FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    03 | 2006/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    HANEN session6
    今回は本について、がテーマ。
    発達段階ごとにどのような本を選んだらいいか、子供の興味をひきつけるにはどうすればいいか、内容の理解を促すためには、といったことが書かれているのだが、
    実はあきのすけは、もうひとりで絵本が読めてしまう。自慢じゃないけど。と言いつつ自慢してるんだけど(汗)。
    じいじから贈ってもらった「きかんしゃやえもん」、字も多いしまだ難しいかな、と読んでやらずに本棚に入れっぱなしにしていたら、いつのまにか自分で引っ張り出して読んでいた。母ちゃんに怒られた時「そんなにおこるな、けっとん」という返事が返ってきたので力が抜けてしまった。
    最近では母ちゃんが読んでやろうとすると怒るので困っている。
    とHome Visitの時P先生に相談したら、「気長に、楽しくintrude(介入)してみて」と予想通りの返事しかもらえなかったのだが、昨日は文章の最初の字だけ自分で読んで、続きを母ちゃんが読むということで折り合いがついた。
    「はちみつ」を「8三つ」と思っているらしかったので、Honeyのボトルを見せて「これがはちみつ。きんいろの、甘いはちみつ。」と説明したらようやく腑に落ちたような顔をしていた。

    と、こんな調子なので、今回は特に目新しく感じたことがなかったので、「文字によるコミュニケーション」について私が思ったことを書こうと思う。

    ...read more
    スポンサーサイト



    【2006/04/28 05:29】 HANEN | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    It’s their problem.
    縁あって、先月からこちらのいわば「日本人障害児親の会」に参加させていただいている。
    こう書くとなんだか堅苦しく聞こえるが、日本人医師とスタッフがいる(従って日本人がよく利用する)病院の一室をお借りして親同士が集まって、情報交換をしたり悩み相談をしたり、という集まりだ。
    こちらの保健師さんが世話役をして下さっていて、言語聴覚士と心理の先生もボランティアで同席。正式なセラピーやカウンセリングではないが、日本語で相談できる場所や、同じ悩みを持つ仲間があるというだけでも心強い。

    こういう集まりがある、ということすら知らなかったのだが、日本人駐在員が多いこの地域では、我が家のように障害児を伴って来た人、滞在中に生まれた子供に障害があると分かった人、というのが実は少なくないらしい。こちらのspecial educationのシステムは確かにしっかりしているが、やはり情報の少なさや孤立感は、日本で感じるそれよりもはるかに大きいことは想像に難くない。

    集まりそのものは、ざっくばらんな井戸端会議という趣き。少し大きい子供さんのお話なども聞けて大変参考になった。
    ちょうど昼食時間帯にあたるので弁当を持参したのだが、例によってあきのすけの食べっぷりの良さは皆さんに大受け。
    いみじくも、日本でM先生に言っていただいた「あきのすけ君って、癒し系だよねえ」という評価をこちらでもいただいて、母は少し鼻高々。

    さて表題の”It's THEIR problem.”は今日の集まりで仕入れてきた言葉。
    こちらではいやなことを言ったりしたりする人に対しては、「その人自身に問題がある(悩みごとを抱えているとか、教育水準が低いとかetc)のだから気にしない」というニュアンスでこの言葉を使うのだそうだ。
    障害児の親というのはどうしても、周囲に迷惑をかけていないか、なんとなくビクビクしながら生活している。特に一見それと解らない発達障害児などは、「躾がなってない」のそしりを受けがちだ。そして周囲の無理解なひとことに傷つき、It's MY problem.自分のせいだ、自分のやり方が間違っているのだ、と絶望感にうちひしがれる。
    「そんなこと、言う方が悪いのよ。気にしない気にしない。」
    そう言ってもらえれば、どんなに救われることだろう。
    そう言ってあげられる人間が、いまの日本にどのくらいいるのだろう。
    なんてことを、考えてしまった。

    春休み
    先週の金曜日から、公立校は春休みだ。
    キリスト教のイースター、ユダヤ教のPassoverといった宗教的に重要な行事がこの時期にあるため、子供は基本的に家庭で過ごしなさいということらしい。
    いい季節だし旅行でもと言いたいところだが、あき父もそうしょっちゅう休んでいるわけにいかないので、平日はふたりで家にいる。
    この、ふたりで家にいる、というのが、なかなか難しい。

    普段は午前中学校、
    帰ってご飯を食べて昼寝、
    起きたらもう日が暮れているのでフロ・メシ・寝る。
    親は楽だが、家庭ですることがあまりない。日に日に英語が堪能?になっていくあきのすけを見るにつけ、これでいいのか?という想いがあった。

    だから春休みはいっぱい遊んで、トイレトレーニングもがんばって。という親の気合が空回り。
    反抗期のあきのすけは、いっこうに親の思うとおりになど動いてくれない。

    ...read more
    【2006/04/21 05:15】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)

    家鴨
    夏鳥が帰ってきて、バードフィーダーの周りはますます賑やかになってきた。繁殖期を控えて、縄張り争いかメスをめぐる争いか、追いかけっこをしている姿もよく見かける。

    警戒心が強いのか、新顔はなかなか写真を撮らせてくれないのだが、
    Golden Finch(夏にかけて羽毛が生えかわり黄色くなる)
    goldenfinch


    Mourning Dove(いわゆるドバトより一回り小さい)
    mourningdove


    Brown-Headed Cowbird(カッコウのように托卵するらしい)
    cowbird


    White-Throat Sparrow(目頭が黄色いのが特徴)
    wtsparrow


    今日はあきのすけが「かもさん、いた」とつぶやくので、まさかと思ったらマガモの夫婦が来ていた。午後、買い物から戻ってブラインドを開けたら、庭先でのうのうとお昼寝。
    duck


    あのー、うちで飼ってるんじゃないんですけど。
    野生動物の警戒心はいったいどこへ?
    【2006/04/20 01:15】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    どうぶつえん
    ようやく暖かくなったので、お隣の州の動物園まで足を伸ばしてみた。といっても高速で一時間ほど。春先はまだシーズンオフということで、駐車場も園内もガラガラ。おかげでゆっくり見ることができた。

    動物たちはいずれも人懐っこい。まずはペンギン、わざわざ潜ってきてご挨拶。
    ペンギン

    車椅子・ベビーカー対応ということで、どの展示もこのように低い位置にガラス窓がついている。背の低い子供も塀に邪魔されたり、いちいち抱き上げてもらわなくても間近に動物を見ることができる。

    ...read more
    【2006/04/19 06:44】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    ぱんつ、かっくい~♪
    昨日から初夏のような陽気だ。半そでTシャツを慌てて引っ張り出してきた。
    紙オムツはやはり蒸れて気持ち悪いのか、あきのすけはパンツをはくことを強く主張。
    「今日はまだウンチ出てないんだからオムツにしておきな」という母の忠告を無視し、自分でタンスからパンツを引っ張り出して「ぱんつ!かっくい~♪」とご満悦。

    オシッコはまあ近頃成功率も高いし、フローリングなので失敗してもどうということはないが、問題はウンチ。今日でもう丸2日出ていない。
    昼食後「でない」と言って便器から降りたので、「もう少しトイレでがんばるか、オムツをはくかどっちかにして。」と説得してオムツにして十数分後。
    あ、りきんでいる、と思ったら時既に遅し。やっぱりパンツのあいだ我慢してたんだなあ。
    ...read more
    【2006/04/15 05:01】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)

    「DOTS」
    先日、クラフトショップMichael’sをぶらついていた時のこと。

    この店はクラフトと言っても編み物や手芸用品のみではなく、子供の工作用具や簡単なオモチャも結構充実している。トイザラスなどの玩具店とはひと味違って、「手を加えて完成させる」がコンセプトだから、療育向けのツールが安価で手に入ることがある。

    在庫処分で平積みになっていた本の中から、今回発掘したのがこの「DOTS」。
    dots

    点々を番号順にたどっていくと、絵が完成して何者かの姿が現れる、という遊びだ。
    うん、小さいころ幼児雑誌とかでよくやったっけ。懐かしい。
    本当は塗り絵を探していたのだが、どれもあきのすけには難しそうだったので、試しにこれを買ってみることにした。処分特価1.00ドル。

    最初はただページをパラパラめくって、目に付いた数字を読み上げるだけだったあきのすけ。数日間好きに触らせて、ひととおり気が済んだところで、クレヨンを取り出して模範演技。
    「1、2、3…20!ほーら、ぞうさんが出てきたよー。」
    「うでどけいだー。」
    「これなーに?牛乳だー。」
    母ちゃんのアシストを振り払って、ひとりで書き始めるまでさほど時間はかからなかった。

    中間レポートでOTの先生から「縦線・横線が書けるようになりました」と報告は受けていたが、実際ひとりでできるとは思っていなかったので正直驚いた。
    やはり数字パワーか。
    これを応用して字も教えちゃおうかなー。と画策している。
    【2006/04/13 00:12】 グッズ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    型抜きクッキー
    HANENの「おやつを一緒に作ってみよう」に触発され、難易度は相当高いのですが「型抜きクッキー」に挑戦してみました。

    まず型を買ってくるところから。
    学校の近くにあるKitchen Portという台所用品専門店へ行き、数ある抜き型をひとつひとつ見せながら一緒に選びました。
    最近フィーダーに来る鳥たちに魅せられているあきのすけ、やはり一番反応が良かったのは「Cardinal」と「Swan」。ほかにも面白い型がたくさんあったので、帰国までに仕入れてこようと思います。

    さてクッキーの図解入りレシピを作成。うわー、こんなにすることたくさんあったんだ。コピー用紙2枚の大作になってしまいました。

    やはり生地を作るところは全く興味なし。
    でも型抜きは、学校の粘土遊びを思い出したのか、手が伸びてきました。よしよし。
    手を添えて、「ぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅう~、ぱっ」オーブンシートの上にそっと生地を押し出すと「とりさん!かーじなる!はくちょうさん!」と大興奮。
    チョコチップを渡して「おめめを付けてあげてね」すぐに要領を覚えて、いろんな表情の鳥さんができました。
    待つこと十数分、焼きたて熱々のクッキーの出来上がり。
    cookie

    左が白鳥、右がカーディナル(庭によく来る赤い鳥)

    ご好評につき、またそのうちに。
    【2006/04/11 00:11】 趣味 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    クリアファイルでPicture Schedule
    HANEN session5で予告しましたPicture Schedule、さっそく作ってみましたのでアップします。

    用意するもの
    ・リングファイル(表紙は硬い物が良い)
    ・クリアポケット型のリフィル台紙
    ・スケジュールの各ステップを記入した紙
    ・ファイル固定用のひも
    (私は輪ゴムにゼムクリップ2個を通して、表裏表紙にはさんでみました。マジックテープなどでも良いと思います。)

    リングファイルに、クリアポケット台紙をセットします。
    各ステップを記入した紙を順にはさんでいきます。
    表紙を大きく開き、背表紙と背中合わせにしてひも等で固定し、台の上に立つようにします(こんな説明で解るかしら?)。
    schedule1

    (私は「あさ・ひる・よる」の日課を時間帯ごとに一枚にまとめたので、写真では小さくて見難くなっています、ごめんなさい。)

    ひとつのステップが終わったら、ぴらっとめくると次のステップが現れます。
    schedule2


    終わったステップが見えなくなる、
    中の紙を交換することで内容の変更が簡単、
    着脱式のスケジュールボードにありがちな、子供が自分勝手につけはずししてグチャグチャ…という失敗が起こりにくい、
    という点で、これ、けっこういいと思います。
    【2006/04/10 11:01】 グッズ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    HANEN session5
    今回はVisual Helperについて。

    自閉症児の理解を助けたり発語を促すために、絵カードや写真を使うといい。としばしば言われるが、私は正直懐疑的だった。
    実際どういう風に使ったらいいというのもよく解らなかったし、自分で試しに絵を描いたり写真を見せたりしてもあまりうまく機能しなかったし、診断がついていざ、と思ったときには、あきのすけはある程度は話し言葉でコミュニケーションを取れるレベルになってしまっていたからだ。
    だがこちらの学校で少し使い方を習ったおかげで、うまく機能する例もあると解ってから、picture exchangeにこだわらず、あきのすけのいまの発達段階に応じたツールを用意すればいいのだ。と思うようになった。

    ではVisual Helperとはどのようなものか。
    ...read more
    【2006/04/08 06:45】 HANEN | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    小さなプライド
    近頃またまた反抗期に入っているあきのすけ。
    親が「~しよう」と誘うと、とりあえず「おしまい!」という返事。
    しょうがないなあ、と次の対応を考えていると「もういっかい(やっぱりやる)!」と言い出す。
    最近表情を読めるようになってきたので、「おしまい!」と言ったとき親がいやな顔や困った顔をするのを、楽しんでいる部分もあるらしい。
    ということで最近また少しイライラモードに入っています。

    ...read more
    【2006/04/07 01:24】 療育(米国) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    生涯教育
    今日の話題は「障害」じゃなくて「生涯」の方です(笑)。

    在米邦人の情報交換のためのインターネット掲示板、というのがあるのだが、そういうところで
    「子供にスポーツを習わせたいんだけど」
    「クラフトの教室知りませんか?」
    といった質問をすると、大抵は「まずお住まいの自治体に問い合わせてみて。」という答えが返ってくる。
    各自治体が、住民向けにアート、スポーツ、コンピューターにガーデニングといった様々な市民講座を季節ごとに企画しているのだ。我が家にも先週その案内カタログが郵送されてきていた。
    担当部署はさしずめ市教育局・生涯教育課、というところだろうか。
    大都市圏ならともかくこの田舎町では、公共のものの方が民間よりも安価で良質、ということらしい。
    ...read more
    【2006/04/06 01:38】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    夏時間再び
    昨日日曜日から、こちらは夏時間になった。
    時計を1時間進めるので、今日月曜日の朝6時は、先週までの朝5時にあたる。当然時差ぼけ状態で、眠くてなかなか起きられない。
    外もまだ薄暗い。先週まで、朝食を食べながらフィーダーにやってくる鳥たちを眺めることができたのだが、さすがのearly birdsもまだ夢の中らしい。
    それでもさすがに12月と違って、バスが来る頃にはすっかり夜が明けた。これから6月に向けてさらに日の出の時刻が早くなるのだろう。

    困ったのは夜だ。もう午後8時だというのに、まだ外が明るい。お昼寝を断固拒否したあきのすけ、そろそろ寝ないと明日の朝が辛いのだが、電灯を消してもお部屋が真っ暗にならないので、寝室に上がろうとしない。これから6月に向けてさらに日の入りの時刻が遅くなるのに…。
    昼寝をして、宵に外遊びをして、という生活パターンに戻せるといいのだけれど。
    【2006/04/04 09:10】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    トイレ絵カード素材集
    たびたび話題にしておりますトイレトレーニング。
    学校では失敗なし。外出中も親と一緒にトイレでオシッコ。紙オムツの消費量は激減しました。
    いちおうトイレでウンチ、するつもりはあるようで長時間座って頑張るのですが、こちらはなかなかタイミングが合いません。まあ少しずつ前進はしているのでしょう。

    家でだらだら遊んでいる時が問題で、
    遊びの節目で誘っても「トイレおしまい」直後にお漏らし、
    おやつや食事のあとに誘っても「トイレおしまい」直後にオムツにウンチ。

    外出先で失敗がないのは、やはりあのマークがいいのかも。ということで絵カード素材を探してみたら、面白いサイトがありました。

    ウンチ成功のごほうびに、実は昨日「ピカピカお星様」シールを買ったばかりなのですが、ここのカラフルウンチくんを印刷して両面テープでシールにしたら面白いかも。
    あとリアルな便器の絵と、Toilet標示をダウンロードしました。
    ...read more
    【2006/04/01 02:35】 グッズ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)