FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2019/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    RECENT ENTRIES
  • バースデーカード(04/05)
  • 研究発表会(03/24)
  • サッカー、だけじゃない。(03/24)
  • 「あららげる」考(02/10)
  • 転ぶ権利(01/27)
  • 統計検定3級合格(01/19)
  • パパサンタからのプレゼント(12/24)
  • 耳の痛いこと言ってくれる人がいなかった不幸(10/02)
  • 宇宙との交信(08/12)
  • 淡々と夏休み(08/12)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (162)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (36)
  • きょうだい児 (24)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (38)
  • 時事雑感 (47)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (31)
  • 小学校 (41)
  • 社会活動 (10)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (9)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    バースデーカード
    昨日はA太郎の誕生日でした。
    なにげにLINEのタイムラインを開いてみると
    A太郎あてにバースデーカードを送信してくれたクラスメートがいるらしく
    ほう、イマドキの若者はこういうやり取りをするんだねえ、と

    年度初めの生まれゆえに、祝ってもらえるタイミングを逃しがちで
    そもそも祝ってくれるほど親しい友達もなかなか出来にくくて
    だったので

    なんだか母の方がプレゼントをもらった気分になりました(^ ^)
    スポンサーサイト
    【2019/04/05 08:49】 高校生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    研究発表会
    A太郎の通う高校では
    一年生が、各自でテーマを決めて自由研究を行なえという課題があります。
    一年かけてあれこれ調べたり、自分で実験したりして
    それをパワーポイントにまとめて、要旨集も作って、と
    ちょっとした学会みたい。なかなか本格的です。

    それをクラスのみんなに順番にプレゼンして、投票で選ばれた上位二人が
    地元の文化ホールを借り切って行う、学年全体への発表会に出場するんですって。

    あき父は、一応その道のプロなので
    私もかつてはその手の仕事でメシを食っていたこともあるので

    あえて手出し口出しは、しませんでした。だってフェアじゃないじゃん。A太郎も特に何も言ってこないし。

    ただ、どういうネタかは聞きました。
    地震予知に関してだそうです。
    高校生の分際で大きく出たなあとは思いましたが
    私が毎年、阪神淡路大震災の起きた時間に黙とうをささげている姿を見て思うところがあったのかなあ、と。


    で、ホールで発表することになったというので
    半休とって聞きに行きました。

    他の生徒さんたちの課題は高校生らしく、日常生活の中から着想を得たものが多く
    英語でのプレゼンに挑戦した子、体を張って実験した子etc.
    若者らしい自由な発想、という言葉は私はあまり好きではないのですが
    でもユニークな着眼点と、世の中のことを知りたいという素直な好奇心と若いエネルギーに感心させられました。

    A太郎の、例の抑揚のない語り口と、まるで地学の授業のような導入部分には
    たぶん眠気を誘われた生徒さんが大勢いたんじゃないかと思うんですが(^_^;)
    もっとこうした方が良い発表になったんじゃないかと思う点もいくつかあったんですが
    まあよく調べてまとめたよね、と
    彼の個性と認めて評価してくれたクラスメートにも感謝、です。

    来年はグループでの研究課題があるそうです。
    誰と組んで何をやるか解らないけど
    文化祭で中間発表をしてくれるはずなので、いい研究になるようガンガン突っ込ませてもらいますよ
    楽しみです。
    【2019/03/24 12:40】 高校生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    統計検定3級合格
    昨年の話ですが
    「大学入試にも役に立つから」と担任にたきつけられたA太郎
    統計検定なるものを、クラスの何人かと一緒に受けに行きました。

    http://www.toukei-kentei.jp/

    正直、何がどう役に立ちそうなのか親にはイマイチよく解らないので
    まあ合格するしないはどうでもいいんだけど
    それよりも問題は
    山ひとつ越えた、直線距離で50キロ先のM市の受験会場に
    電車とバスを乗り継いでA太郎が無事たどりつけるのかということ。
    もちろん1人でこんなに遠出するのは初めて。

    クラスメートと、途中の駅で待ち合わせとかして行きゃいーじゃん。と言っても「うーん…」と曖昧な返事。

    幸い、受験会場があき父のよく知ってる場所だったので
    バスの時刻表を渡したり、事前レクチャーをしてくれてました。

    せっかく遠い町に行くんだから、昼飯なにかうまいものでも食ってきたら…
    というのは、無駄にミッションを増やして負担になるだけなので
    駅の待合室ででも齧れるようにお握りを持たせて
    当日朝は、私はQ次郎のサッカーの試合があったので駅まで送れずドキドキしていたのですが

    途中の電車でクラスの子と行きあったりして、なんとか問題なくたどりつけたそうです。ホッ。


    で、先日その結果が返ってきました。

    なんか、成績優秀者で表彰されたそうで、合格証+表彰状が。
    ただし、封筒を開ける時に誤って賞状の上の方を一緒に切っちゃったらしく、上の方がギザギザ(- -メ)
    こういうところが、コイツなんだよなあ…

    なんか、試験を受けた動機とか、受賞の喜び的なことを作文に書けという依頼も来てて
    メンドクサイけど例文を参考に、テキトーに書いて出して差し上げなさい、と伝えました。

    ホント、数字には強いのねこのヒト…。
    まあおかげで移動スキルがレベルアップして良かったです。
    【2019/01/19 20:07】 高校生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    淡々と夏休み
    7月の初めに高校の学祭がありました。
    クラス展があったり、天文部のポスターを書いたり、前夜祭で女装させられたとか後夜祭で花火が上がったとか
    打ち上げと称してクラスのみんなで焼き肉を食べに行ったとか
    まあ楽しくやっていたようです。

    この夏は、皆既月食があったり、火星が大接近中だったり、ペルセウス座流星群も新月直後という好条件なので
    絶対に部活(観測会)があるだろうと思っていたら
    3年生引退直後のドサクサで企画されなかったらしく(^_^;)

    職場体験も、気象台と新聞社に希望を出したもののくじ引きで外れたそうで。
    地元テレビ局に行った同級生が、夕方の情報番組に出演しているのを見て微妙に悔しかったらしいw

    地元の祭りも、女神輿に助っ人に入れられるのは気恥ずかしい年頃だし
    かといって大人の樽神輿に混ぜるには非力すぎて、正直足手まといになるので今年は家で留守番。
    「学校の友達と一緒に祭り見物とか、そういう話ないの?」
    「こっちの花火大会に誘うとか、逆に向こうの地元の祭りに案内してもらうとかさあ」
    はい、無理なのを承知で言ってみました。来年ガンバレ。

    ということで、今年も家で淡々と読書と勉学に励んでおります。
    ただ今年は、レポートの資料を探しに図書館に行ってみたり、
    総文祭の展示を観に行ったり(いちお、元美術部なので)と
    ちょこちょこと徒歩やバスで外出しているようです。
    毎日の電車通学でちょっと度胸がついたかな。やっぱり生活経験って重要です。
    【2018/08/12 03:41】 高校生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    それなりに、青春。
    同級生女子に
    Tシャツの柄(スヌーピー)が可愛いねっと言ってもらったと
    照れたような表情で報告してくれました。
    あき父セレクトのユニクロTシャツです。

    先日はクラスマッチなるものがあって
    運動偏差値25のA太郎も、容赦なくソフトボールにエントリーさせられたそうで。
    もう間違いなく足を引っ張るので心配してたんですが
    打席に立つ姿を、誰かが撮ってくれたんでしょうね、LINEにアップしてあって
    集合写真も端っこじゃなく真ん中で写ってて。

    特定の仲良しさんの名前はまだ出てこないんだけど
    少しずつ、クラスの中で居場所が出来ているのかな。
    【2018/06/09 19:13】 高校生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。