AUTISTICな日々
長男あきのすけのキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。やんちゃな弟Qちゃんと共に、ハハの眉間のシワを増やしてくれています。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -


    RECENT ENTRIES
  • 体験入学1(07/25)
  • 大人の自由研究(07/16)
  • 夏期講習(07/12)
  • ネガティブ・ケイパビリティ(05/28)
  • 眼鏡屋の上得意な一家(03/20)
  • 『自閉症児療育Q&A』サイト閉鎖(03/20)
  • つらいと思っている時は、たいてい自分のことしか…(12/18)
  • 心の鬼(09/24)
  • 人混みと、予定変更と。(05/30)
  • 恒例の、お片付けストレスの季節です(03/21)


  • RECENT COMMENTS
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)
  • しまりー(11/03)
  • カイパパ(11/03)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (158)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (36)
  • きょうだい児 (23)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (38)
  • 時事雑感 (44)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (30)
  • 小学校 (40)
  • 社会活動 (10)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (7)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    体験入学1
    偏差値だけで学校を決めてはいけないよ、とはいろんな人に言われることで。
    子どもの行きたいと思うところが一番だよ、ともいろんな人に言われることで。

    ただ、このヒトの強みが「お勉強が出来る」ことであるならば
    わざわざそれを否定したり、避けて通る必要もないわけで。

    支援級から籍を抜くことは
    本人が不安がったので無理強いしなかったけれど
    結局、普通級で授業を受けて、普通にテストを受けているから
    うちの県のシステムなら、みんなと同じように高校受験ができる。


    公立高校、普通科。
    出来れば面倒見の良い学校。
    出来れば通学しやすい学校。

    2番目と3番目が両立しないので、悩んでいます。

    先週末、体験入学に行った学校は
    30分ぐらい電車に乗っていきます。
    そもそもうちから駅までが、不便なんです。
    でも、理科や数学が得意なあきのすけには魅力的なカリキュラム。
    教頭先生は「面倒見のいい学校」を強調。
    「うちには特別支援教育コーディネーターを置いていますから。必要があれば入試前でも、どうぞご相談ください」と心強いお言葉。

    帰宅後、時刻表マニアは早速、自宅からその高校までの経路探索をして
    「何分の電車に乗ればいいか」を確認してました。


    実は今週末に体験予定の学校が
    元々あきのすけが第一希望にしていた学校で
    あき父も推しているんです。
    ただ、「自由な校風」というのが、母的にはどうもひっかかる…。
    スポンサーサイト
    【2017/07/25 20:56】 中学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    大人の自由研究
    7月上旬のある日の夕方
    自宅のベランダにクワガタムシがいるのを発見!
    ノコギリクワガタ

    どうやらノコギリクワガタのようです。
    どれだけ自然豊かなんだ、我が家(笑)

    Qちゃんは早速、夏休みの自由研究のネタにするんだと張り切っております。

    しかし、飼い始めたはいいものの
    コイツ、いつ見てもマットに潜ってZZZ…
    (いや、もちろん夜間に観察してますよ。昼間は仕事ですから)

    昔、あきのすけがキャンプ場でゲットしてきたミヤマクワガタはもっと活動的だったけどなあ。ツマラン。

    というわけで、欲深な親は二匹目のドジョウクワガタ、欲しいなあということで

    最初は、ベランダの外灯でライトトラップができないかと思ったんですが
    暖色系のライトは不向きらしい&「蛾ばっかり集まってもヤダ」とあき父の反対にあい
    それではと、ペットボトルのトラップに挑戦してみることにしました。

    参考にしたサイト:カブトムシ採集の仕掛けはペットボトルで作ろう!カブトムシがたくさんとれる仕掛け自作ガイド!

    バナナを発酵させるには少し時間がかかりそうなので
    とりあえず、ノコ君にあげている市販の昆虫ゼリーを入れて(メロン味よん♪)

    床置きだと風で飛びそうだったので
    ベランダの手すりに縛り付けてみました。
    トラップ1

    しかしノコ君、どこから飛んで来たんだろう。
    裏山か?お隣の庭か?
    【2017/07/16 18:08】 趣味 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    夏期講習
    いちおう受験生なあきのすけ。
    学校の定期テストの成績は悪くないのですが
    幼いころの「超場所見知り」状態を知っている母としては
    やはり受験本番に備えて、他流試合も経験した方が良かろうということで
    先週末、模擬試験を受けさせてみました。

    母の職場の近くにある学習塾で、と思っていたのに
    たまたまその回は、他の教室と合同開催ということで
    ○○グランドキャッスルホテルでやるんだと。

    う~ん、他流試合なんだからひとりで電車で行かせるか?
    最初だからそこまでハードル上げない方がいいか?
    考えた末、まあ普段お世話になっていない塾さんだし、いい時間の電車もないし、ってことで結局母が送迎しました。
    だいたい周りのお子さんたちもそうされてたみたいで。

    結果はまだ返ってこないので、それはともかくとして。

    終了後、あきのすけが
    「夏期講習、行ってみたい」と言い出しました。
    あき父に言わせれば、時間とカネの無駄なんですが(笑)

    小学校6年間は、夏休みは学童保育でワイワイ過ごしてて。
    中学になって、部活はユルユルで週1~2日ぐらい?
    もともと塾優先の幽霊部員も多いので、生真面目なあきのすけには多少不満もあるらしく。

    誰もいない自宅で、洗濯物を干したり、ゲームをしたり
    いい若いもんが不健康だから、図書館にでも行けば?って勧めるんだけど
    田舎につきバスの本数もない、公道で自転車に乗るのはまだ怖いあきのすけにはハードルが高いらしく
    (ていうか、一度行ってみたけど図書館数時間で飽きたらしい)

    さすがにそんなボッチ生活はツマラナイ
    夏期講習に行けば、関わりがあるかどうかはともかく、同年代の子が大勢勉強にいそしんでいるので
    そちらの方が楽しそうだと思ったらしい。

    まあ、自分から何かしたいと言い出すことがほとんどない人なので
    じゃあどこの教室がいいかねえ、と
    ただいま物色中です。
    親的にはほとんどヒマつぶしの意味合いしかないので
    移動が大変とか、休日も潰されるとかいうのは困るなあ。
    【2017/07/12 09:49】 中学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    ネガティブ・ケイパビリティ
    (2017・5・28 朝日新聞のコラム「著者に合いたい」より)
    作家・精神科医 帚木蓬生さんが「ネガティブ・ケイパビリティ」という言葉を紹介されていました。
    negative capability
    capableをリーダース英和辞典で引きましたら
    「~する能力がある」とともに「耐える」というニュアンスもある言葉だそうです。

    記事中では「すぐには答えの出ない、どうにも対処しようのない事態に耐える能力」
    何かが「できる能力」ではなく、「できない状況を受け止める能力」
    と紹介されていました。

    例として、アルコール依存症の患者・家族に対して精神科医が出来ることは限られている。
    患者本人の自助・自覚を待つ、それに粘り強く寄り添うことなんだと。

    医療者としての自分に出来ることはほとんどない、ということの歯がゆさ、悔しさ
    この言葉を知らなかったら耐えられなかったかもしれない、と。

    それを読んで、ああ、これは『ニーバーの祈り』と同じことだ、と思いました。
    以前このブログで書いた時には部分的にしかご紹介してなかったようなので
    http://akihaha.blog17.fc2.com/blog-entry-357.html
    改めて。

    -----------------

    ニーバーの祈り

    神よ
    変えることのできるものについて、
    それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
    変えることのできないものについては、
    それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
    そして、
    変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
    識別する知恵を与えたまえ。

    (大木英夫 訳)

    -----------------

    無力な自分に、打ちひしがれてしまったら、それですべてが終わってしまうから。
    踏みとどまること、耐えること、変わらないでいることもまた
    立派なひとつの能力なのだということ。

    最近は「レジリエンス」という言葉も注目されていますね。

    しかし年のせいか、最近長い横文字言葉が覚えられなくなってきました
    だいたい人間の短期記憶に保持しておけるのは7±2文字だそうですから
    (郵便番号とか市内電話番号はこの桁数ですね)
    5文字以下ならいろんな人に確実に覚えてもらえるってことですね

    眼鏡屋の上得意な一家
    最初は、あきのすけ。メガネの鼻当てを支える金具が、ぽっきり折れました。
    このままじゃ鼻に刺さって怪我しそう、というので急ぎ眼鏡屋へ。
    瞬間接着剤でくっつけてちょちょいのちょい、でいいのかと思ったらそうはいかないそうで
    福井の修理工場へ送って、一週間ぐらいかかると。
    「えっ…でももうすぐ期末テストなんで、メガネなしってわけには行かないんですけど…」
    急遽、小学生時代に使ってた古いメガネを引っ張り出し
    レンズだけ現在の視力に合わせたものに入れ替えて急場をしのぎ
    でもいま使ってるメガネはお気に入りなんで、やっぱり修理して使いたいと。

    ついでに私。
    最近、原稿を見ながらパソコン入力する際の視線移動がちょっとしんどくなってきて
    めいっぱい左手を伸ばして原稿をPCモニターの隣に並べて見ております。
    そう、寄る年波には勝てないってやつですね。
    目薬さしたりして誤魔化してきたけど、目が疲れすぎて帰りの運転がきつくなってきた。
    ということで「お仕事用に手元が見えやすいメガネ」を新調しました。
    (つまり老眼鏡ね、と夫。いえ、あくまで仕事用メガネですからっ!)
    いちおう客商売なので、あんまり老けて見えるのは嫌なので
    普段の近眼用メガネと色違いのフレームで、ブルーライトカット加工も入れました。

    そしてQちゃん。
    お友達に誘われて入ることにしたサッカーチームのコーチから
    ゴーグルタイプのメガネでないと試合には出せないと言われ。
    視力を測ってみたら、いま使っているメガネもこのままじゃまた学校の健診で引っかかるレベルであることが判明。
    太りすぎで成長して、顔の大きさも変わってきているので
    普段用のメガネも新調することになりました。

    支払い総額は…
    あまり考えないことにしよう