FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    11 | 2007/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    2007年のクリスマス
    今年は11月末から家族が交代で風邪をひいたり、
    それでなくてもQちゃんの離乳食が始まったりでバタバタしていて、
    恒例のシュトーレンも買ったもので済まし(近所のスーパーのだけど、本場ドイツからの輸入物で安くておいしかった)、
    クリスマスイブのご馳走もなるべく手抜き。

    オーブンにおまかせの丸焼きチキン。
    水っぽくてあまりおいしくなかったカボチャも、ポテトと一緒に焼いてみました。
    chick07xmas.jpg


    生協の冷凍パエリア。
    魚介とサフランライスを、別々に炒めて盛り付けるだけ。
    paella07xmas.jpg


    ケーキは、あきのすけの大好きなダークチェリーでキルシュトルテに挑戦。
    Xmascake07.jpg

    ココアスポンジくらい、焼くつもりだったのに買ってしまいました。
    気持ちひと手間ということで、チェリーのシロップにキルシュワッサーを混ぜたものをハケでぺたぺた。
    中段はホワイトガナッシュクリームでシロップ漬チェリーをはさんで。
    上は生クリームにちょっぴりキルシュワッサーを入れて。ちょっと泡立てすぎて、全面コーティングする予定が硬くてできなくなってしまいました。まあデコレーションが下手くそなのはいつものこと、チェリーと削りチョコとプレートを乗せればそれなりに?

    半製品活用しまくりですが、こういう時の方が、かえってあきのすけはよく食べるんだなあ…。
    まあ、家族そろっておいしいものが食べられる幸せを感じてもらえればそれでいいということで。
    スポンサーサイト



    【2007/12/27 12:50】 趣味 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)

    カレンダーボーイ?
    教科書的な書き方をすると、
    自閉症の特徴として、イマジネーション障害ということがあり、「目に見えない事柄」を取り扱うことに困難がある。
    過去のことを思い出して語ったり、未来についてあれこれ思い描いたりするのも難しい。

    幼児で言えば、「今日幼稚園でさー、あれしてこれして、○○ちゃんがこんなこと言ったんだよ。」という風にきょうの出来事を報告するとか、
    「ぼく大きくなったらトラックの運転手になるんだ」と未来の夢を語ること。
    子供なら誰でも、そんな話をするのだと思っていた。
    難しいことだなんて、思ってもみなかった。

    だから今年度の目標は、「園での出来事を報告する」にしてみた。
    給食の献立表や行事予定表は毎月配られる。
    先生が連絡帳に活動内容など書いてくれることもある。それを手がかりに、リラックスできるお風呂の時間に質問してみる。
    「今日のお昼は何食べた?」「何して遊んだ?」
    最初は「にく・さかな」「おえかき・えほん・たいそう」のように選択肢を提示。
    毎日繰り返すうちに、自分から「きょうはー」と話してくれるようになった。
    「おさんぽで、○○ちゃんがころんじゃったの。」なんてことも報告してくれるようになった。

    そのうち、ちょっとさかのぼった昔のことも話すようになってきた。

    ...read more

    いまさら気がついたこと
    ちょっと前の話ですが。
    朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」の中でこんなセリフがありました。
    「どんな仕事でも最初は雑用。何をしたら相手が気持ちよくなるか、そうやって気配りの意味を体で覚えていくんやねえ。」
    お茶くみするために就職したんじゃない、といきがっていた二十台の頃にこのセリフを聞いていたら、私の人生だいぶ違ったものになってたかもなあ。とちょっとしんみり思ったわけですが。

    「子供を産んで一人前」
    若い頃の私はそんな言葉にも激しく反発していて。
    働く女性や子供のできない方に配慮して、最近はそんなことをおおっぴらに言う人も少なくなってきたのではないかと思いますが。
    しかし育児というのはまさに、泣くしか能のない赤ん坊がどうやったら気持ちよくなるかを毎日考え続けることであって、それを乗り切った人は程度の差こそあれ気配りのできる人になっているであろう、はず。
    なるほど、そのことを指してたんだなあ、と、もう三十路も後半になってやっと気がついたわけです(遅いって。笑)
    じゃあ自閉症児+1を育てている私は三人前くらい気のきく人になったかというと、恥ずかしながら決してそうではないのが悲しいところです。
    【2007/12/12 14:08】 時事雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)

    咳エチケット
    ここ数週間、我が家には風邪が蔓延しておりました。
    母だるい→兄発熱→弟咳→弟発熱→母発熱→父咳、という調子でウイルスのキャッチボールです。
    特に兄あきのすけは、
    ノーガードで人の顔に向けて咳やくしゃみをしてくれるわ、
    弟の顔をのぞきこんで鼻水よだれをたらしてくれるわなので、
    「咳のときは口を押さえなさい」と注意して、最近やっとできるようになってきました。

    そんな時、12月3日の天声人語で、厚生労働省が「咳エチケット」を呼びかけることにしたという記事。
    近頃はいい大人が、平気で人の顔に向けて咳やくしゃみをするのかい。
    で、お役所に注意してもらわないといけないって…。
    あきのすけと同レベルだな。情けない。
    【2007/12/11 13:54】 時事雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    あきのすけ語録
    気がつくとひと月以上更新してませんでした(汗)。
    最近のあきのすけのオモシロ発言から。

    (1)
    もうすぐ終わりだけれど、NHK大河ドラマにはまっている彼。
    (タイトルバックの、武田騎馬隊にしか興味がないのだけれど)
    日曜日ともなると、昼過ぎからそわそわし始め、
    「きょうはー、8じからー。よる8じはー。」
    「8時は、何?」
    「…ふーりんかぞく!」

    …ちり~ん♪

    『風林火山』が、どう間違えたらホームコメディーになってしまうのかしらねえ。

    (2)
    近頃はピーターパンの絵本がお気に入り。
    セリフの上に話す人の顔アイコンがあるのが解りやすくていいらしい。

    その中の、ネバーランドを探検していた子供たちを捕まえたインディアンの長のセリフ。

    「娘のタイガー=リリーが“さわられた”。どこにいるか言わないと、火あぶりだぞ。」
    …お父様、お腹立ちはごもっともなんですが。

    この後、ティンカーベルもフック船長に“さわられて”しまいます(苦笑)。
    5歳児がこんな本を大声で読んでいていいのでしょうか。

    ちなみに正しくは「さらわれた」です。