FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    06 | 2019/07 | 08
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -


    RECENT ENTRIES
  • バースデーカード(04/05)
  • 研究発表会(03/24)
  • サッカー、だけじゃない。(03/24)
  • 「あららげる」考(02/10)
  • 転ぶ権利(01/27)
  • 統計検定3級合格(01/19)
  • パパサンタからのプレゼント(12/24)
  • 耳の痛いこと言ってくれる人がいなかった不幸(10/02)
  • 宇宙との交信(08/12)
  • 淡々と夏休み(08/12)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (162)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (36)
  • きょうだい児 (24)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (38)
  • 時事雑感 (47)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (31)
  • 小学校 (41)
  • 社会活動 (10)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (9)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    パパサンタからのプレゼント
    Q次郎の今年のリクエストは
    「暗殺教室」全巻セット
    でした。

    最近、学童でお友達から借りた少年コミックを読んでいることの多いQ次郎。
    いつも借りてばかりでは心苦しいという想いもあるようです。
    しかし、少年漫画って、なんだってああ長々と続くんだっ!
    ちょっと人気の出たようなシリーズはすぐ何十巻という大作になっちゃう。
    月々の小遣いでコツコツ買い揃えるなら良いけど、大人買いするにはちょっとご予算が、ねえ。

    と伝えたら
    彼なりに頭をひねって
    これなら全21巻、比較的短め、なんとかならないか。

    ううむ、交渉上手になりよったのお(^ ^;)


    さて、小学生の弟にこの金額であれば
    高校生のA太郎にもそれなりのものを用意してやらねばなるまい。

    とはいえ、相変わらず物欲とは無縁の、仙人のようなこの男。
    どうしたものか。

    そうだ、せっかく天文部所属なんだから望遠鏡のひとつも買ってやるのはどうだろう。
    やつが使わなければ母が貰い受けるっ(爆)

    最近は入門機が比較的安価に買えて
    スマホアダプターなるものでお手軽に天体写真が撮れたりするらしい。
    いい時代になったのお(シミジミ)

    ということで、親の方が盛り上がって
    こういうものを購入しました。

    モバイルポルタ A70Lf
    https://www.vixen.co.jp/product/39905_5/

    店頭で触ってみた感じでは、超ブッキーなA太郎でも使いこなせそうな感じです。
    こんど天気のいい晩に、ベランダで試してみよう(^ ^)
    ...read more
    スポンサーサイト

    宇宙との交信
    まあ、そんなツマラナイ夏休みを過ごしているA太郎のために
    というよりは親の趣味なんですが
    こんな場所に行ってみました。

    臼田宇宙空間観測所
    http://www.jaxa.jp/about/centers/udsc/index_j.html


    こんなところ、一般人は立ち入り禁止なのかと思ったら
    特に事前予約も不要で見学させてくれるらしいのです
    (ただし展示棟と、パラボラアンテナの足元だけね)。

    HPの展示棟の写真が、昭和な雰囲気を濃厚に醸し出していたので正直あまり期待せずに行ったのですが(爆)

    「え、こっちで大丈夫?めっちゃ細い道やん…」
    とか言いつつ山道を進むことしばし。
    突如前方に現れた直径64メートルの巨大パラボラアンテナはなかなかシュールな光景でした。



    ハレー彗星の探査機を飛ばす直前に突貫工事で作られたもので
    かの「はやぶさ」君に一生懸命指示を送ったのもこのアンテナなんだとか。
    我々が到着した直後に「ゴゴゴ…」と音を立てて角度を変え、ちょうど「はやぶさ2」と通信を開始したところでした。
    「通信中」を示すモニターの波形と、アンテナが指す青空の向こうを交互に眺めて
    なんか…スゲー。と、ソボクに感動しました。

    はやぶさ君だけでなく、人工衛星の軌道修正の信号を定期的に送ったりなんかもしているそうです。
    こういうお仕事も、世の中にはあるんだぁ。と、A太郎が思ってくれたかどうかはともかくとして

    一番喜んでいたのは母です、間違いなく(笑)

    移動の自由って重要
    高齢ドライバーの免許返納が話題になっている昨今ですが
    「返納した後どうするの?」は、確かに切実な問題なんですよねえ…。

    今日は家族の予定がバラバラで。
    登校日のA太郎を7時に駅に送り。
    Q次郎を8時半にサッカーの練習会場に送り。
    趣味の会の会議に出かけるあき父を11時過ぎに駅に送り
    その足でQ次郎を拾いに行き
    サッカーは今年は保護者会役員なのでコーチとの打ち合わせやら、お迎えがまだの子がいないか忘れ物がないか見届けをして
    A太郎を駅に拾いに行ったら「乗り遅れたので一本後になる」とLINEが届き(田舎なので約30分後)
    じゃあその間にと、Q次郎のスクール水着をスポーツ用品店に買いに行き
    家に帰って遅い昼飯を食ってひと息ついて
    この後、あき父を拾いに行きます。

    なんだろう、このタクシーの運転手感。

    周りのママ友も
    バスケの大会の送迎とか
    合唱コンクールの送迎とか
    そのために下の子を実家に預けに行かなきゃとか
    みんな、そんな感じで市内をグルグルしてます。

    一家に最低一人、ドライバーがいなきゃどうしようもないじゃん。
    これ、将来うちら夫婦だけになったらどうするんだろうね。

    「そしたらタクシー呼ぶんだよ。車の維持費考えたらそっちの方が安いかもよ。食品スーパーは徒歩圏内にあるんだしさあ」
    うーん。でもそういう問題じゃない気がする。

    電車の駅まで歩いて10分、
    バスは長くても15分おきにやってきて乗り継げば市内どこまででも行ける状態で育ってしまった人間には
    移動の自由が保障されないというのは
    やっぱり人権侵害以外のなにものでもないと思えてしまうんだよねえ。

    幸い、A太郎は持久力はあるらしいのでたいていの場所には歩いて行ってくれると思うんだけど
    時間がもったいないとは思うよね。
    これから1カ月間、文化祭の準備で帰宅が遅くなるそうです。
    本人は、親に負担をかけまい、自分のことは自分でやる気はあるみたいなんだけど
    最近、市内で物騒な事件も起きたので
    やっぱり迎えに行かなきゃだよなあ。

    能登島へ旅行
    「あきのすけが高校生になっちゃったら、家族で旅行なんてこともやりにくくなるかもだから」
    というあき父の鶴の一声で、旅に出ることになりました。
    だいたい夏休みの家族旅行なんてものは、休みに入る前に計画して予約を取っておくものなんですが
    出発一週間前になって宿の手配をし始めるという行き当たりばったりさが、いかにもうちの父ちゃんです。
    またそれに対応できるようになってくれたあきのすけにも感謝。

    とにかく島でのんびりしたい、という父の希望で、メインの目的地は石川県の能登島へ。
    能登島といえば、あき母には外せないものがあります。
    のとじま水族館でイルカにタッチ。

    イルカショーをやっている水族館はたくさんありますが
    触れ合いをさせてくれるところは、めったにない。

    かつて、イルカセラピーなるものがあると聞いたことがあります。
    自閉症児に、外界に対して心を開いてもらうきっかけとしてイルカとの触れ合いをさせるというもの。
    なかなかそういう機会もないし、1回や2回やったところで、ねえ…。
    ということでずっと見送ってきたのですが。
    現在のあきのすけに療育効果を期待するわけではないけれど
    でもいつか機会があればとは思っていたのです。

    通りすがりに、地質好きな兄弟のために糸魚川の「フォッサマグナミュージアム」にも立ち寄ることにしました。
    その中間の、高岡大仏と、海王丸パークにも時間があれば寄ろうと。
    (あき母は港町育ちなので、帆船と聞くと血が騒ぐのです♪)

    和倉温泉で1泊、氷見で1泊
    お天気もなんとかもち、能登島で海水浴も出来たし(Qちゃんはシュノーケル初体験!)
    お魚もおいしかったし
    いい旅でした。
    あき父は運転で疲れたようですが(^_^;)

    写真は後ほどアップします…しないかも

    眼鏡屋の上得意な一家
    最初は、あきのすけ。メガネの鼻当てを支える金具が、ぽっきり折れました。
    このままじゃ鼻に刺さって怪我しそう、というので急ぎ眼鏡屋へ。
    瞬間接着剤でくっつけてちょちょいのちょい、でいいのかと思ったらそうはいかないそうで
    福井の修理工場へ送って、一週間ぐらいかかると。
    「えっ…でももうすぐ期末テストなんで、メガネなしってわけには行かないんですけど…」
    急遽、小学生時代に使ってた古いメガネを引っ張り出し
    レンズだけ現在の視力に合わせたものに入れ替えて急場をしのぎ
    でもいま使ってるメガネはお気に入りなんで、やっぱり修理して使いたいと。

    ついでに私。
    最近、原稿を見ながらパソコン入力する際の視線移動がちょっとしんどくなってきて
    めいっぱい左手を伸ばして原稿をPCモニターの隣に並べて見ております。
    そう、寄る年波には勝てないってやつですね。
    目薬さしたりして誤魔化してきたけど、目が疲れすぎて帰りの運転がきつくなってきた。
    ということで「お仕事用に手元が見えやすいメガネ」を新調しました。
    (つまり老眼鏡ね、と夫。いえ、あくまで仕事用メガネですからっ!)
    いちおう客商売なので、あんまり老けて見えるのは嫌なので
    普段の近眼用メガネと色違いのフレームで、ブルーライトカット加工も入れました。

    そしてQちゃん。
    お友達に誘われて入ることにしたサッカーチームのコーチから
    ゴーグルタイプのメガネでないと試合には出せないと言われ。
    視力を測ってみたら、いま使っているメガネもこのままじゃまた学校の健診で引っかかるレベルであることが判明。
    太りすぎで成長して、顔の大きさも変わってきているので
    普段用のメガネも新調することになりました。

    支払い総額は…
    あまり考えないことにしよう



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。