FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    小学校最後の運動会
    先週の土曜日、Q次郎が小学校最後の運動会でした。
    5歳差の兄弟なので、連続11年、小学校の運動会を観戦したことになります(汗)
    それにつけても、あんなことがあったなあ、と思い出されるのは
    なぜかA太郎にまつわる出来事ばかり。
    ドキドキが大きかった分、と、やっぱり色々とやらかしてくれたからでしょう(爆)

    そして
    A太郎の6年生の運動会について、記事を書いていなかったことに気がつきました。




    組体操、
    7段3Dピラミッドを二年連続でやったのは
    A太郎の学年が最初で最後でした。
    ちょうどその頃から、危険な技は止めようという風潮が全国的に広まっていったからです。

    A太郎以外にも、様々な困難を抱えた子の多い学年でした。
    それだからこそ、ひとりひとりが違う目標を掲げ
    子どもらが自然に助け合い、補い合う気風もあったように思います。

    後片付けが終了した後
    6年生は校庭に集まって終わりの会を開いていました。
    私たちは校庭の端の方で、解散になるのを待っていました。
    運動会が成功裏に終わったことへの、お褒めとねぎらいの言葉
    残りの小学校生活も頑張っていこう
    そんなお話が先生からあったんだろうと思います。

    最後に
    「ヤーッ」という掛け声とともに
    彼らは一斉に帽子を、思いっきり空高く投げ上げました。


    あの日、青空に舞った百個の赤白帽子


    あれほどの達成感
    あれほどの充実感
    あれほどの一体感


    後にも先にも
    あんなに美しい光景を
    私は見たことはありません。


    ゆとり教育が終わり
    気候が極端になり
    運動会はいつのまにか
    「やることになってるからやるけど、てきとーにサッサと終わらせよーぜ」
    な行事になりつつあるように思います。
    私自身は、運動会なんか雨降って中止になればいいと思ってたクチですけど(爆)

    もうあんな美しい光景を二度と見ることはないのだろうなと
    少し淋しい思いで、校庭を後にしました。
    スポンサーサイト



    【2019/10/07 21:50】 小学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    転ぶ権利
    この冬初めてまとまった雪が降ったので
    Q次郎は庭でかまくら作りに精を出しています。
    これがやりたい!と思ったら何時間でも黙々と集中して出来るところは
    やっぱりA太郎の弟だなあ、と思います。

    一昨日、学校のスキー教室がありました。
    去年は初めての経験で、うまく出来なかったので
    行く前はヤダヤダ言っていたのですが
    今年はなんとか、林道コースなら降りてこられるようになった
    リフトから降りる時も転ばなかった
    「きっと兄より俺の方が上手いよ、今度家族で滑りに行こう」と得意満面で帰ってきました。

    ところが、もしかしたら来年からスキー教室がなくなるかもという話になっているそうです。

    英語教育の導入と
    もともと他地域に比べて短かった夏休みの延長要請のため
    授業時間が足りないので、学校行事を削るしかないのだと。

    ふざけんな、だったら英語なんかやめちまえと思います。

    一面の銀世界で冷たい空気を胸いっぱい吸って
    何度も転んで、諦めずに立ち上がって
    親でも先生でもない地域の大人の優しさに触れて
    友達と競い合って、励まし合って

    子どもには子ども時代にしか学べないこと
    心の根っこになって、生き抜く力になっていくことがあるってことを
    知らない大人が口をはさむから
    どんどんおかしなことになっていく。

    最後のゆとり教育世代だったA太郎がもし現在のカリキュラムの中に放り込まれていたら
    こんなに成長できなかったと思う。
    彼が経験させてもらえた様々のこと
     校内でのスケートも
     田植えも
     餅つきも
     支援級のカレー会も、市民プールへの校外学習も
    たった5年の間に全部なくなってしまった。

    現場の先生方を責めるつもりはないけれど

    吉田友子先生の言葉を思い出します。
    『赤ちゃんは、這うように、立つように、歩くようにと誰に強制されたわけでもないのに毎日の努力を続けていきます。子どもというのは、本来、誰に言われなくても前へ前へと進んでいく生き物です。大人が邪魔さえしなければ。大人が邪魔し続けて、前に進むことへの希望を奪い去らなければ。』
    http://i-pec.jp/bulletin.html


    さて、Q次郎のかまくらが完成したようです。
    【2019/01/27 11:46】 小学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    フクザツな親心
    昨日、個別懇談の前に
    「就学相談の判定結果をお伝えしたいので、先に校長室へお寄りください」と言われました。

    小学校へ入るときの判定結果は園長先生から電話でサクッと伝えられたので

    えっ…わざわざ校長室へ?
    なんだかちょっとオオゴトじゃない?
    なんかヤヤコシイ話にでもなってるのかしら…
    これだけ散々見学も、体験もして、本人も行く気になってるのに
    もしかして「やっぱり普通級で頑張りなさい」とか、いまさら言われちゃったらどうしよう…

    と、少しドキドキしてしまったんですが。

    結果、希望通り支援級判定。
    ただし、知的に高いお子さんなので、落ち着いて生活していけるようであれば進級時に退級することも視野に入れてみてください。という付帯意見つき。

    ああ、良かったぁ。と胸をなでおろして
    「よろしくお願いします」と笑顔で頭を下げたんですが。



    後で思った。
    私、「普通級でも行けますよ」って言ってほしかったんだな、きっと心の底では。

    アメリカでevaluation testを受けた時と同じ。
    この子はもう大丈夫ですよ、特別な支援なんて必要ないですよ、って言われることを、心のどこかで期待していた。

    普通級でやれ、って言われたらきっと
    え~そんなの困るぅ~って大騒ぎするくせに。

    この子は「普通」の子なんかじゃないって
    誰より一番よく解っているはずなのに。

    進歩してないなあ、自分(^ _ ^;)
    【2014/12/20 16:22】 小学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    修学旅行に出発しました
    あきのすけ、今朝修学旅行に出発しました。
    明日の夜に帰ってきます。

    いつもながら、事前学習のしおりがしっかりしているので
    状況の解らない親が妙な付け足しはしない方がいいと判断して
    一緒に荷物を確認した程度です。
    あきのすけいわく「しっかりした子が同じ班になった」そうなので
    きっと先生方の方で色々×10配慮して下さったんじゃないかなあと思われ。

    刺激の多い都会で、迷子にならないか?
    キャパオーバーしてパニック起こさないか?
    バスに酔わないか、また忘れ物してくるんじゃないか…
    いろいろ不安要因はあるんですが、言いだすときりがないので

    「緊張する~」という息子に「大丈夫さぁ」と返して
    手を振って見送って。
    子どもらの列が駅のホームに消えてった後からドキドキしてきました。

    毎度、親の方が試される気分です。
    【2014/11/05 11:30】 小学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    親バカ炸裂してよかですか?
    夏休みの宿題であきのすけが作った新聞が
    (過去記事「宿題雑感」でネタにしたやつ)
    地元新聞社の「こども新聞コンクール」で
    入賞したという通知が来ました。
    10/10~、近所の○オンショッピングセンターで展示してもらえるそうです。

    と、あき父に報告したら
    「えっアレが?!」とめっちゃ失礼な反応が返ってきました
    (でも私も少しそう思う)

    今回、地区大会で入賞した中からさらに選ばれた数点が県大会に進むんだそうですが
    まあそこまでのレベルではないとは思うので
    そこは行っても行かなくてもどうでもいいや


    親の言うことなんかむしろ聞かない方がいい結果が出る、ということに
    若干フクザツな想いを抱きつつ
    健常児と同じ土俵で一定の結果を出してくれたことを
    とりあえず素直に喜びたいと思います。

    どのぐらいの範囲までご報告すれば、
    あんまりはしゃぎ過ぎてもいけないのかな?とか思ったりもして
    とりあえず個人ブログなら…いいかな?


    話し言葉は、相変わらずたどたどしい息子です。
    年齢相応の知能を持ってるようには、とても見えないよね。と親でも思います。
    でも、書くとスゴイんです。
    いえ、やっぱり文体や感性は独特で、特性全開なんですけど
    意外に深いことを考えているんです。
    その辺、東田直樹さんに通じるものをちょっと感じたりしています。

    ということで、超親バカエントリー、アップしちゃいます♪
    【2014/09/29 12:40】 小学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)