FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    07 | 2019/08 | 09
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    RECENT ENTRIES
  • 空の巣症候群にはまだ早いけど(08/03)
  • バースデーカード(04/05)
  • 研究発表会(03/24)
  • サッカー、だけじゃない。(03/24)
  • 「あららげる」考(02/10)
  • 転ぶ権利(01/27)
  • 統計検定3級合格(01/19)
  • パパサンタからのプレゼント(12/24)
  • 耳の痛いこと言ってくれる人がいなかった不幸(10/02)
  • 宇宙との交信(08/12)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (163)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (36)
  • きょうだい児 (24)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (38)
  • 時事雑感 (47)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (31)
  • 小学校 (41)
  • 社会活動 (10)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (9)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    サッカー、だけじゃない。
    今日はQ次郎が所属するサッカーチームの、年度内最後の大会がありました。
    直前に怪我をしたメンバーがいて、彼のためにも予選通過したいと言っていたのですが

    第一試合 0-3
    第二試合 0-8

    残念ながら予選リーグ敗退という結果に終わりました。

    第一試合は、前半0-0で折り返したものの、後半に3失点。
    「あと少しだったね」「その少しの差って、なんだろう」と真剣に話し合う姿がありました。

    そして第二試合。私は役員の仕事があって、試合を見ることが出来なかったのですが、他のママさんたちの話によると

    試合中に、聞こえよがしに「超弱え~、もうちょっと期待してたのによぉ」などと
    侮辱的な発言が何度もあったらしく。
    それを相手チームのコーチも保護者も咎めるふうでもなく笑っていたと…。

    久々の大量失点、以上に、そのことの方がよほど悔しかったようです。


    先月の練習試合の時のことを思い出しました。
    得点しても、無表情で淡々と試合を続行する息子たち。
    「もっと喜べばいいのに」という母たちに返ってきた返事は

    「自分たちが、失点した時に相手にオーバーリアクションで喜ばれてつらかったから
    自分がされて嫌なことは相手にもしたくない」

    そんなものかねえ、とその時は思ったのですが

    今ならわかる。
    アンタたち、えらいよ。

    彼らが学んでいるのは、サッカーの技術だけじゃない。
    負ける悔しさ、仲間を信じる気持ち、対戦相手へのリスペクト。

    だからこそ思う
    勝たせてやりたかった。

    “あんな奴らに負けたくない”
    その想いが、彼らの闘志に火をつけたようです。
    うなだれていた顔を上げた時、明らかにこれまでと目の色が違っていました。

    帰りの車中で「もっとトラップの練習した方が」「ゴールキックの時はさあ」などと母が話すのを
    ついこの間までのQ次郎は
    「母ちゃんサッカーなんかよく知らないくせに」
    「そんなこと言うんなら自分でやってみろよ」と毒づいていたのに
    真剣な顔で頷きながら聞いていて

    母親は我が子が傷つくと切ないと、ついつい思ってしまうけれど
    イヤな奴と出会ってしまうことも
    時には成長のために必要なことなんだなあ、と気づかされました。

    来年はいよいよ6年生。
    「まだ○年生だから」という言い訳は通用しないよ。
    がんばれ。
    あんたたちなら、きっとできる。
    スポンサーサイト
    【2019/03/24 12:08】 きょうだい児 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    うちのサンタさんは寒がりです
    Qsanta2015_20151218230825095.jpg

    【2015/12/18 23:11】 きょうだい児 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    近頃のオモチャって(怒)
    今日、新装開店のラーメン屋に行ったら
    「妖怪メダル」を1枚くれました。

    くれる、という折り込み広告を見て、Qちゃんが行きたい行きたいというので
    混んでそうでやだなあ…でもまあ昼メシ作らなくて済むし

    ラーメンとチャーハンのお味は、まあまあ悪くなかったです。
    和風とんこつという割に、節系の香りが強くてちょっと意表を突かれたケド。


    「もっと強い奴のが良かったんだけどなあ」と言いつつ、満足げなQちゃん
    「持ってないと友達にバカにされるんだよ」とポツリ。

    ゲームの類に両親が否定的なのを知っているので
    本当は欲しかったけど、やせ我慢してたんだなあ。

    「DSは買う気ないけど、メダルはそんな高いもんじゃないみたいだから
    お手伝い頑張ったら、ご褒美に買ってあげてもいいよ」と話して
    いちおう値段とか、どこで売ってるか確認してみるか、とネットを開いたら…

    2枚で税抜き180円は、別にいいの。
    小学生のニンジンに使う価格としてはまあそんなもんかな、って。
    でも
    例によって、入手困難なんですって。
    大人気で品薄で、店頭では常に売り切れていて
    いついつ入荷しますって情報をチェックして並んで買わなきゃいけないような状態なんですって。

    こちとらそんなヒマじゃねーよ

    これは…
    そう、数年前、Qちゃんが仮面ライダーフォーゼのベルトを欲しいと言った時と、同じ状況。

    転売屋が定価の数倍、何万円もの値をつけて取り引きしているところまで同じ。


    Qちゃんは別にゲームをしたいわけでも
    レアなグッズが欲しいわけでもなくて
    ただお友達と話を合わせるために数枚持ってたいだけみたいなんだけど
    まあそういう客は、メーカー的にはありがたくないんでしょうけど、ねえ。

    購買意欲を煽るだけ煽っておいて
    供給しないというこの業界のやり方には毎度腹立たしいにもほどがあります。
    どうせたいして原価もかかってないんだろうに
    わざと品薄状態を演出してレア感を出すという戦略なんでしょうかねえ。

    かつて食品業界に身を置いていた人間としては
    需要にお応えできない(しない)生産計画しか立てられないって恥以外の何物でもないと思うのですが。

    と、書いているそばで
    工作好きなQちゃんは「妖怪ウォッチ」を自作しようと試みておりマス…けなげなヤツ

    頼むから普通に定価で、買いたい時に買わせてくれよっ

    あ、完成したそうです。
    妖怪ウォッチ

    今回もらったのはZメダルなので~
    このあと零式の製作に取り掛かるそうです。
    ホームセンターでLEDライトでも買ってきて、ボタン電池で点くようにしたら
    来年の夏休みの工作で提出できるかしら。
    【2014/11/01 17:03】 きょうだい児 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    爆睡問題
    小学校生活は、過酷なのである。


    学童保育所へふたりをお迎えに行くのがだいたい五時過ぎ。
    保育園とハシゴしていた頃に比べて楽になった…と言いたいところだけど
    その分、パートの勤務時間も伸びたし
    発達障害啓発週間イベントやら
    親の会の総会の資料作りやら
    PTAの資料作りやら
    新学期で学校に出さなきゃいけない諸々の書類やら
    いろんな人と連絡を取り合う必要もあったりで

    帰宅後、とりあえずパソコンの前に座ってメールチェックしたり
    ついでにちょっと休憩~ってブックマークしてるサイトをのぞいてみたりしてる間に

    ぷれジョブで腕を磨いたあきのすけが
    最近はお風呂を軽く掃除して、沸かしておいてくれるようになったので
    子どもらが順番にお風呂に入ってる間にご飯を作って、という予定が

    …ん?やけに静かだぞ?

    ……Qちゃん、寝てるし

    学童で毎日、顔真っ赤にして汗だくで駆けずり回っているので
    昨日と一昨日はたたき起こして、
    寝ぼけまなこなのを風呂に引きずり込んでガシガシ洗ってやったんだけど

    ま、今日は金曜日だし…いっか。

    あき父には、「このネット中毒がぁっサッサと飯作って、子どもらの世話せなアカンやろぉ」と
    常々怒られているのですが

    このペース配分の出来なさというか
    限界まで遊び続けてバタンキューっていう
    (QちゃんのHNの由来ってそこだったっけ?)
    うん、いかにも健全な小学生ダンスィだよなあ。と思ったりするのです。

    それにしても
    小学校生活って、そんなに疲れるのかなあ。

    爆睡してるQちゃんの
    ほっぺプニプニしたり
    鼻をつまんだり
    足の裏くすぐったり
    パンツのゴムをパッチンしたりetc.
    あきのすけと二人がかりでいくらイタズラしても起きない彼の寝顔に
    ふたりで「萌ぇ~」と言いつつ

    うん、やっぱり風呂とメシの時間をもっと早くしてやらないとね。反省
    【2014/04/18 22:52】 きょうだい児 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    担任からの電話
    昨日の夕方、電話が鳴った。
    出てみると、

    「(Q)くんの担任のTですが…」と。

    なんだか暗い、思い詰めたような声の調子。


    え?…コイツ、入学早々、何をやらかしたんだ?
    思わず身構えて、次の言葉を待つ。

    「実は…






    学年だよりをお配りするのを忘れてしまって、明日の用意と時間割をご連絡差し上げているんです」

    はぁ。

    明日は国語と音楽と体育、だそうです。

    二十五人全員に、電話してるんだ…。
    入学したばっかりで、たいした勉強も始まってないのに。
    「お疲れさまです」

    まだ若い先生。頑張ってね(^ ^)
    ...read more
    【2014/04/18 12:43】 きょうだい児 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)