FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    12 | 2009/01 | 02
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    病気して強くなるというけれど
    あきのすけを保育園に転園させるために、本末転倒ではあるけれど働き始めた母。
    パートとはいえ、働き始めた以上はそれなりの社会的責任というものがある。
    こちらの事情を承知の上で、好意で雇ってくれた小規模な事業所、
    仕事も早く覚えたいし、そうしょっちゅう休むわけにもいかない。
    父母どちらの実家も遠方で、応援がたのめないため、
    いずれ利用することもあるだろうから念のため、と
    スタートしたばかりの市の病児保育事業に登録しておいたのだが。

    Qちゃん、すっかりそこの常連化している。

    11月末に嘔吐下痢、
    年末の帰省中に発熱→帰宅後に細気管支炎で正月早々またお世話になり、
    やっと治ったと思ったらまた発熱→下痢。

    朝、兄を保育園に送って、
    その足でかかりつけの小児科へ行き、紹介状を書いてもらって、
    薬局で薬をもらい、
    いったん帰宅して弁当を作り、
    紹介状と薬と荷物一式を持って病児保育へ行き、またそこの担当医の診察を受けて、
    Qちゃんを預けて仕事へ。
    仕事が終わったら兄を保育園へ迎えに行き、病児保育へ弟を迎えに行き。
    一日市内をぐるぐる回っている感じだ。
    そうまでして働く意味があるのか?と時々ため息が出る。

    あきのすけの時はこんなに小児科通いをした覚えがない。
    暖かい、きれいなおウチに引っ越したというのに、弟は体が弱いのか?
    ふたりめで気が抜けて育て方が雑になっているのか?

    「ふたりめは仕方ないわよ」と職場の先輩。
    確かに、あきのすけの時は全てが子供中心の生活、
    軽い症状なら慌てて医者に連れていかなくても家でぼおっとしていれば良かった。
    毎日兄の送迎につき合わされ、
    一時保育とはいえ集団に放り込まれ、
    親の会や園の行事、学校見学等々に連れ回され。
    病気にかかりやすくもなるし、
    親にとって「病気だと困る」場面も増えているのだ。

    それにしても、子供ってヤツは病気すると
    機嫌は悪いし
    メシは食わないし
    熱測って、薬飲ませて、
    風呂に入れないときは部屋で待っている間じゅうビイビイ騒ぎ、
    出てきた母にしがみついて身動き取れなくするし
    やきもちを焼いた兄はいつも以上に甘えようとするしで
    いつもの10倍ぐらい手がかかる。

    病気しながら強くなるとはいうけれど、
    ああ、早く病気しない体質になってくれ(涙)
    スポンサーサイト



    【2009/01/26 13:44】 きょうだい児 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    おとなの女のひとには聞いてはいけません
    どういうきっかけでスイッチが入ってしまったのか、
    昨年末頃から
    「昭和○年は、19××年で、その年に生まれた人は△才です」
    というのにはまってしまった。
    私が何度聞いても忘れてしまう義父母の年齢、くらいならいいのだが
    その年号どっから出てきたの?誰の誕生日よ?みたいなことをランダムにいつまでもブツブツつぶやいているのは、やはり非生産的だと思う。

    で、勤務先でこんなものを手に入れてきた。

    年齢早見表2009

    「こんな便利なものが世の中にはあるんだから、いちいち覚えなくてもいーのよっ」
    という意味をこめて手渡したのだが、
    案の定うっとりと見入っている。

    そして一点をピッと指差して言い放った。

    「お母さんは、今年○才になります!」

    うっ…あまり突きつけられたくなかったその事実…。

    「あきのすけ。
    前にお話したよね。
    おとなの女のひとに、聞いてはいけないことが二つあります。


    歳と、
    体重の話は、
    してはいけません。」

    謹賀新年
    と、ようやく年末のネタを書き終わったので、遅ればせながら

    あけましておめでとうございます

    usi.jpg

    更新滞りがちな親バカブログですが、本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

    どうして大そうじするの?
    去年は越してきたばかりで、あまり汚れてもいなかったので見送ったけれど
    今年はやらねばなるまい。大掃除。
    一日では絶対終わらないので、12月に入ったあたりから土日や平日の午前に、
    今日は窓拭き、
    今日はガスコンロ、
    今日は床のワックスがけ…って調子で少しずつやっつけていった。

    しかしそれにご不満なお方が約一名。

    「どうしてお掃除するの?」
    「ねえ~どうして大掃除?」

    母としては、家事の中で掃除が一番優先順位が低いので(爆)
    母が掃除に精出す姿自体、あきのすけ的には既に非日常。
    しかもせっかくの週末だというのにほったらかしで遊んでももらえない。
    下手すりゃ邪魔者扱い。
    というわけで↑の質問が発せられる。一日何度も。繰り返し繰り返し。

    「掃除なんかやめて僕と遊ぼうよ」という意味だと、解ってはいる。
    解ってるけど、そういうわけにはいかないのよお。

    手は止めずとも話し相手ぐらい付き合ってやらにゃ、とは思うものの、
    あまりのしつこさに「さっき説明したよね」とだんだん口調もとんがってくる。
    それでとうとう、ホワイトボードに書きました。


    おうちがきたないと…

    びんぼうがみのびんちゃん(注1)が
    ぼくのうちにすみついてしまいます。

    みんなげんきとやるきがなくなって…

    おうちがびんぼうになってしまいます。

    ごはんがたべられません。
    ほいくえんにも いけなくなります。

    きれいにおそうじしておくと、
    だいふくだいちゃん(注2)が
    みんなのぜんまいを
    まいてくれまーす!


    (注1)アニメ「おじゃる丸」に登場する貧乏神。彼女にとり付かれた者は全てに意欲をなくしてしまう。
    (注2)アニメ「ぜんまいざむらい」に登場する福の神。ぜんまいざむらいが良いことをすると、頭についたぜんまいを空の上から巻いてくれる。

    著作権の関係上、イラストは割愛し本文のみ掲載させていただきます(笑)

    一応こんな説明で納得したのか?これ以上のレスポンスは引き出せないと諦めたのか?
    ようやく少し静かになったあきのすけでした。

    2008年のクリスマス
    もう歳が明けてしまったけれど、クリスマスの話。
    去年の記事を確認したら、状況がほとんど一緒。

    12月始め頃から家族が順番に嘔吐下痢で倒れ、バタバタしている間にシーズン突入。
    シュトーレンは去年スーパーで買ったのがおいしかったので今年も購入。
    クリスマスイブの料理は…
    Xmas08.jpg
    主食は生協の冷凍パエリア。
    「鶏の丸焼きって食べるの面倒だし(値段も高いし)、今年はモモ肉にしない?」
    と更なる手抜きを画策するも、
    「こっちがいい!」と断言するあきのすけに負けて、今年も恒例の丸焼きチキン。
    カボチャとポテトの付けあわせまで、去年と同じ(苦笑)。
    唯一違うのは、あきのすけがスーパーで選んだ安物のテリーヌ(おいしくないって、結局残してたけど)。

    ケーキも今年は焼かないで、近所のお店で注文することに。パンフレットを見ながら
    あ「レアチーズ!」
    母「大人っぽ過ぎない?こっちのピンク色のブッシュドノエルの方が」
    父「リース型の巨大シュークリームなんてのがあるよ。フルーツもいっぱいはさんであるって」
    家族会議は意見が割れまくり、
    結局フツウの「クリスマススペシャル生クリーム5号」に落ち着いたのでした。

    さて、問題はプレゼント。
    「サンタさんに何たのむ?お母さんが手紙出しておいてあげるよ」
    「いらない」
    「欲しい物ないの?」
    「ない」
    うーむ。彼にとってサンタさんは、保育園にやってきて、頼みもしないのになんか適当なものを置いていってくれる人、であるらしい。
    困ったな、と思いつつ一緒にジャスコを歩いていると、あきのすけの足が止まった。
    「リバーシ」(オセロの後発品)の箱に見入って、熱心に遊び方を読んでいる。
    「これほしいの?」「うん」「じゃあサンタさんに頼んでおくよ。クリスマスまで待てる?」「待つ」やれやれこれでひと段落。
    イブ当日、「お父さんやお母さんを怒らせると、サンタさん追い返しちゃうよ」「いやあだあ」
    こんな脅し文句が通用するようになったんだなあ、としみじみしてしまう母なのでした。