅れで到着。寮の前に車を止めて、まずは寮長さんにご挨拶。
    丸顔の、お優しそうな男性。ホッ。
    荷物を降ろす間、まずはA太郎だけ先に館内の案内。
    鍵を受け取って、いざ部屋へ。

    …せ、狭い!予想はしてたけど。
    段ボール運び入れたら、足の踏み場がないぞ(汗)
    とりあえずベッドメイクだけ先にすれば寝具が片付くからぁ、上に乗れる人は乗ってぇ…
    「じゃ、俺たち電気屋に冷蔵庫見に行くわ」
    「じゃその間私は荷物片づけておくよ」

    しょせん一人暮らし、
    食事付きの寮で調理や掃除はほとんどしなくていいのでそれ関連の荷物はほとんどないので
    意外にあっさり片付きました。

    近くのラーメン屋で昼食を取ってから
    電気屋で冷蔵庫を注文し(在庫がないので後日配達)
    スリッパや枕などを買い足して

    寮に戻ると、大学生協に注文していたパソコンとプリンターが届いていたので
    あき父にセットアップをお願い。
    父「これぐらい自分で出来るだろ」
    母「いやA太郎はパソコン初心者なんだから。今日中に使える状態にしておかないと、明日いきなり新入生ガイダンスがオンラインであるんだから」
    父「テストプリント用の紙ってある?」
    母「それは盲点だったとりあえずこの裏紙使って」

    最後に一番近いスーパーへ徒歩で移動。
    寮の周辺は丘陵地で、思ったよりアップダウンがある。
    事前にグーグルマップで近隣の店舗をチェックしてあったけど、直線距離で思うより遠い印象。
    「ホームセンターとか、バスで行った方がいい感じだね」
    昨日、精神の手帳を書き換えた時に、市バスの無料パスがもらえるというので
    「貰えるもんは貰っとけ!」とオバちゃん強く推しといて良かったよ。

    夕食もどこかで一緒に食べようと思ってたけど
    A太郎がスーパーの弁当を買うっていうので
    ちゃんとご予算内で上手に買えるか見届けてきました。
    「弁当一個選ぶのに時間かけすぎ」って父はあきれていたけど
    ま、そのうち慣れるよね。

    明日から寮で食事が出るので
    「ちゃんと時間に間に合うように起きるんだよ」と言いおいて
    我々3人は寮を後にしました。
    【2021/04/10 18:39】 大学 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    お引越し・1日目
    寮に入るのは明日の予定だったけど、入学前健康診断に来いという通知が来てしまったので
    (密を避けるため、学籍番号に応じて分散で実施する)
    荷物は後からあき父とQ次郎に車で運んできてもらうことにして
    A太郎と二人で、電車を乗り継いで大学へ。
    指定の時刻より少し早く着いたので、しばらく学内をお散歩&記念撮影。
    桜が満開。今年は暖冬で開花が早かったので、もう散っているかと思ったけど、間にあって良かった(^▽^)

    健康診断はあっという間に終わって、
    バリアフリー支援室との面談まで時間が余ったので
    駅前の中華食堂で担々麺を食べて
    商店街をブラブラして
    それでもまだ時間が余ったので、どうしよう…とグーグルマップを見てみたら、近くにわりと大きな公園があるらしいので
    スマホのナビを頼りにてくてく

    大学近くの池


    池のほとりでお花見している家族連れが大勢いて
    ボートも浮かんでいて
    鳥さんもいっぱいいて、なかなかいい感じ。
    「これなら、たまに散歩に来ればいいよね~」

    大学に戻って、バリアフリー支援室のコーディネーターさんと面談。
    A太郎の大学では、現在約20~30人の学生さんが支援を受けているとのことで
    週1回程度定期的に個別面談して、困り感の聞き取りをして
    例えば履修登録の科目選択に無理や落ちがないか事前に一緒にチェックしたり、
    学内メール等のパソコンでのいろんな登録作業の補助とか、
    受けたい配慮を担当教員や担当部署に伝えたり、
    就活の時には学外の専門機関との連携もあり、と非常にいいお話で。
    なんだけど
    どうも当のA太郎が、前向きな反応を示さない。
    「とりあえず自力で頑張ってみたいって感じかなぁ。じゃあまた困ったことがあったらいつでも遠慮なく相談に来てね。」
    って感じで、いったん終了。

    電車で区役所に移動。
    転入届を出し(窓口が超混雑してて1時間くらい待った)
    上の階に上がって、精神の手帳の書き換えをして。
    「手帳の更新の時には、自分でここの窓口に来るんだから、よく覚えておくんだよ」とA太郎に言い含めて
    ようやく、ミッションコンプリート。

    あき父、Q次郎と合流して、今日は義母の家にお泊りです。
    コロナでずっと来れなかったので、久しぶりにばあば孝行です。

    父「で、支援室との話し合いはどうだったの?」
    母「すごくいいお話だと思うんだけどねえ、なんかA太郎が乗り気じゃなかったんで、いったんお断りって形になったんだよね」
    A「えーっ?!」
    母「えーっ、て何よ」
    A「断ったつもりじゃなかった」
    母「いや、あんたのあの反応は『断った』だよ?母もコーディネーターさんも、そうか残念だねえって言って帰ってきたじゃない」

    どうも詳しく話を聞くと
    本人は支援を受ける気満々なんだけど
    入学後のスケジュールがまだ曖昧な部分があるので、初回の面談の日時がいまの時点では決めにくいよね
    ぐらいのつもりだった、らしい。はぁ。

    ま、こういう奴だってことがさっそく知って頂けて良かったのかもね^ ^;
    【2021/04/10 16:46】 大学 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)