FC2ブログ
AUTISTICな日々
長男のキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。高校生になったのでHNをあきのすけから「A太郎」に、そろそろ思春期の弟もついでに「Q次郎」に変えることにしました。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2021/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 講義開始、でも…(04/17)
  • お引越し・3日目(04/10)
  • お引越し・2日目(04/10)
  • お引越し・1日目(04/10)
  • 新生活準備2(03/19)
  • 転院手続き(03/10)
  • ネクタイの結び方講座(02/21)
  • 新生活準備(02/21)
  • 絶対やらないけど。(02/16)
  • ひと足早くサクラ咲きました(02/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (165)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (37)
  • きょうだい児 (28)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (41)
  • 時事雑感 (55)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (32)
  • 小学校 (42)
  • 社会活動 (11)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (17)
  • 大学 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    ネット広告って…
    携帯会社の提供しているニュースアプリを眺めていたら
    いわゆるターゲティング広告というのだろうか、
    ダイエット食品だの化粧品だの…の広告がよく出てくる。

    ダイエットは若い頃に散々試してもう諦めているし(爆)
    見た目を気にしない非障害自閉症スペクトラムなので、美容にも興味がない。
    まあ無料のサービスに広告はつきものだし
    スルーしていればそのうち別の広告が出てくるかなと思っていたのだが

    これがなかなかシツコイ。
    しかも、広告としての質があまりにも低い。

    ブヨブヨのお腹の写真(イラストじゃなく写真)とかいきなり出してこられるのって
    今風の言い方をすればほとんどテロ行為なのよね。
    それでなくても空気が殺伐としている昨今、醜いものは見たくない。
    いや現実から目を背けるなと言いたいのかもしれないが、大きなお世話。

    見出しの付け方もひどい。
    「中年太りのオッサンオバサンは必ず見て」
    て、誰が考えたのコレ。

    顧客(になるかもしれない人)に対して、失礼にもほどがある。
    敬意のかけらも感じられない。
    この見出しを作った人間は
    「ねえねえそこのオバサン」と呼びかけられて
    「えっなに私のこと?」と嬉々として振りむく女性がいると思ってんだろうか。
    ほんの少し想像力を働かせれば解りそうなものである。
    あるいは、その年代の人に訊いてみればいい、これを見てどう思うか。

    広告を発注した人、作った人、作った人の上司、掲載しているサイト
    誰一人としてこの広告おかしいって思わないで
    ただユーザーの年齢と性別だけで機械的に表示し続ける。

    こういう時、PCだと広告の隅っこをクリックすると非表示にできるんだよな…
    と思ってうかつに画面を触ると
    スマホでは「そうかあなたはこの広告に興味があってタップしてくれたのね♪」と受け取られて
    さらに関連する広告の表示が増えるという

    広告設定を自分で変えられますってあるけど
    いまいち解りにくいし。
    変えてみたけど、状況あまり変わらないし。

    ま、別のニュースサイトにすればいいだけなんだろうけどね。
    スポンサーサイト



    【2021/01/13 19:09】 時事雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    ALS患者さま嘱託殺人事件について2
    この事件について見ている中で
    大久保容疑者の妻の三代氏が自身のブログの中で
    夫がアスペルガー症候群であると明言されていることを知りました。

    ああ、こういうことがあるとまたぞろ
    発達障害と事件との関連についてしばらく騒がれるんだろうな、と気が重いのですが

    確かに、容疑者の開いている診療所のHPを見ると
    専門は呼吸器内科、在宅医療や訪問診療もやります、と高齢者医療に力を入れるようなことを言いつつ
    それと同じくらいの比重で「児童精神科」の文字もある。
    ふつう一人の医師で、お年寄りも子どもも、って難しいと思うんだけど…自分に特性があるからってことかしら…
    と、さらに画面を下にスクロールすると
    「自由診療のご案内」
    ニンニク注射、高濃度ビタミンC点滴、プラセンタ点滴…
    あ~いかにも怪しいオカルト系疑似医療だあ…
    私なら絶対近寄らないけど…悩んでいて、なかなか受診予約が取れないとこういうところに行っちゃう人もいるんだよなあ、ふう。
    いろんな意味で残念。

    続いて三代氏のブログを開けてみる。
    ネットでは、切り取られた一部を読んで批判的なコメントを寄せている人も多くいたが
    少なくとも彼女が相当キレる人、実務能力に長けた人であることは解る。

    開業する際に「患者さんの話をゆっくりきいて寄り添う仕事なら、アスペルガーでもやっていけるだろう。」
    いやそれ一番無理な要求だと思うのですが…みたいな
    突っ込みどころはいくつかあるけれども、とにかく彼女なりに夫を支えようと9年間頑張ってきた結果が、
    嘱託殺人。

    カサンドラ症候群、という言葉を、おそらく当然彼女自身もご存じだろうとは思うのだけれど
    病んで、心乱れて当然だよねとは思う。

    診療所を畳んで、福祉の仕事を、続けていけるのか難しい面は多々あると思うけれど
    彼女には幸せになってほしいなあ。と思いました。
    【2020/07/24 17:56】 時事雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    ALS患者さま嘱託殺人事件について
    あえて安楽死という言葉は使いません。

    逮捕された大久保容疑者が
    「高齢者を『枯らす』技術」なるブログや電子書籍を出している
    その本の紹介欄には
    「『今すぐ死んでほしい』といわれる老人を、大掛かりな設備もなしに消せる方法がある」
    と謳われている…
    そう報道で目にした時

    コイツ、植松と一緒じゃん!
    思わずそう叫びました。

    この社会において、生きる価値がないと自分が判断した人間を
    命を奪うことにためらいがなく
    むしろ善い行ないをしているのだと信じている点において。

    ただ、やまゆり園事件と違うのは
    今回の被害者が、自ら死を望んでいたということ。

    この点について、同じALS患者であるれいわ新撰組の舩後議員がコメントを出してくださいました。

    “報道を受け、インターネット上などで、「自分だったら同じように考える」「安楽死を法的に認めてほしい」「苦しみながら生かされるのは本当につらいと思う」というような反応が出ていますが、人工呼吸器をつけ、ALSという進行性難病とともに生きている当事者の立場から、強い懸念を抱いております。なぜなら、こうした考え方が、難病患者や重度障害者に「生きたい」と言いにくくさせ、当事者を生きづらくさせる社会的圧力を形成していくことを危惧するからです。”
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/44458より引用

    今回亡くなられた方は、海外経験もある、かなりのキャリアウーマンでいらっしゃったようです。
    仕事が一番面白くなってきた頃であろう40代に入ってすぐ、突然の発病。
    そして24時間、誰かの手を借りなければ生きられない状態。

    もしも彼女がこれまでの人生の中で
    弱い人、障害や病気のある人と接する機会があったなら
    病を得た自分自身を否定し続けることなく
    舩後氏のように「自分にもまだ出来ることがある」と思ってくれたかもしれない
    残された明晰な頭脳をなんらかの形で生かすことも、出来たかもしれない。


    我が子に障害があると解って
    まず自分自身の内なる差別意識と戦わねばならなかった
    親仲間から、そんな話をされたことがあります。
    これまで無意識のうちに差別をする側だった自分
    ある日突然、差別をされる側に転じて
    それでも
    そんな自分でも存在していいんだと誰かに言われた時、自らそう思えた時、どれほど救われたか。

    仮にも医療に携わる者であれば
    そうした救いを与える存在であってほしかったんです。

    容疑者たちは、安易に死を与えることで彼女の存在否定に手を貸した。
    彼女の尊厳を損ねた。

    だから私は、これを安楽死と呼ぶことはしたくありません。
    【2020/07/24 17:23】 時事雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    入学式、そしてまた休校
    在校生ときちんとお別れができず、委員会等の引継ぎも十分でなかったことをしきりに気にしていたQ次郎ですが
    どうにか、入学式の日を迎えることができました。

    実はQ次郎、新入生代表あいさつの大役を仰せつかりまして(⌒∇⌒)
    小学生時代の校内放送ではしょっちゅう噛んでいたらしいので心配していたのですが
    まさかの、先に校長先生があいさつで噛みまくるというハプニングもあり
    「在校生がいない分、緊張しないで済んだ」と言っていました。

    クラスの半分は違う小学校出身。
    「とりあえず真面目キャラでデビューして、だんだん面白い人認定してもらう作戦」だそうで
    友人たちもそれぞれ、進学を機にキャラ変を目論んでいるのだとか。
    今どきのコドモは大変だ。

    ともかくも、順調に中学校生活がスタートし始めた…と思い始めた矢先
    市内で最初のコロナウイルス感染者が発生。
    たった3日で、またもや休校に。

    分散登校で課題プリントが配られ
    家庭訪問するのしないの
    いつから登校再開するの、やっぱり延長だの
    インターハイ中止からの中体連の大会も中止だの
    それでもGW明けにはと思っていたら、市内で新たな感染者が出ちゃったから5月末まで休校って

    ねえ、なんだかんだで3か月もまともに授業受けれてないんだよ?
    自習で済むなら学校なんか要らないわけで
    さすがにいい加減ヤバくない?

    高3生のA太郎は、もう1年浪人してもいいやぐらいに思ってるけど
    (この状況で東京で一人暮らしさせるのも、なんだかね)
    中学生はね。
    私ら、彼らに教育を受けさせる義務があるんだから。

    とにかくこの、先の見通しがつかない状態にいい加減うんざりしてきて。
    もう9月始まりでいいじゃん。なんならみんなで1年留年しようぜ。
    ろくな教育も与えないまま、年齢だけでハイ卒業とか、ダメでしょう。

    3月の、突然の休校宣言で卒業前の最後の日々を奪われたQ次郎たちが可哀想と思ったけど
    地元の夏祭りも早々に中止決定、音楽会も、もしかしたら修学旅行も無理かもしれない今の6年生たち、どうなのよ。

    ともかくも
    さすがに中学校もオンライン授業の実施を本気で検討し始めたみたいです。
    端末はあるのかとか、WiFi環境はどうなのとか、いろいろ課題はあるようですが

    今度はQ次郎があまり腐ってないのがありがたいです。
    「この仲間で、いつかきっと新しい生活に入れる」と
    たった3日間だったけど、見通しが持てたんだろうな。
    食いしん坊の彼、毎日兄の分もお昼ご飯を作ってくれてます。
    「豚コマと玉ネギと白飯があれば何とでもなる」そうです。
    【2020/05/09 18:39】 時事雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    卒業式
    休校に伴い、
    小学校の校庭を借りて行なっていた学童サッカーの練習も中止になった。
    市主催のサッカー大会も、中止になった。

    去年、悔しい負け方をしてから
    6年生のハートに火がついて
    強いチームになる。この大会で優勝を目指す。を合言葉に
    本当に1年間頑張って練習に取り組んできた。
    リーグ戦では、勝ちきれない試合もあって思うような順位にならなかったけど、着実に良いチームになってきていた。

    悔しい。

    でも、ここで終わりじゃない。
    中学でも一緒にサッカー部に入ろうと約束した子が何人もいて。
    リーグ戦で対戦した子たちとも、きっとまたどこかで対戦することになるだろうと。

    「これから頑張ろう」
    彼らの目は、もう未来を向いている。

    卒業式の日。
    中学校の制服に身を包み
    懐かしい校庭に降り立った。
    仲間たちと再会を喜び合い、桜の下で一緒に写真を撮った。

    在校生は出席することは叶わなかったけど
    名前入りの植木鉢に植えられたパンジーの花が
    通路に置かれて、やさしく風に揺れていた。

    彼らの心はここにある。

    6送会ができなかったので
    監督やコーチにビデオメッセージを送ろうと
    式終了後、サッカーゴールの前で撮影をした。
    「6年間、ご指導ありがとうございました」
    キリっとした表情で頭を下げた。
    ユニフォームを手に笑顔になった。
    「秋の大会には審判しに行くからね」と
    後輩たちに会う日を楽しみにしていた。
    【2020/05/09 17:08】 時事雑感 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)