FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    12 | 2006/01 | 02
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    日米教育事情考
    日本でもらった海外在住者向けの小冊子に書いてあったのだが、
    「欧米の公民の理想は自立した個人である。(中略)したがって、教育の構造上の特徴もその理念に従っており、1.各教師の裁量に基づくクラス毎に異なる授業 2.課題追求型授業 3.生徒中心の個別的授業となる。」(日本医科大学 西松 能子)
    広く一般的にそういう姿勢で教育を行なっているのであれば、障害者向け特殊教育の中にIEPが導入されるというのは、彼らにしてみればそれほど特別なことではないのかもしれない。逆に日本においてIEPを導入しようとするならば、特殊教育のみならず健常児も含めた教育全体のシステムを見直していかないと、また逆差別だとかつまらないことを言い出す人たちが出てくるに違いない。

    ところで個性尊重というと必ず「わがままな子になる」というようなことを言う人がいる。
    米国式教育の「はっきり自己主張をする」という部分だけ見るとそうなってしまうのかもしれないが、自己主張をするということは他人の主張を聞くということと一体になっていることを忘れてはいけないし、米国で団体の規律が軽視されているわけでもない。
    こちらでは幼児の集まる場では
    Share(おもちゃ貸してあげなさい、一緒に仲良く遊びなさい)、
    Take turn(順番よ)、
    Sit down(おとなしく座ってなさい)
    という言葉が頻繁に聞かれる。集団のルールを守らせるということに関してはものごころつく前からかなり厳しくしつけをしており、「まだ小さい子供だから仕方ない」とは誰も言わない。社会性に欠ける自閉症児クラスでさえも、これらの指示に従えるようになる訓練にかなりの時間が割かれている。外に出れば、科学館の人気の展示ではきちんと列に並ぶし、スーパーを走り回っている子供もいない。
    いっぽう去年シカゴの日系スーパーに行ったときには、店内が混雑しているにもかかわらず通路に座り込んで口をぽかんと開けてテレビに見入っている子供たち(どう見ても小学生以上)と、それを注意もしない親の姿に愕然とした。これでは日本人が馬鹿にされるはずだ。

    ただ歴史的背景を見ると、
    原野を切り開いて生活の糧を自力で確保し、言葉や習慣の違う異民族同士で議論しながら国づくりをしてきた米国と、
    単一民族単一言語、主に農耕という共同作業で生きてきて、永い封建時代を経験しトップダウン方式の政治体制に慣らされている日本とではあまりに大きな違いがある。実際に住んでみて、生活のいろいろな場面でつくづくそう思う。でもそれは単純に両者が「違う」というだけであって、どちらが優れているとか劣っているとかいう話ではないはずだ。
    形だけ米国式の制度や「理想の公民像」を真似ても無理がある。優れた手法は参考にしつつ、日本人の精神構造に無理なく受け入れられるinclusion(統合教育)のありかたを模索していかなければならないのだろうと思う。
    スポンサーサイト




    HANEN orientation meeting
    IEP meetingと前後して、あきのすけへの日本語指導の一環としてHANEN programの受講を勧められた。言語発達に遅れがある幼児に対する教育プログラムとして、カナダで発達し、北米を中心に各国で取り入れられているそうだ。
    〔日本でもINREAL(インリアル)という名称で紹介されているとの情報もあったが、こちらはアメリカのコロラド大学で開発されたとかで、理念・手法とも極めてよく似ているが厳密には別物であるらしい。〕
    今回勧められたのは自閉症児向けの“More Than Words”プログラム。L先生が検討のために貸し出してくれたテキストは、アメリカの本にしては絵が多くて解り易そうだ。ただし大きくて分厚い。
    HANENtext

    内容見本はこちら

    親が家庭において子供のコミュニケーション能力を養う、というコンセプトは、HACに通じるものを感じた。ただしHANENの場合は認定されたSpeech Therapistが親を集めた小グループで講習会を開き、家庭での様子をビデオ撮影して進捗度を親にフィードバック、ということをするらしい。グループ内での親同士の交流もできてよかった、という話を米国在住の経験者から聞くことができた。

    ただせっかく参加しても内容が理解できないのでは、というのが最大の懸念。隔週の講習会は2時間半にわたるので、通訳なし・単独で参加する私の頭がパンクするのは目に見えている。申し込み時にそのことを担当のP先生に伝えたら、印刷物やビデオで補足するので問題ないでしょう、という返事だった。まあ100%理解と欲張らなくても、なにがしかが吸収できればそれで良しとしよう。

    ...read more
    【2006/01/28 06:20】 HANEN | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    ベビーシッター、案ずるより…?(検討編)
    あきのすけのpre-schoolで行なわれる親向けの講習会を申し込んだ。しかし託児がついていないので、午後6時から8時半の受講時間中、あきのすけを誰かに預けなければならない。
    仕事がようやく軌道に乗ってきたあき父は、最近帰宅が遅いのであまりあてにならない。
    ご近所の日本人のお友達は、うちより小さくてまだ手がかかる子がいる人ばかり、時間帯も夜なので難しい。
    やはりここは米国式にベビーシッターを頼もうか。うまくいけば講習会以外にも、親だけで出かけることも可能になる。
    でも他人に留守番してもらうのにはなんとなく抵抗があるし、いつかテレビで見たシッターによる虐待映像なんていうのもちらりと頭をかすめる。ネットの海外生活情報サイトなどを調べると、シッターは日本人学生を頼むか、知り合いに紹介してもらうとよいなどと書いてあるが、あいにくシッターを利用した経験のある人が周りにいない。あきのすけは普段はおとなしくて手がかからない子だが、眠くなると自閉特有の行動が多くなるし癇癪も起こしやすくなるから、学生さんよりはやはり経験のある人にお願いした方が…。などと迷っているうちにどんどん日が過ぎていく。


    ...read more
    【2006/01/25 01:42】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    あきのすけと英語
    日本語さえおぼつかないのだから、たかが一年アメリカにいるくらいで英語も覚えてバイリンガルになってもらおうなんて高望みをするつもりはさらさらない。

    そんな親の思いとは裏腹に、半日英語ばかりの環境で過ごしているあきのすけは、否応なく英語も覚え始めている。
    「ゼット(Z)」はいつのまにか「ズィー」になり、Lの発音は「エル」でなく[el]、
    朝の挨拶は「ぐっまーに」(good morning)
    お片づけは「ぴーな、ぴーな」(clean up, clean up)
    通学用のリュックは「ばっぱっ」(back pack)
    母のところにオモチャの箱を持ってきて、ネイティブばりの発音で「Open」と言われた時には思わずのけぞってしまった。
    「♪はーろー えーびーばーでぃ、はーろー えーびーばーでぃ」(Hello everybody)
    「♪ぴーなー、ぴーな ばた、じぇり」(peanut, peanut butter and jelly)
    と英語の歌も飛び出す。
    書店で絵本を見ていて、最初英語のまま読んでやり、もう一度と言うので「じゃあ今度は日本語になおして読んであげようね」というと抗議の声。「すぱいだー、ねんねしてるねえ」とうれしそうにしている。英語の、特に絵本の言葉は韻を踏んでリズミカルなので耳に心地よいのだろう。

    大人と違って、間違ってたら恥ずかしいから話せないというのではなく、とにかく聞きとれた言葉を片っ端からオウム返しするのでやたら発音がいい。

    しかし意味を理解しているかというとそれは例によって疑問の残るところで、家で親に話しかけるときはほとんど日本語だし、こころなしか以前より指示が通りやすくなったのは療育の成果というよりも、「母ちゃんの日本語は先生の英語よりよっぽど意味がわかりやすい」というだけのことのような気もする。
    こちらの幼児番組もいちおう見るには見るが、やはり「おかあさんといっしょ」のDVDにはとてもかなわない。

    まあいまのところは、音声模倣ができるようになったことを喜ぶにとどめるべきだろう。
    【2006/01/24 22:04】 療育(米国) | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

    「偏食に対する取り組み」
    昨夜、親の会の勉強会がありました。当然全部英語の通訳なしだったので説明はせいぜい半分くらいしか理解できなかったのですが、スライドを紙に印刷したのを渡していただいたので助かりました。
    文字通り洋の東西を問わない問題なので、抜粋してご紹介させていただきます。

    ・偏食児はPicky EaterとProblem Feederに大別できる
    Pickyは新しい食品の受け入れが比較的容易で、30以上の食品を食べることができ、食感の異なる食品を各群からひとつ以上食べることができる。15~25のステップを踏むことで新しいレパートリーを増やすことができる。
    Problemは食べることのできる食品が20以下、新しい食べ物は見るのも嫌でその場から逃げ出すタイプ、食感の異なる食べ物を受け入れられず、新しい食べ物をレパートリーに加えるために20以上(場合によっては100)のステップが必要。

    ・米国での食にまつわる神話(こういうことにこだわらないで、気にしないでというニュアンス)
    1.食べることは体のために一番大事
    2.食べることは本能である
    3.食べるのは簡単なこと
    4.食べるのは二段階のプロセスである;座る、そして食べる
    5.食べ物に触ったり、食べ物で遊ぶのは良くない
    6.子供はお腹がすけば食べるものである
    7.子供は一日三回食べる必要がある
    8.子供が食べようとしないときは行動上の、もしくは身体的な問題がある
    9.特定の食べ物は特定の時間帯にしか食べてはいけない
    10.食事は厳粛な雰囲気で行なわれなければならない

    ・食べるまでのステップ
    Tolerates(食べ物と同じ場にいることを受け入れる)同じ部屋にいる→前に置かれた食べ物を見る
    Interacts with(器具を介して食べ物に関わる)食器を並べる、道具を使って食物をとる
    Smells(においを嗅ぐ)部屋に漂うにおい→手にとって積極的に嗅ぐ
    Touches(触れる)指先→手→胸、肩、頭のてっぺん(!)→あご、ほほ、鼻→唇、歯、舌
    Tastes(味わう)唇についたのをなめる→口に入れて吐き出す→噛む→飲み込む

    食器で遊んだり、口に入れたものを吐き出したりされると親は腹が立ってつい叱ったりしますが、それも食べ物を受け入れるためのステップと考えて。

    ...read more
    【2006/01/21 02:39】 療育(米国) | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

    間違い電話
    こちらでは電話料金が安いことと、やはり担当者をつかまえて直接交渉したほうが話が早いということで、「何かあったらこの番号に電話して」といわれる事が多い。
    息子の学校関係者は私がリスニングが苦手なことをよく知っているので、用事があるときはe-mailを使ってくれる。急ぐ時は電話をかけてくるが「e-mailを送ったから見て返事して」とだけ。あとうちに電話を掛けてくるのは夫と日本人の友人くらい。
    おかげで私の英会話はちっとも上達しない(笑)

    困るのは間違い電話が時々かかってくることだ。
    ...read more
    【2006/01/19 00:33】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    Hands-On Museum
    昨日1/16はキング牧師記念日ということで学校はお休み。市内にあるHands-On Museumが無料開放されるという案内をもらった。居合わせた通訳さんが「ここ結構面白いですよ。うちは年間会員券持っています」とおっしゃったので、出かけてみることにした。

    建物は子供の喜びそうなカラフルな外観。こぢんまりという印象だったが中は意外と広かった。pre-school gallerlyという4才以下の子供専用のコーナーや、赤ちゃん用のプレイスペースもあり、トイレにはおむつ交換台完備、スナックコーナーへお弁当の持ち込みも可なので、長い冬の間小さい子を遊ばせに来るには良いかもしれない。

    展示内容は大人には少し物足りないかとも思うが、小学生くらいを対象にした体験型施設という位置づけらしく、子供たちが遊びながら科学の原理を学んだり楽しんだりできるようになっている。あきのすけも魚の水槽を覗いたり、電磁石のスイッチを入れたり発電機のローターを回したり、合わせ鏡を見て自分の顔がたくさん見えるので「みんな!」と叫んだり、ドライアイスのトルネードに触ってみたり、あれこれチャレンジしてくれた。
    なかでも、金属ピンをたくさん通したボード。下から押すと手の形にピンが持ち上がる(液晶標示の原理)というのだが、母が試しにやってみると金属ピンの感触が、痛くはないのだがツブツブザラザラと少し嫌な感じ。
    あきのすけにはちょっと辛いかな、と思いつつやらせてみたら、押す>持ち上がる、の因果関係がハッキリしているのが良かったらしく、母が次の展示に誘うまで熱心にやっていた。

    アフリカンミュージックの無料コンサートが今回の目玉。目の前で大小の太鼓を鳴らしてくれたり、みんなで声を合わせて歌ったり踊ったり。親指ピアノの音色に合わせて体をゆすっているうちに、遊び疲れたあきのすけはお昼寝を始めてしまった。
    pre-school gallerlyの片隅で30分ほど眠ったあと、持参のおにぎりを食べ、館内をもう一回りして帰途に着いた。
    駐車場代が少しかかったが(といっても3.6ドル)充実した一日だった。

    ちなみに普段なら入場料が二人で14ドルだが、会員になると年75ドルで何度でも利用でき、提携している国内外の270以上の施設にも無料で入れるとか。検索してみたが日本には提携施設はなかった。残念。
    【2006/01/18 00:41】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    学校再開
    クリスマス休暇中に夜更かし・朝寝坊に戻ってしまったあきのすけ。6時に起こしにかかるが、「おひるね」と言って布団にもぐりこんでしまう。
    「今日から学校だよ。早くお着替えしないと、スクールバス乗れないよ、24番のバス。」と声をかけると、「がっこう。すくりばす。」と言いながら起き上がり、「にじゅうよん」と言いながらトイレで用を足した。
    そして相変わらず後ろを振り向きもせずいそいそとバスに乗り込んで行ってしまった。

    昼過ぎ、満面の笑顔でバスから降りてきたあきのすけ、「かあちゃん、ただいま」と珍しく正しくごあいさつ(いつもは「おかえり」オウム返しなのに)。かばんの中に先生からの手紙が入っており、「(再開初日にもかかわらず)課題が上手にこなせました。彼は本当に学校が好きなのね」と書いてあった。

    金曜日、親の面接指導のため母子で登校。彼が先生やクラスメイトと遊ぶ様子を観察させてもらったのだが、大好きな“Ring-Around-The-Rosy”(日本の「かごめかごめ」に似た遊び)お友達と手をつないだり、「down!」「up!」と叫びながら立ったり座ったり、床を手で叩いたり。すっかり溶け込んでいる。
    ...read more
    【2006/01/15 03:56】 療育(米国) | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)

    お菓子の家
    クリスマスにできなかったお菓子の家をようやく焼きました。
    家型ケーキ

    あき父は写真を撮り、あきのすけは大口を開けてバクバク。「魔法使いのおばあさんにつかまっちゃうんだよ」なんて言っても、何のことだかわかるわけもありません。

    しかしこのケーキ、16人分ということで、使った材料はバター250gに卵4個、グラニュー糖200g、ブラウンシュガー100g(これでも元のレシピより少し減らした)、表面に塗るシロップにまたグラニュー糖60g…。
    あき父のコレステロールは大丈夫なのか?
    いや大丈夫じゃないのは私の体重、クリスマスからこっちカロリー高いものばかり食べていたから…とてもここでは公開できません(涙)
    当分ケーキづくりはおあずけです。でも作ったものは食べなきゃ?
    【2006/01/08 21:11】 趣味 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)

    レジ袋よもやま話
    今回は子供に全く関係ない話。

    スーパーに買い物に行くと、レジでpaper or plastic?と質問される。持ち帰り用の袋を、紙袋にするかポリエチ袋にするか、という意味だ。黙っていたらplasticに入れてくれるのだが、こちらは大きさの違う袋を使い分けなどというデリケートなことをしないので、うちのような核家族でも一回の買い物で中くらいの袋が軽く五枚は集まる。試しにpaperももらってみたが、ガロン瓶の牛乳や湿った野菜を入れると破れそうだ。たまに持ち手が付いてないものがあり、駐車場から子供を連れて荷物を持って帰るのに苦労した。

    コストの関係か、ポリエチ袋の厚さは店で売っているものの値段に比例する。安いものが多い店のは薄く、少し高級な品揃えの店のは分厚い。薄い袋は破れることがあるので、重い物を入れる時は二枚重ねにしてくれる。

    アメリカ、特にここ中西部は土地が余っているので、ごみを焼却しないで、全部埋め立ててしまうのだとか(土壌汚染とか公衆衛生上の問題はないのだろうか)。分別、減量などという言葉は全くといっていいほど聞かない。家の中に生ごみを保管しておくと害虫の発生要因になるということで、ごみは毎日のように共用の巨大なTrash Binに投げ入れる。おかげでポリエチ袋が余って困ることはほとんどない。

    それでもリサイクルとかリユースということが全く行なわれていないわけではない。
    紙袋はリサイクルごみに出せるし、店によってはレジ袋を再使用したり手持ちの買い物袋に入れてもらうと、お会計からその場で5セント~10セント引いてくれるところがある。ほんの5円10円でも、その場で戻ってくるというのはなんとなくうれしくて、またこの店を利用しようかな、今度来るときは袋を持ってこよう、という気分になる。
    日本ではスタンプ20個集めたら100円返金というようなところが多かったが、たまにしか利用しないスーパーでスタンプカードを押し付けられても結局ごみになるし、レジでカードを探してあたふたするのもスマートでない。一種の顧客囲い込み作戦なのだろうがあまりいい方法ではないと以前から思っていた。店にとっては負担増だろうが、一会計につき5円、同じコストを顧客に還元するつもりがあるのなら、その場で返すというのもいい方法ではないだろうか。少なくとも消費者にとっては、有料化よりもよほどありがたい話である。
    【2006/01/08 20:43】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

    Wildlifeとの遭遇
    引越ししてまだ間もない頃のこと。
    家の周囲を探検がてらあきのすけと二人で散歩していると、渡り鳥の一群にでくわした(後で調べるとCanada Gooseという雁の仲間だった)。餌になるものでもあるのか、熱心に芝生をつついている。「大きな鳥だねえ」と声をかけると、あきのすけは「とり!とーり!」と恐れる様子もなく近寄っていった。公園のハトと間違えているのだろうか。面倒くさそうにのそのそと歩いて逃げていく雁たち。と、その中の一羽があきのすけの前に立ちふさがり、首をまっすぐに伸ばし、あきのすけを睨みつけながら「シャーッ」というような声を出した。
    あーあ、威嚇されちゃったよ。
    あきのすけが悪いのだけど、いちおう親としては黙ってひきさがるのもなんなので、そばに行って「うちの子をいじめるんじゃないわよ」と言ってやったら、他の雁と一緒に行ってしまった。やっぱり大人は怖いのね。
    ...read more
    【2006/01/08 19:42】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    ぼうし、かぶるぅ
    クリスマスに日本のじいじが絵本をたくさん贈ってくれた。あき父が幼い頃よく読んでいたお話ばかり、だそうだ。
    学校はずっと英語なので彼なりにストレスを感じているのかどうか、家に帰るとずっと絵本に貼り付いていたあきのすけは大喜び。一冊ずつ親のところへ持ってきて読んでもらっては、また自分で繰り返し開いている。
    これまでは読んでもらったのを記憶して暗唱している感じだったが、ここ2、3週間は「~でした。」を「~てした、まる!」などと言っているので、どうも多少は自分で字を追って文を読んでいるらしい。親が読んでやる時も、勝手にページをめくらないで文章が終わるまで待っている。やはり好きなことは進歩が早いらしい。


    ...read more
    【2006/01/05 06:29】 療育(米国) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    あけましておめでとうございます
    このところすっかり更新が滞っておりました。
    クリスマス以降のホリデーシーズン、
    通勤バスが休日ダイヤで不便だというのであき父を朝夕送り迎え、
    ケーキは焼かなかったけど鴨の丸焼きは作ったり、
    町中の食材店をはしごしてお節の材料を調達したり、
    あき父の研究室の忘年会に家族で参加したり、
    学校は休みなのであきのすけの相手もしなきゃで、いやはやくたびれました。こちらはきょう3日から仕事始め、あきのすけの学校は来週からですがようやく一息ついたところです。
    ツリー

    昨年、親子教室で教えていただいたのを思い出して作ってみました。

    昨年はあきのすけの確定診断、海外引越しに療育手続きと、厄年にふさわしい(歳がばれる?)激動の一年でした。今年は少なくとも前半はのんびりとアメリカンライフをエンジョイさせてもらいたいものですが、さてどうなることやら。
    【2006/01/04 04:12】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)