FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    08 | 2012/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    ペアレントメンター養成研修
    いままで親の会の中で細々やっていたペアレントメンター養成講座が
    今年から県の予算事業になりました。

    内容も充実して、
    県や市の相談事業にも協力するという形になっていきます。

    私的にはとてもいいことだと思っていて
    参加する気満々でいたんですが

    案内が届いてみると…

    全3回の研修日程のうち
    3回目が、Qちゃんの保育園の発表会とバッティングしているっ!

    チクショー、なんでよりによってこの日なんだよお。
    ていうか、なんで今年に限って保育園の発表会が平日なんだよお。

    去年はあきのすけの土曜参観と重なって
    私が小学校、あき父が保育園へ。
    なので今年は「絶対観に行くからね」ってQちゃんと約束していたのに。

    メンター研修は来年もある。
    と言いたいところだけれど
    第1回の講座にもし受講希望者がほとんどいなかったら?
    (親の会の代表者会議でこの話が出た時も、他の会の親御さんたち、正直腰が引けてた。
    ボランティアにしては負担が大きすぎるんじゃないか、って)

    せっかく始まった事業が、空中分解しちゃうんじゃないか。

    来年だって、なにかの日程と重なっちゃう可能性もあるよね。

    なにより私自身が、ずっとしたかった活動。
    パートの仕事なんかよりこっちの方が大事だって思えるぐらい。


    でも、
    よその子のために我が子を後回しにしていいの?

    「きょうだい児を大事にしてあげなきゃ」
    っていうことばが、頭の中でグルグルしている。
    Qちゃんももう年中、いろんなことがわかる年齢。

    うーん…。

    悩みます…。

    ...read more
    スポンサーサイト



    【2012/09/12 18:19】 社会活動 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    笑い飛ばしてやればいい
    Qちゃんの保育園では、親向けに図書の貸し出しをしています。
    あきのすけが通っていた頃はゆっくり本を選ぶ余裕もなくて
    一度も利用したことがなかったのですが
    最近はちょくちょくお気楽な本を選んで借りています。

    今週のセレクトは


    「ああ息子」西原 理恵子+母さんズ


    いやあ、笑えました。
    「普通」の育児が解らない私、Qちゃんの悪行の数々にしょっちゅうブチ切れては
    「男の子なんてこんなもん」とあき父にたしなめられ
    うっそぉ、溺愛で目が曇ってるだけじゃないの…と思っていたのですが。

    この本に納められたエピソードの数々。
    世の中、これだけ強者がいるんだわ。と、漠然と力が湧いてきました。


    そしてね。


    子どもの、ちょっと理解できない行動に出くわすたびに
     もしかして発達障害かも。
     これって特性?性格?
    と、オロオロしてしまう親御さんにも
    読んでほしいと思った。

    現実から目をそらすためにではなく。
    ぜーんぶ、笑い飛ばしてあげればいいんだよ。って。

    とんでもないよねえ。
    男ってやつは、しょうがないよねえ。
    困った困った、と言いながら

    がんばっているお母さんたちを互いにたたえあい
    労をねぎらい

    うちだけじゃないよ
    シンドイのはあなたひとりじゃないよ

    いまはとんでもないことをしまくっているこの子たちも
    いずれちゃんと育っていくから。大丈夫。と

    そんな温かさが、この本には満ちていました。

    吉田友子先生の言葉を思い出しました。

    “「障害」と「個性」という二つのとらえ方を二律背反のものとしてとらえること自体をやめてみましょう。子どもの特性はどの子のどんな特性も「障害」であり「個性」です。客観的に評価しそれに合わせた課題や支援を用意するとき、あなたはわが子の特性を「障害」としてとらえています。同時に彼(彼女)の行動のほほえましさをいとおしく思いあるいはそのユニークさに感心するとき、あなたはその特性を生涯続くその子らしさ「個性」として味わっているのです。「障害」か「個性」か。その区分はあなたがいま子どもにどんな視点を向けているかを示しているにすぎません。そしてこの二つはどちらが欠けてもだめなのです。”
    【高機能自閉症・アスペルガー症候群 「その子らしさ」を生かす子育て より引用】

    笑い飛ばしてあげよう。
    子どもの育つ力を信じて。