fc2ブログ
AUTISTICな日々
長男A太郎のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。大学生になり親元を離れて寮生活をしています。定型発達の次男Q次郎は反抗期真っ盛り、サッカーに明け暮れる日々です。気まぐれ更新のため、コメントを頂いてもすぐにお返事できない場合があります、ご了承ください。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    02 | 2024/03 | 04
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 再掲:非常時の支援・工夫(転載)(01/02)
  • 再掲:せめて、元気だそっと。(01/02)
  • 「ブラックフライデー」に対する違和感(11/23)
  • アフターコロナの学園祭(07/01)
  • キモチワルイ(05/13)
  • 巡検 in USA(2)(02/28)
  • 巡検 in USA(1)(02/25)
  • 子育て四訓(02/23)
  • あちらを取ればこちらが立たず…(02/11)
  • 巡検 in USA(準備編)(01/14)


  • RECENT COMMENTS
  • あまだれ(01/14)
  • あき母(09/12)
  • あまだれ(09/11)
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (168)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (41)
  • きょうだい児 (33)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (63)
  • 未分類 (1)
  • いい言葉みつけた! (34)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (12)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (14)
  • 某巨大掲示板過去発言選 (12)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    アフターコロナの学園祭
    今日・明日はQ次郎の高校の文化祭です。
    Q次郎はクラス企画の担当になり、部活の時間を削って熱心に準備をしていました。
    これまであまり話す機会のなかったクラスメート(特に女子w)ともLINE交換したり、話が出来て良かった…と言っていました。

    Q次郎の通うU高、一般公開していなかった過去3年間は
    学校HPに文化祭情報を全く掲載していませんでした。
    いや、時節柄、非公開なら非公開でいいんですよ。だったらその旨を一行書いておいてもらえれば。
    明らかにもう学祭終わってる時期になっても『詳細は決まり次第掲載します』のまんまって…(^ ^;)
    まあ、在校生とその親には別途連絡してるからいいでしょってことらしいんですが

    今年はさすがに数行だけ文化祭の案内が掲載されていました。

    “一般公開は
    7月〇日〇時~〇時
    ×日×時~×時
    駐車場はございません
    上履きをご用意ください”

    以上。的な。
    まあ、生徒はカラー印刷の小綺麗なパンフレットを貰ってきていたので
    (地域のお店から募った広告料という名の寄付金で作成)
    それ見ながら、友達と「どこ回るぅ」とか考えているようです。

    A太郎の通っていたY高はどうだっけ、と思って久しぶりにHPを開けてみたら
    上記と同様の文面から「詳細はこちら」のリンクが貼ってあって
    当日、一般来場者に配布しているA4一枚のリーフレットがpdfファイルで見れるようになってました。
    校内のいつどこでどういう企画をやってるか一目瞭然。
    うん、さすが理系の高校、合理的だ。

    Q次郎の友人が多く通っている、自宅最寄りのS高のHPもついでに見てみました。
    こちらは英語教育等に力を入れている、どっちかというと文系寄りの高校。
    「公式サイトはこちら」のリンク先へ飛ぶと
    クラス企画、部活企画、前夜祭・後夜祭…と
    写真も多用した美麗なHPが作成されていました。

    三者三様。
    こういうところに校風って出るんだなあ、と興味深かったです。
    スポンサーサイト



    【2023/07/01 11:06】 きょうだい児 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    虚脱感。
    Q次郎たちの夏が、終わりました。

    いえ、夏休みはまだこれからなんですが。

    0-1。
    コーナーキックからの1失点のみ。
    試合開始早々の猛攻を防ぎ切り、試合終盤攻めて、攻めて、
    でもどうしても1点がもぎ取れなかった。

    中地区1位、正直、思っていたほど怖い相手じゃなかった。
    勝てない相手じゃなかった。
    後悔もあるだろうけれど、今までと違うのは

    もう「この次」はないっていうこと。

    悔しさをバネに強くなってきた。
    この仲間たちと一緒に戦える大会は、もうない。



    他の部活は中体連終了をもって引退だけど
    サッカー部は地区リーグ戦が終了する初冬まで。
    上位リーグ昇格を目指して戦いつつ、後輩たちを指導するという立ち位置になります。
    受験勉強を優先して、部活はフェードアウトするのももちろん許されているんだけど
    「え?しないよ、そんなこと」

    コーチからの宿題。サッカーノートに、全体に向けての言葉を書いて来い。だそうです。
    「全体、って難しくね?個別に、あのプレーはどうだったとかなら書けるけど」
    それはたぶん、こういうことを期待されてるんじゃないかなと思う母から、サッカー部のみんなへ。


    「もしかしたら誰もが
    自分は何もできなかったという思いを多少なりとも抱えています。
    でも、何もできなかったと思う人は
    次はきっと、何かできるようになりたいと強く思うでしょう。
    その思いが私たちを動かすエンジンです」
    (NHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』より)


    もっと上手くなりたいと鍛錬を続ける人。
    自分の学んだことを、後に続く者に伝える人。
    違う分野で、自分に出来ることを探す人。

    大会が終わっても、きみたちの人生は続いていく。

    “Life can be so sweet
    On the sunny side of the street”
    【2022/07/17 10:26】 きょうだい児 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    県大会!
    Q次郎の中学校サッカー部が、県大会進出を決めました\(^o^)/
    なんと12年ぶりの快挙だそうです。

    県内を4ブロックに分けての予選
    トーナメントを勝ち上がってベスト6に入ったものの、最後の1試合で敗退。
    県大会4枚目の切符をかけて4~6位決定戦の三つ巴リーグを、一勝一分けで勝ち抜いて滑り込みました。
    表彰式では彼らが一番いい顔していたかも。

    ともあれ、県ベスト16!です!

    そして明日は県大会本番、緒戦は優勝候補、中地区1位が相手です。
    「もしここ勝ち抜けたら、俺たち一気に優勝候補じゃね?」
    と、怖いもの知らずのガキどもです。

    ガキども以上に
    親達の方がはしゃいでいます(^^;)

    とにかく、これまで培ってきたもの、全部出しきって
    恥ずかしくない試合をして来い。

    ということで今夜は早く寝ます。
    【2022/07/15 19:36】 きょうだい児 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    「知らない場所は緊張する」
    Q次郎も中3。高校受験の年です。
    A太郎の時には「とにかく情報収集」で、学園祭に行ったりHP見たり、親の会で先輩ママさんに話を聞いたり…したものですが

    「まあアンタは特に心配してないし、普通に成績相応の地元公立高校行ってくれれば。
    いま仲良くしてる子たちもたぶん同じところ行くだろうし、校風的にも、キミには向いてると思うよ」
    ということで、親の意見はほぼ固まっているのですが

    肝心の本人が
    「高校~?なんかよく解んなぁい。とにかく今は目の前の部活、中体連、目指せ県大会で頭いっぱい!」
    「HPとか見ても、なんかどこも似たようなことしか書いてないしさあ、
    将来やりたい仕事とかも、まだよく解んないし。」

    と、言うので
    とりあえず最初の考える手がかりとして「模試受けてこい」
    地元進学塾の主宰する模試に放り込んできました。
    行く可能性のある高校(本命、1ランク上、1ランク下)の判定出してもらって
    外部の採点者に容赦なく、汚い字は×にしてもらってw
    すれば、ちったあ受験生の自覚も出てこようかと。

    ネット申込で、受験料は当日支払い。
    Q次郎は初めて行く場所なので、窓口まで付き添いました。
    駅前駐車場に車を停めて歩き始めると、他の受験者とおぼしき子どもたちがゾロゾロ。

    Q「ヤバイ、みんな頭良さそうに見える(゚Д゚;)」
    母「基本、公立高校受けようと思ってる子たちだからね、学校とはまた層が違うかもね」
    Q「初めて行く場所で受ける、ってのが緊張する(゚Д゚;)」
    母「まあ、その状況に慣れるための練習だからね」

    そう、「この子にとっては」これが初めての経験。
    体格と態度のデカさに騙されるけど、なんだかんだ言って、まだ14歳の少年。
    「初めて」「本番」に緊張しやすいのは、うっすら特性もあるかもしれない(本人は否定してるけど)。

    会場前で、部活仲間のK君のお父さんに声をかけられました。部活の外部コーチもされている方です。
    「うちの子も受けるんで、今送ってきたところ。Qも頑張って(^▽^)/」

    ちょっと落ち着けたかな?
    【2022/05/29 11:17】 きょうだい児 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    14歳のプライド
    Q次郎が、中学校の生徒会長候補に推薦されました。
    「生徒会なんかやったら、サッカーの練習時間が減る。それでなくてもレギュラー入り厳しいのに」
    と、あまり乗り気ではなかったものの
    推薦してくれたクラスのみんな、予備選挙で投票してくれた人たちに対して失礼になるから
    選挙運動は手を抜かずにやるよ、と。

    サッカー部の先輩が勝手連で応援してくれたり
    対立候補とも、学級訪問で「どんな質問された?」と情報交換したり
    所用で職員室に行ったら教頭先生に「頑張れよ」と励まされたり

    まあ、勝っても負けても「おめでとう」と言ってやるよ( ̄▽ ̄)と生温かく見守っていたのですが

    決選投票の結果、
    めでたく!

    負けたそうです(^◇^;)

    まあ、本人的には当初の狙い通り(爆)
    とはいえ、やはり負けるというのは気分のいいものではないと思われ。
    「やっぱりプライドが傷ついたりするんじゃない?
    あ、そもそもプライドとかないか、アンタすぐ土下座するし」と言ったら

    「プライドはあるけど
    そこにプライドかけてないから、傷はつかない」


    あ、俺もしかして今すっごく良いこと言った気がするっ!
    と、掲載許可を頂きました。


    勉強は、出来る方ではあるけどどうしても叶わない奴がいる。
    パソコンとか音楽とか、すっげえスキルを持ってる奴がいる。
    「俺、これが一番っていうのはないんだよなあ。」

    でもQ次郎のすごいところは
    そこで劣等感から卑屈になったりしないで
    相手の良いところを素直に認めて
    誰とでも仲良くなれちゃうところなんだよなあ。

    応援演説も、日ごろ仲良くしている友達じゃなくて、普段あんまり名前を聞かない子に頼んだ。
    なんで?って尋ねたら「アイツ喋りが得意だから、こういう場所に引っ張り出してみたかった」
    公約の「校内で動画投稿サイトを作る」ってのも
    そういうの得意な子が仲間内にいるから手伝ってもらうこと前提だったんだって(笑)

    いろんな才能を持った子が
    なぜだか自然と彼の周りに集まってくる
    それをどう生かせばいいかという視点で動くことが出来る

    オレがオレがと前に出るタイプではなくて
    肝心な時に一歩引いてしまうような性格だから
    リーダーやらせてみたかったんだけど、ね。

    俺の価値は
    能力では決まらないし
    他人が決めることでもない
    だからこんなことでは揺らがない
    …ってか?

    うん、なかなかイイ男に育ってるよ(#^ ^#)
    【2021/12/01 01:46】 きょうだい児 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)