FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    12 | 2019/01 | 02
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    転ぶ権利
    この冬初めてまとまった雪が降ったので
    Q次郎は庭でかまくら作りに精を出しています。
    これがやりたい!と思ったら何時間でも黙々と集中して出来るところは
    やっぱりA太郎の弟だなあ、と思います。

    一昨日、学校のスキー教室がありました。
    去年は初めての経験で、うまく出来なかったので
    行く前はヤダヤダ言っていたのですが
    今年はなんとか、林道コースなら降りてこられるようになった
    リフトから降りる時も転ばなかった
    「きっと兄より俺の方が上手いよ、今度家族で滑りに行こう」と得意満面で帰ってきました。

    ところが、もしかしたら来年からスキー教室がなくなるかもという話になっているそうです。

    英語教育の導入と
    もともと他地域に比べて短かった夏休みの延長要請のため
    授業時間が足りないので、学校行事を削るしかないのだと。

    ふざけんな、だったら英語なんかやめちまえと思います。

    一面の銀世界で冷たい空気を胸いっぱい吸って
    何度も転んで、諦めずに立ち上がって
    親でも先生でもない地域の大人の優しさに触れて
    友達と競い合って、励まし合って

    子どもには子ども時代にしか学べないこと
    心の根っこになって、生き抜く力になっていくことがあるってことを
    知らない大人が口をはさむから
    どんどんおかしなことになっていく。

    最後のゆとり教育世代だったA太郎がもし現在のカリキュラムの中に放り込まれていたら
    こんなに成長できなかったと思う。
    彼が経験させてもらえた様々のこと
     校内でのスケートも
     田植えも
     餅つきも
     支援級のカレー会も、市民プールへの校外学習も
    たった5年の間に全部なくなってしまった。

    現場の先生方を責めるつもりはないけれど

    吉田友子先生の言葉を思い出します。
    『赤ちゃんは、這うように、立つように、歩くようにと誰に強制されたわけでもないのに毎日の努力を続けていきます。子どもというのは、本来、誰に言われなくても前へ前へと進んでいく生き物です。大人が邪魔さえしなければ。大人が邪魔し続けて、前に進むことへの希望を奪い去らなければ。』
    http://i-pec.jp/bulletin.html


    さて、Q次郎のかまくらが完成したようです。
    スポンサーサイト



    【2019/01/27 11:46】 小学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    統計検定3級合格
    昨年の話ですが
    「大学入試にも役に立つから」と担任にたきつけられたA太郎
    統計検定なるものを、クラスの何人かと一緒に受けに行きました。

    http://www.toukei-kentei.jp/

    正直、何がどう役に立ちそうなのか親にはイマイチよく解らないので
    まあ合格するしないはどうでもいいんだけど
    それよりも問題は
    山ひとつ越えた、直線距離で50キロ先のM市の受験会場に
    電車とバスを乗り継いでA太郎が無事たどりつけるのかということ。
    もちろん1人でこんなに遠出するのは初めて。

    クラスメートと、途中の駅で待ち合わせとかして行きゃいーじゃん。と言っても「うーん…」と曖昧な返事。

    幸い、受験会場があき父のよく知ってる場所だったので
    バスの時刻表を渡したり、事前レクチャーをしてくれてました。

    せっかく遠い町に行くんだから、昼飯なにかうまいものでも食ってきたら…
    というのは、無駄にミッションを増やして負担になるだけなので
    駅の待合室ででも齧れるようにお握りを持たせて
    当日朝は、私はQ次郎のサッカーの試合があったので駅まで送れずドキドキしていたのですが

    途中の電車でクラスの子と行きあったりして、なんとか問題なくたどりつけたそうです。ホッ。


    で、先日その結果が返ってきました。

    なんか、成績優秀者で表彰されたそうで、合格証+表彰状が。
    ただし、封筒を開ける時に誤って賞状の上の方を一緒に切っちゃったらしく、上の方がギザギザ(- -メ)
    こういうところが、コイツなんだよなあ…

    なんか、試験を受けた動機とか、受賞の喜び的なことを作文に書けという依頼も来てて
    メンドクサイけど例文を参考に、テキトーに書いて出して差し上げなさい、と伝えました。

    ホント、数字には強いのねこのヒト…。
    まあおかげで移動スキルがレベルアップして良かったです。
    【2019/01/19 20:07】 高校生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)