AUTISTICな日々
長男あきのすけのキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。やんちゃな弟Qちゃんと共に、ハハの眉間のシワを増やしてくれています。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    01 | 2018/02 | 03
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 - - -


    RECENT ENTRIES
  • 新カテゴリ「高校生活」スタートです(02/16)
  • 『オランダへようこそ』ドラマ「コウノドリ」で紹介(12/23)
  • あきのすけ、文化祭で発表する(4)(10/10)
  • あきのすけ、文化祭で発表する(3)(09/29)
  • あきのすけ、文化祭で発表する(2)(09/28)
  • あきのすけ、文化祭で発表する(1)(09/28)
  • ミサイルがっ(09/13)
  • 能登島へ旅行(08/20)
  • 体験入学1(07/25)
  • 大人の自由研究(07/16)


  • RECENT COMMENTS
  • あき母(08/03)
  • みかん(05/22)
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (159)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (32)
  • 趣味 (36)
  • きょうだい児 (23)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (38)
  • 時事雑感 (45)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (31)
  • 小学校 (40)
  • 社会活動 (10)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (11)
  • 高校生活 (1)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    新カテゴリ「高校生活」スタートです
    しばらく更新が滞っていましたが

    文化祭の見学や、体験入学の末

    「少し遠いけれど、面倒見の良い学校」
    を受けることに決めました。

    定員40名のうち
    前期試験(調査書+面接)で28名
    後期試験(調査書+学力試験)で12名

    ペーパーテストの得意なあきのすけ的には、多分後期試験勝負が絶対に有利
    でもいかんせん枠が小さいし、当日体調不良とか、何があるか解らんし…
    やっぱ前期受けとくべきだよな…
    でも…面接…なんだよな…
    この、独特のイントネーションと、イマイチ何が言いたいかよく解らないザ・自閉なオトコ
    臨機応変・当意即妙なんて言葉とは縁遠いヒトに…

    受けさせるのか?面接試験。

    「もし落ちた時に激しくショックを受けそうな子の場合は見送るのもあり」という意見もあり…うぅ。

    と、言いつつ。
    「ま、ダメ元でさあ。受かればラッキーだし、ダメなら後期で頑張ればいいんだしさあ」
    と、いつもの能天気母ちゃんモードでプッシュしてみました。

    商売柄、いつもは面接をする側のヒトであるあき父にも、予行演習を手伝ってもらいました。

    当日。
    「受付が済んだら中学校へ連絡を入れてくださいね」と言われていたのですが
    まさかの、校舎に入っていきなり「ハイ保護者の方はこちらの控室へ~」
    …え?受付…も、生徒が自分でしろと…つまり、ここから既に試験が始まっていると…。

    いつものように、母が隣に座ってて「○○って言いたかったんだよね^ ^」とフォローが出来ない状況。
    いや、これからは万事そうやって自分で乗り切って行かなきゃいけないんだよ、ウン。と思いつつ
    控室でじりじりと身悶えていました。

    「練習よりうまく答えられました」と、自信ありげな息子。
    まあね、でも君の「うまく行った」はね…君にしては、だからね…。


    イマドキは、高校のHPで合格発表が見られるのです。
    職場のパソコンからドキドキしながらアクセス。



    …番号、あったよぉ。(T T)o

    と、いうことで、本日入学確約書を提出。
    早速、春休み中の宿題が高校から大量に送りつけられてきました。(^ ^;)
    コミュニケーション教育に力を入れている学校だけに
    各教科から読書感想文の課題が。

    ガンバレ息子。



    そして
    もしも、もしも彼が遠くの大学に行くことになったとしたら
    彼と一緒に過ごせるのはあと3年なんだ、と愕然とするあき父
    いやそれ楽観的すぎるでしょと思っている母
    ともあれ、ライフスキル指導に本腰を入れなければ、です。
    スポンサーサイト
    【2018/02/16 18:33】 高校生活 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    『オランダへようこそ』ドラマ「コウノドリ」で紹介
    昨日放送されたドラマ「コウノドリ」の最終回で
    『オランダへようこそ』の詩が紹介されました。

    映し出されたタイトルを見て思わず「ああ、これかぁ」とつぶやいたら
    「え、母ちゃん知ってるの?」と子ども達。
    「知ってるさぁ、業界では有名だもぉん」

    ただ、いろんな方が訳しているので
    どんな訳文で放送されるのかな、と思って見ていました。
    非常にやさしい、こなれた日本語で素敵でした

    日本ダウン症協会さんで採用されている訳なんですね。

    http://www.jdss.or.jp/tane2017/index.html



    図らずも、一緒にドラマを見ていたあきのすけが
    口には出さないけど、何か感じるところがあるような顔つきをしていました。

    (俺は、母ちゃんにとっては、「失った夢」なのかな…。)

    もし、彼がそんな風に傷ついてしまったとしたら
    どういう言葉をかけてあげるのがいいんだろう。

    とりあえず、クリスマスプレゼントに添えて
    『イタリアへ行こう』でも読ませてやりますかね。
    ちょっと恥ずかしいけど。

    あきのすけ、文化祭で発表する(4)
    もういいってこのネタ(笑)なんですが

    あきのすけの後輩の6年生たちが、
    中学校生活を理解するためにとのことで文化祭を見学に来ていて
    その際の感想を書いてくれたものが昇降口に貼りだしてあるそうです。

    あきのすけのスピーチについて言及されたものも、何枚かあって
    (伝わって良かった)と嬉しくなった、ようです。
    【2017/10/10 01:23】 中学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    あきのすけ、文化祭で発表する(3)
    とりあえず、無事に発表が終わりました。
    撮っておいた動画を帰宅したあき父に見せたら、珍しくお褒めの言葉がありました(^ ^)

    実は、原稿を教室に忘れてきてしまったそうで(爆)
    それでも慌てず騒がず、
    5分間を超えるスピーチを暗唱で出来たのだから大したものです。

    本人いわく、発表した6人の中で一番拍手が大きかった、と
    自分でそう思ったのか、先生か友達にそう言ってもらったのか?
    珍しく鼻高さんモードでした。

    29日は「肉の日」なので
    いつもよりちょっとだけ高級なお肉を焼いて
    チョコレートケーキもデザートにつけました。


    不特定多数に公開するのはお断りしましたが
    特定少数にはお見せしたいので
    これからDVDにでも焼こうかなと思っています。


    聞いてて、アレこの原稿、私いつの間にゴーストライターやったんだっけ?と思うぐらい
    障害児・者に対する法律とか、制度とか
    正面切ってあきのすけに話した覚えはあんまりないんだけど
    キチンと、母のスタンスを受け継いでくれてるんだなあ、と
    そして、いつのまにか大人になりつつある息子に
    私が教えてやれることはもうそんなに多くないのかなって
    少し寂しいような気分にもなったのでした。
    ...read more
    【2017/09/29 23:38】 中学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    あきのすけ、文化祭で発表する(2)
    文化祭で発表する予定の、あきのすけの「意見文」を
    学校が、法務省の「中学生人権作文コンテスト」に応募したそうで
    「地方大会で佳作に入選したので、作品集に掲載したり、法務省のHPで公開してもいいか」という問い合わせの紙が来ました。

    そもそも、そんなものに応募するとか、したとかいう話も寝耳に水だったし。
    あきのすけ曰く、発表用に推敲する前の初稿が行った可能性が高く
    それは本人としても不本意だと。

    法務省のHPを見ると、確かに「入賞作文集」なるもののpdfファイルが公開されており。
    これは全国大会で入賞した上位11作品だけだけど
    さらに県名で絞り込みをかけると、県大会で入賞した作品もweb上で読める形になっている。
    学校名・学年・氏名が判る形で。

    「妹に障害があって…」っていうのとは、意味が違うんだよね。
    受け入れているとかいないとか、恥ずかしいとか、そういう問題じゃなくて。
    おそらくこれから定型発達者の間で生きていかねばならないであろうあきのすけにとって
    障害があるというセンシティブ情報を、不特定多数が見ることのできる形で公開するって、どうなのよ。

    あきのすけを直接知っている人たちが読まなければ、あの文は意味がない。
    校内で、口頭で発表するまでが限度。
    だから、「賞は光栄ですが、公開には同意しません」とお返事しました。

    とりあえず、事前確認があって良かった。
    コンクールと名のつくものって、応募した時点で公開に同意しますみたいなものがほとんどだから。


    …でも、実は母、発表原稿を公開する気でいたんです(爆)
    このブログでか、youtubeで音声のみとか。
    匿名なら、本人了解してくれるかなあ。

    【2017/09/28 00:53】 中学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)