FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    11 | 2005/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    クリスマスケーキは焼きませんでした
    スクールバス20分待ちがたたったのか風邪をひいてしまったらしくケーキを焼く気力がない。買い物先で手ごろな大きさのジンジャーブレッドケーキを見つけたので今回はそれで勘弁してもらうことにした。
    ジンジャーケーキ


    Molassesを使ってしっとり仕上げたケーキだと書いてあるのだが、原材料名の中でこのMolassesだけが分からない。辞書をひくと「糖みつ」と書いてある。コーンシロップか、日本で言う「ブドウ糖果糖液糖」ってやつかな?と思いながら切って食べてみる。
    うわ、あまーい。
    ジンジャーとシナモンの香りが強いのは平気だけど、こんなのバクバク食べてたら糖尿になるよ。
    というあき母の心配をよそに、男どもはしっかりとおかわりしていた。
    味覚がだんだんアメリカナイズされていくようで心配だ。
    スポンサーサイト



    【2005/12/27 05:36】 アメリカ生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)

    クリスマスのお菓子
    アメリカのお菓子は甘い。
    一度自然食スーパーでスコーンを1ポンドほど買ったら、イギリス風の素朴でボソボソしたスコーンとは程遠い代物で、食べきるのにずいぶん苦労した。
    着色の仕方もすごい。真っ青や真緑のケーキが並んでいる。ケーキもクッキーも原色でカラフルに飾り立てるのがこちら風らしいのだが、どれだけ人工着色料が入ってるかと思うと、口に入れるのには抵抗がある。

    というわけでクリスマスケーキは自分で焼こうかと思っている。そもそも「クリスマスケーキ予約承ります」的な宣伝をこちらでは全くと言っていいほど目にしない。その代わりケーキ材料や型はそこらじゅうで売っているので、まっとうな主婦は自宅で焼くのだろう。

    ちなみにこちらのクリスマスケーキは、日本のデコレーションケーキとはだいぶ趣きが違う。スーパーで見かけたものは、長方形のケーキに生クリームをベターッと塗って、へたくそな字で”Merry X’mas”と書いてあった。これなら誰でもできそうだ。

    家庭で作られるクリスマスケーキというのはよくわからないが、この時期売られている焼き型はツリー型やサンタの顔型、3Dスノーマン型
    cakepansnow

    なんていうユニークなのもある。なかでもひとつの典型はジンジャーブレッドで作るお菓子の家。
    ブレッドと言われるとパン?と思ってしまうが、ジンジャー(ショウガ)で風味をつけたお菓子一般のことで、ブラウンシュガーを使うせいか少し黒っぽい。昔話にちなんで男の子型のクッキーを作ったり、板状に焼いてアイシングで糊付けして組み立てて「お菓子の家」を作ったり。仕上げは当然アメリカ風に、クリームやマシュマロやキャンディーで飾り付け、これは子供達の役目。
    とっても心惹かれるのだけど、生来不器用なあき母、組み立てたり飾り付けたりはちょっと…。と思っていたら、こんなものを見つけました。

    ...read more
    【2005/12/25 09:24】 趣味 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)

    すくりばす2
    昨日よほど楽しかったのか、「バスに乗って、学校行くよ」と声をかけると、あきのすけはいそいそと靴をはいた。バス停で足踏みをしながら待つ。昨日と同じ中学生?の一群を乗せたバスと、もう一台別のバスをやり過ごし、待てども待てどもバスが来ない。そのうち白々と夜が明けてきた。あまりの寒さにあきのすけの鼻水がたれてきたので「いったんおうちへ帰ろう」と引き返しかけるが、どうしてもバスに乗りたいあきのすけは激しく抵抗。しかたなくもう数分待ってみるがまだ来ない。
    氷点下の寒さの中何十分も立っているわけにもいかないので、家の中へ強制連行。時計を見るとなんと20分以上も待っていたことになる。
    昨日帰ってきたとき車内には誰もいなかったから、pick upの順番はたぶんうちが最初だ。昨日は初日だから仕方ないとしても、あんまりひどいのでは。
    などと言っているうちに、バスが走ってくるのが見えた。慌てて靴をはき、あきのすけを急かして数十メートル先のバス停へ走るが、ドライバーにアピールする暇もなくバスは目の前で出て行ってしまった。しばし呆然。

    こっちは二十分以上待ったんだぞおぉ、せめて一分くらい停まっててくれよお。

    あきのすけはもう完全に逆上してしまっている。寒い中頑張って待ってたのに置いていかれるなんて、こんな不条理は自閉症じゃなくたって許せないだろう。

    仕方がないのであき父の運転で学校へ向かい、担任はまだ来ていなかったので手紙をことづけ、事務所へ行ってsecretaryに事情を話して改善を求めた。やれやれ。
    母は帰宅後熱い風呂に入ったが、あきのすけの鼻水が心配だ。
    【2005/12/21 00:29】 療育(米国) | TRACKBACK(0) | COMMENT(1)

    すくりばす
    あきのすけの学校は遠い。我が家は市内の東端に近い方だが学校は西の果てだ。自家用車でも二十分近くかかるのだからバスだともっとかかるだろうと覚悟はしていた。
    しかし事務員さんから電話連絡を受けた時、私は耳を疑った。
    “Pick up time is about seven-twenty five.”
    「え?セ…セブン?」
    “Yes, seven. And drop-off is twelve fifty.”
    「Twelve…フィフティ?ノット フィフティーン?」
    “Fifty. five-oh.”
    おいおい。授業時間は8時45分から11時半だよ。三時間弱の授業のために片道1時間20分?いくら車が好きでも、3才の幼児には、ちょっと長旅じゃああーりませんか。
    やはりここは私が送り迎えを…でもこの時期、先週みたいな大雪が降ったら…うーん、やっぱ頑張ってもらうしかないかあ。

    前日の夜、新しく作ったスケジュール表を見せながら言い聞かせる。
    「明日から、バスに乗って学校だよ。お母ちゃんとはバスの前でバイバイ。先生と、お友達と一緒に乗っていくよ。7時20分には出発だから、頑張って早起きしようね。」

    ...read more
    【2005/12/21 00:27】 療育(米国) | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    初登校
    金曜日、いよいよ母子で初登校。あきのすけは前日から、真新しいバックパックを開けたり閉めたりしながら「ぼくの、かばん」「がっこう」とうれしげだ。興奮してなかなか眠れない様子なのを、脅したりすかしたりして苦労して寝かしつけた。
    しかし前日の夕方から早朝にかけて大雪。スクールバスの運行に支障ありということで市内全域が休校になってしまった。がんばって早起きしてきたあきのすけに、いちおう事情は説明したものの、突然の予定変更に納得のいかない様子。悪天候で外出もしにくいので一日家で過ごしたのだが、ウンチおむつ交換拒否、立入禁止の地下室に侵入、掃除機をいたずら、高歌放吟などなど、反抗期モード全開で母は朝からイライラしっぱなし。
    学校が休みになってがっかりしているのは母のほうかもしれません。

    ...read more
    【2005/12/17 05:16】 療育(米国) | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)

    IEP meeting
    いきなり反省点からになってしまうのだが、我々はIEP meetingに臨むにあたり全くの準備不足であった。先に言われていたにもかかわらず「今後一年間にあきのすけにできるようになっていて欲しいこと」リストも作っていなかったし(これは私の全くの怠慢であると同時に、実際どの程度のことが期待できるのか想像もつかなかったせいでもある。いつのまにか彼の成長については、「期待する」ということをやめてしまっていたから)、これまでの様々な評価試験evaluationの結果をまとめた6ページにわたる詳細なレポートがメールで送信されてきたのがミーティング前日の午後6時、そのことに気づいたのが午後10時、慌ててプリントアウトしてどうにか読み終えたのが日付の変わる頃。他の場面でも経験したことだが、どうもこの国の人たちは、自分たちの仕事は自分のペースでゆっくり進めるくせに相手に要求する納期はべらぼうに短い。

    と愚痴っていても仕方がないのだが、そういう事情で、どうしても先方の立てたプランにハイハイうなずいてサインするだけという感じになってしまったことは否めない。とはいえ評価の結果も提示されたプランも妥当なものであったし、弾力的に運用して随時見直されるべきものであることは確認したので、基本的には問題ないのだが。

    ...read more
    【2005/12/03 07:14】 療育(米国) | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)