FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    11 | 2014/12 | 01
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    フクザツな親心
    昨日、個別懇談の前に
    「就学相談の判定結果をお伝えしたいので、先に校長室へお寄りください」と言われました。

    小学校へ入るときの判定結果は園長先生から電話でサクッと伝えられたので

    えっ…わざわざ校長室へ?
    なんだかちょっとオオゴトじゃない?
    なんかヤヤコシイ話にでもなってるのかしら…
    これだけ散々見学も、体験もして、本人も行く気になってるのに
    もしかして「やっぱり普通級で頑張りなさい」とか、いまさら言われちゃったらどうしよう…

    と、少しドキドキしてしまったんですが。

    結果、希望通り支援級判定。
    ただし、知的に高いお子さんなので、落ち着いて生活していけるようであれば進級時に退級することも視野に入れてみてください。という付帯意見つき。

    ああ、良かったぁ。と胸をなでおろして
    「よろしくお願いします」と笑顔で頭を下げたんですが。



    後で思った。
    私、「普通級でも行けますよ」って言ってほしかったんだな、きっと心の底では。

    アメリカでevaluation testを受けた時と同じ。
    この子はもう大丈夫ですよ、特別な支援なんて必要ないですよ、って言われることを、心のどこかで期待していた。

    普通級でやれ、って言われたらきっと
    え~そんなの困るぅ~って大騒ぎするくせに。

    この子は「普通」の子なんかじゃないって
    誰より一番よく解っているはずなのに。

    進歩してないなあ、自分(^ _ ^;)
    スポンサーサイト



    【2014/12/20 16:22】 小学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    『はじめて逆上がりが出来た女の子:成功後の一言が指導者を撃ち抜く』
    ツイッターで流れてきたネタ。
    「できるようになる」ことが本当にその子にとっての幸福なのか?
    考えさせられます。

    はじめて逆上がりが出来た女の子:成功後の一言が指導者を撃ち抜く
    http://shoichikasuo.hatenablog.com/entry/2014/11/22/121010



    “地味な練習を繰り返し、しかも失敗ばかりする練習のどこが楽しいでしょうか。”
    “技を教えるより、まず初めに運動そのものの楽しさを伝えなければいけなかったのです。”
    “楽しさを自分自身で見いだした子どもに小手先の指導テクニックは必要ありません。放っておいても勝手に練習を続けます。”

    運動指導、だけじゃないですね(^ ^)
    【2014/12/03 21:57】 時事雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)