FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    07 | 2006/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    にっぽんいち
    あきのすけは最近何にでも「日本一」をつけるのが口癖だ。
    じいじに送ってもらった「ももたろう」の絵本を愛読していて、何度も「にっぽんいちの~」というフレーズが出てくるのが楽しかったせいらしい。

    中華料理を食べに行って「にっぽんいちの ごまだんご」
     いやここはアメリカなんですけど。
    母ちゃんに抱きつきながら「にっぽんいちの あまえんぼう」
     よしよし可愛いやつ。と舌の根も乾かぬうちに、
    「にっぽんいちの おこりんぼう」
     …それって母ちゃんのこと?(- -メ)
    「にっぽんいちの いやいやこぞう」
     そうだよ。あんたがイヤイヤばっかり言うから母ちゃんが怒りんぼうになっちゃうんだよ。
    「にっぽんいちの とおちんぼう」
     …???

    どうやら、父ちゃんをあらわす的確な形容詞が思いつかなかったらしい。それで「にっぽんいちの ○○ぼう」と「父ちゃん」が合体して、「とおちんぼう」?

    まあ、自分なりに日本語を研究するのはいいことだ。
    スポンサーサイト



    【2006/08/31 23:57】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    オーブン三昧
    あと一ヶ月で食材もなるべく使い切らねばということで、
    特にパンお菓子関係のラストスパートに入っている。
    今日は午前中に全粒粉食パン。
    午後パンプキンパイ。
    夕食にウサギのロースト。
    usagiroast.jpg

    よくみるとウサギの形。
    ガスオーブンがフル稼働している。
    こういう使い方をすると、なるほどアメリカ人の主婦はダブルオーブンが欲しくなるわけだ。

    日本ではオーブンを使うのはお菓子を作る時か、クリスマスにチキンを焼く時か、とにかく特別な時というイメージがあるが、
    アメリカのオーブンはもっと普段着の存在だ。
    塊り肉に下味をつけて、オーブンに放り込んでフタを閉めれば後はオーブンにおまかせ。あとは焼き上がりの温度をチェックするだけ。
    ノリとしては、おでんや肉じゃがを作るのに似ている。

    こんど新しい家を借りるか買うかすることがあったら、ガスオーブンを置けることを条件に入れよう。

    明日のクッキーの具は、アーモンドとクルミのどちらにしようかな。
    【2006/08/30 06:54】 趣味 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    おひるね
    先週末の旅行以来、疲れがたまっていたらしいあきのすけ、
    朝からグズグズと着替えもしないで布団にもぐってばかりいる。
    やっと起きてきたかと思えば父ちゃんのパソコンの電源ボタンをいたずらして叱られ、
    ご飯の途中でフラフラ立ち歩いて叱られ、
    部屋の整理に忙しい母ちゃんに声をかけて八つ当たり的に叱られ。

    さすがにかわいそうなので午後はつきあうか、と思っていたら、
    昼食のあと自分から「おひるねする。」と二階へ。
    まあいいか、と数時間経過。

    そういえば。
    朝の掃除の時、「いつまでもウダウダゴロゴロしてんじゃなーい!」って、布団たたんじゃったんだっけ。

    本当に眠くなると所かまわず撃沈するあきのすけ。
    フローリング床に、死んだように倒れている姿をありありと想像し。
    恐る恐る部屋のドアを開けると。

    ちゃんと自分で敷布団を敷いて、毛布にくるまって眠っていた。
    成長したなあぁ。

    成長したなあぁ。って思うのは、いつも、私が育児放棄しているタイミングだ。
    スプーンを使えるようになったのも。
    ボタンをかけられるようになったのも。
    ひとりでオシッコに行けるようになったのも。
    もちろん最初は一生懸命教えるけれど、だんだん面倒くさくなってきて、「あーもう、あとは自分でできるでしょっ!」と言ってしまう。
    待つと言うより、見守ると言うより、放置。
    もし自分が子供だったら、いやだな、こんな親。
    せめて目が覚めたら、笑顔で抱きしめてあげよう。
    【2006/08/29 06:28】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    Moving Sale
    日本でも最近になって、リサイクルショップやフリーマーケットでの不用品売買が盛んになってきているが、ここアメリカでは週末ごとに、ガレージセール・ヤードセールと称して個人宅で不用品を安く販売することが盛んに行なわれている。
    引越しの場合はムービングセールという名前になる。出る品物の数も種類も多いし、利益を出すためでなくあくまで不用品の処分が目的なので、掘り出し物目当ての来客で賑わう。

    我が家も帰国を一ヵ月後に控えて、ムービングセールを行なうことになった。
    アパートメント合同のヤードセールが今日行われるというので、思い切って早めに処分することにしたのだ。
    ...read more
    【2006/08/27 11:43】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)

    新学期がやってくる
    あきのすけの学校から、新学期の案内書類が届いた。
    この秋から学校が市の西部から南部に移転するおかげで、スクールバスの所要時間がぐっと短くなった。
    もう早起きしなくていいのが嬉しい反面、母の自由時間もかなり短くなったということで…少しフクザツ。

    Labor Dayの祝日のあと、9月5日から学校が始まる。初日は親も一緒に登校して、オリエンテーションと新校舎の見学があるのだそうだ。
    初めての場所、新しい担任。
    子供たちの戸惑いが大きいことは想像に難くないけれど、きっとGreat Dayになると信じたい。

    ほんの3週間の新学期のあと、もっと大きな変化があきのすけを待っている。
    予告してやることもできない。
    でも、一年前、意外な柔軟性を発揮して見事にアメリカ生活に適応してくれたあきのすけだから。きっと大丈夫。
    【2006/08/25 03:48】 療育(米国) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    公教育にお金をかけよう
    渡米前の下調べの時、居住地の選択にあたっては「学齢期のお子さんがいる場合は学校区の情報も集めましょう」ということをよく聞いた。
    外国の学校の、いったい何をどうやって調べろというのか見当もつかなかったのだが、どうやら共通テストの平均点や人種構成、貧困層家庭の占める割合などを各学校ごとに比較できるインターネットサイトなどというものが存在するらしい。
    差別を意識的に排除しているはずのこの国で、そんな差別を助長するようなことをしているのか?と驚いた。だが、こういう情報を必要としているのは、どうやら親たちだけではないらしい。

    ...read more

    引越し準備始動
    いよいよ帰国の日が迫ってきた。

    Moving Sale(不用品を売却する)用の張り紙を作っていたら、知らぬ間に時間が過ぎていた。

    さっき引っ越し屋さんからダンボールが届いた。
    ちょうど去年の今頃、猛暑の中あきのすけに妨害されながら、目を吊り上げて荷造りしていたっけ。今年はもう秋の気配、暑くはないけれど、去年と違ってあきのすけを預かってくれるところがないから、それはそれで大変かもしれない。
    この一年で彼がオトナになっていることを期待しよう。

    元々住んでいたところに戻るので、こちらに来るときのような緊張感や気ぜわしさはない。
    ようやく住みなれた町を離れることの、寂しさと、虚脱感。
    なんだかやり残したことがいっぱいあるような気がする。
    「何を?」と訊かれると、自分でもよくわからないのだけれど。
    【2006/08/16 02:30】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    アメリカのトイレ事情
    最近日本でも幼児を狙った犯罪が増えている。それを受けて、某ネット掲示板で、こどもをひとりでトイレに行かせることの是非について議論が白熱していた。
    あきのすけについて言えば、ようやくオムツが取れた\(^ ^)/ばかりで、まだ立ち小便もできないし、ウンチのあと自分でお尻を拭くこともできない。従って外のトイレをひとりで使わせることなどあり得ないわけだが、それ以前にここアメリカでは、子供をひとりでトイレに行かせてはいけないことになっている。幼児虐待で通報されてしまう。いや、実際にレイプや誘拐といった事件が起こっているのでそうなっているのだ。
    ここでは子連れトイレ事情および、障害者用トイレ事情について、見聞きした範囲で書いてみようと思う。

    ...read more
    【2006/08/15 04:35】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    くじびき
    だらだらと夏休みを過ごしてしまっている。
    外出してばかりというのもお金と体力を使うし、さすがにネタが切れてきた。
    せっかく一日中一緒にいるのだから、じっくり遊びこんで親子の絆を深めるいい機会なのだが、どうもうまく行かない。

    ひとり遊びはお得意のはずなのに、家事や調べ物やなんかで忙しくしている時に限って、話しかけてきたりまとわりついてくる。
    それでいて、よし手が空いた、「遊ぼう。○○しよう」と声をかけると「イヤ」。
    ひとり遊びに介入すると放り出して他の事を始めてしまう。
    彼にすれば、自分の都合のいい時しか声をかけてこない身勝手な親と思っているかもしれないけれど。

    タイミングだけでなく、中身も問題だ。
    最初の提案は大抵拒否されるので、じゃあどうしようかと次の手を考えていると、その間に子供は離れていってしまう。
    ひとり遊びも、見ていると最近は絵本中心でワンパターンだ。
    何か、きっかけと言うか、ヒントになるものがあればいいのだけど。
    あまりガチガチに、遊びの中身まで予定を決めてしまうのも柔軟性に欠けると思うし、何より面倒だ。

    試行錯誤の末に編み出したのがこれ。
    「くじびき」
    kujibiki.jpg

    空のペットボトルの中に、遊びの名前を油性ペンで書いた木の棒を入れておく。
    (木の棒は、こちらでは「クラフトスティック」の名称で工作材料として売られているものを使ったが、どう見てもアイスキャンデーの棒にしか見えない。)
    おみくじの要領で、一本ずつ取り出してそこに書いてある遊びをする。終わったら「おしまい」の缶の中に入れる。
    ボトルはひとり遊び用と、親と遊ぶ用の二種類作った。親と遊ぶ用は、難易度が高かったりコミュニケーション能力を養う目的の遊び。区別する目的で、違う色の油性ペンを使用した。

    遊びを選ぶこと自体が、既にひとつの遊びである。という意味で、これは結構成功した。
    機嫌よく、幅広い遊びを順番にこなしてくれるようになった。
    問題は、ボトルが空になるまで承知してくれないこと(^ ^;)
    運用上の工夫が必要、かな?
    【2006/08/10 08:45】 グッズ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    気温100度
    緯度的には北海道と同じくらいのこの地域。ここ数週間過ごしやすい気温の日が続いており、これならクーラーを買わないで乗り切れるかと思っていたら…。

    今週の月・火と、連続して観測史上最高気温を更新(といっても、日本のように『今シーズン最高』ではなくて『○月○日の記録としては××年以来』という言い方をする。変なの)。
    観測データは95度とか96度と言っているが、炎天下に駐車している車の外気温計は100度を超えている。

    これはもちろん華氏でのお話。華氏95度=摂氏35度。
    日本の都会の夏は連日摂氏35度を平気で突破するから、大騒ぎするほどの暑さではない…はず。
    でもこちらの月平均気温は摂氏にして最高26度前後。最低気温にいたっては20度を下回る。それが夜明けとともにいきなり35度まで上昇するのだから、とても体がついていかない。
    そして湿度。この周辺は湖だらけ沼だらけの湿地帯なので、夏場の湿度が高い。部屋の湿度計が80%を指していることも。トイレや地下室の木の扉が、湿気で膨張して開きにくくなってしまっている。

    こんな不快指数の高い状況で家にいてもろくなことがない。
    ...read more
    【2006/08/05 09:14】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    Popsicle
    アメリカで幼児を育てていなかったら知らなかったであろうこの単語。
    夏になり、毎日のように家の中で飛び交っている。
    「おふろにはいろう」
    「いや!」
    「一緒にお風呂入ってくれたら、後でpopsicleあげるよ」
    「…おふろ、いく!」といそいそと階段を上がり始めるあきのすけ。効果絶大。
    あき父はこの言葉、何度聞いても覚えられないらしく、きょとんとしている。

    そう、popsicleとは、アイスキャンデーのこと。
    元は商品名らしいのだが、おなじみ棒付きのものからチューブ入りのジュースを凍らせたものまで、氷菓一般を指すものとして使われている。こんな言葉を教えた覚えはないのだが、どうも学校のおやつの時間に食べさせてもらって味をしめたらしい。
    ...read more
    【2006/08/01 12:18】 グッズ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)