AUTISTICな日々
長男あきのすけのキャッチコピーは「世界に通用する自閉症児」。やんちゃな弟Qちゃんと共に、ハハの眉間のシワを増やしてくれています。


akinosukemomをフォローしましょう
COUNTER


PROFILE
あき母
  • Author:あき母
  • 怒りんぼうで、食いしんぼうで、ナマケモノ。
    明日できることは今日しない。
    それぐらいで、ちょうどいいんじゃないですか。
  • RSS


  • CALENDER
    11 | 2016/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31


    RECENT ENTRIES
  • 心の鬼(09/24)
  • 人混みと、予定変更と。(05/30)
  • 恒例の、お片付けストレスの季節です(03/21)
  • うちのサンタさんは寒がりです(12/18)
  • 「本田40式認知特性テスト」をやってみた(11/07)
  • とめ・はね・はらい(09/07)
  • 「つたわるフォント」(07/06)
  • アプリ「NHK日本語発音アクセント辞典」(07/06)
  • UFOにさらわれてました…(07/04)
  • 留守番スキルその2:おやつを食べる(04/21)


  • RECENT COMMENTS
  • S社長(01/29)
  • あき母(01/28)
  • S社長(01/28)
  • あき母(11/08)
  • あき母(11/08)
  • しまりー(11/03)
  • カイパパ(11/03)


  • RECENT TRACKBACKS
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:親に、「使命感」とかいう美談に置き換えて(06/08)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:旅の仲間(03/01)
  • カイパパ通信blog☆自閉症スペクタクル:オランダのチューリップ(02/28)
  • 看護について知っておきたい事:【ADA法】について(02/04)
  • お父さんの[そらまめ式]自閉症療育:TIME誌の自閉症特集(06/08)


  • BEST SELECTION
  • 魔の二歳児時代
  • 同じ景色を見ていても
  • 幸せなお母さんになろう
  • 障害児のハハ
  • 天使の羽
  • It’s their problem.
  • 「迷惑をかける」と「お世話になる」
  • 変えることのできるものとできないもの
  • 語りかけ育児の落とし穴?
  • 夜泣きの後はアップグレード
  • 偏食に対する取り組み
  • TEACCH法のトイレトレーニングへの応用
  • 質問の難易度
  • チェックマンは嫌われる
  • 日本版ADA法への道
  • 支援と尊厳
  • 「当事者」であり続けるということ
  • たくさんのことはできなくてもいい
  • オランダへようこそ
  • イタリアへ行こう
  • 「絆」には「傷」が含まれている
  • 道をつける、ならす、広げる
  • 病気と障害


  • ARCHIVES



    CATEGORY
  • おうちでのできごと (157)
  • グッズ (52)
  • 療育(日本) (31)
  • 趣味 (35)
  • きょうだい児 (23)
  • あきのすけの書庫 (12)
  • アメリカ生活 (73)
  • 療育(米国) (34)
  • HANEN (11)
  • 米国の諸制度・団体 (8)
  • なかま (38)
  • 時事雑感 (44)
  • 未分類 (0)
  • いい言葉みつけた! (28)
  • 小学校 (40)
  • 社会活動 (10)
  • 日本の諸制度 (12)
  • 研究動向 (10)
  • ぷれジョブ (5)
  • 中学校 (5)


  • LINKS
  • 東信地区自閉症児・者親の会
  • 上小ぷれジョブ!
  • 映画「ぼくはうみがみたくなりました」公式サイト
  • 「ぼくうみ」製作準備実行委員会HP
  • 自閉症児の家庭療育-HACプログラム-
  • The Hanen Centre(英語)
  • 自閉症児療育Q&A
  • おめめどう
  • 東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症とは、FCとは、筆談とは
  • ~カリフォルニアからの便り~


  • Step Note
    サポートブックStep Note
    Silver Ribbon Coalition
    Visit the Silver Ribbon Coalition!
    よりそいホットライン
    もう、あなたをひとりにしたくない。
    ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
    2011年夏、日本公開決定!
    WEATHER


    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    心の鬼
    便りのないのは無事な印ということで(笑)

    今日、あきのすけの学校の文化祭が終わりました。
    クソがつくぐらい真面目なだけが取り柄の彼、
    なぜかクラス対抗合唱コンクールでテノールのパートリーダーを拝命(押しつけられ?)してしまったそうで
    反抗期真っ盛りの男子生徒たちに、あのたどたどしい話し方で注意しても聴いてもらえるわけもなく
    かなり苦労して、支援級の先生にも愚痴をこぼしたりしていたようです。

    今朝も最後の朝練だと早めに家を出ていきましたが
    まあなんとか、下手なりにまとまったようで良かったです。

    他の学年の歌の間、教室の学習展示を見に行きました。
    「絵文字」ということで、自由にひとつの漢字を選んで、その一部を絵に置き換えてデザインした作品が壁に貼られていました。

    海とか桜とか、綺麗で無難な文字が並ぶ中で
    あきのすけの選んだ漢字は「鬼」でした。
    自分の心の中に住んでいる鬼を表現したのだと書いてありました。
    「恐鬼」
    なんとなく自画像のようでもある。

    しかし肝心の文字がデフォルメされ過ぎて画用紙からはみ出してるぞ。

    穏やかで優しい、が売りの彼ですが
    学校でストレスを抱える場面もあったり
    思春期なりの怒りや葛藤は、ちゃんとあるんだなあ…。
    でもそれをこうして形にして、きちんと向き合おうとしている姿に
    健全に成長しているぢゃないかあ、と安心もしたのでした。


    その後、美術部の展示も見に行きました。
    帰宅部は寂しかろうという消極的な理由で入っているので、決して×100技術的に絵がうまいわけではなく
    しかも「(幽霊部員が多いせいで)ステージバックの製作が遅れて、個人製作の時間がなかったぁ」と
    直前の週末にやっつけ仕事で描いていた作品なので、全然期待しないで見に行ったのですが


    個人製作2016

    手先は不器用なりに、大胆な構図と、配色のセンス、白の差し色の使い方が
    なかなかいい味出してるじゃないか、と(ええ、親バカです)。

    「鬼」の暗さから一転して、自然を愛する彼らしい明るい画面に
    ホッとして帰ってきました。
    スポンサーサイト
    【2016/09/24 18:56】 中学校 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    人混みと、予定変更と。
    ずいぶん長いこと更新が滞っていました。
    私も本業が忙しくなり
    あきのすけも、いまのところ大過なく中学校生活を送れているし
    そろそろ自分のことを世間様にあまり言ってほしくないお年頃かな、ということもあり。

    でも今日は久しぶりに、「ああやっぱり」という出来事があったので。


    あき父が、市内のY町で行なわれているイベントに行ってみようと発案。
    おいしいパン屋さんが何軒も出店するというので(^ ^)
    お昼ごはん食べに行こうよ、と子どもたちを連れてGo。

    ところが
    開始から1時間ちょっとしか経っていないにもかかわらず
    売り切れているブースが続出。
    残り少ないお店には長蛇の列。
    歩行者天国ゾーンを一歩出たら、他県ナンバーの車がひっきりなしに
    一方通行だらけの旧街道に迷い込んできて、危険なことこの上ない。

    いいお天気過ぎて暑いし。
    なんだか気力がなえて早々に退散。
    お昼はどこかのお店で食べようということになりました。

    ところがY町から自宅までの道すがらって、あまり飲食店がないのですね。
    駐車場はかえって遠いからと徒歩で来たのが裏目に出ました。

    最初は、某喫茶店を目指して歩き始めたのですが
    「あそこ、食べ物とドリンク両方だと結構客単価いっちゃうんだよねえ」と私がつぶやいたのが
    あき父の脳内で「あの店には行きたくない」と勝手に脳内変換されたらしく。
    母「でもQちゃんが行ってみたいならいいよ」
    Q「いや別にそれほどでも。他にお店ないと思ったから」
    父「じゃあラーメン屋にでもするか」

    で、特に何も考えずにそのまま道なりに歩いて行って
    ふと「ラーメン屋って、△△のことだよね?」と私が確認したら
    あきのすけが急に何かグズグズ言い出して。
    どうやら「△△に行くならこの道は遠回りだ」と言いたかったらしいのですが
    いやもうここまで来ちゃったら引き返すはないんだけど…。

    で、さらに数百メートル歩いてマクドナルドの前に通りかかった時に
    「そうか、マクドっていう選択肢もあったよね。ラーメン屋とマクドどっちがいい?あきのすけの選択に任せるよ」
    なんていう無茶を、あき父がいきなり言い出しまして。

    暑いからラーメンよりマクドがいいかも、でも親はラーメンの方がいいみたいだし…
    で、あきのすけ、無限ループに入ってしまいました。

    父、なんてことしてくれるんじゃい(怒)

    母「いや、ラーメン屋目指してここまで歩いてきたんでしょ、申し訳ないけどパン系だったら私は最初の喫茶店の方が良かったわよ」
    父「え、だってあそこは高いからってアンタがダメ出ししたんじゃん」
    母「はぁ~?なに勝手に人のせいにしてるわけ?」
    というわけで、母の強権でマクドは却下させていただきました。

    熱いの嫌だったら冷麺もあるからね、で丸く収まったかと思ったんですが…
    あきのすけ、メニューが決められないウダウダぐずぐずベソベソ…になってしまいました。

    うん、暑いわ腹減ってるわっていう状態での
    予定の二転三転は、ちょっときつかったよね。

    はぁ~兄しょうがないよねえ。って表情で
    一番冷静だったのはQちゃんだったかもしれません。


    恒例の、お片付けストレスの季節です
    ハッと気がつくと、また家の中がごみ溜め状態になっていました…

    この三連休でなんとか少し片付けようと思ったものの
    数日前から持病の突発性難聴くさくて
    少し疲れてくると、めまいと耳鳴りが…

    ええ、仕事が忙しすぎるんです。
    本来、私は対人業務に向いてない体質なんです。
    フルタイムで働いて、家事育児と両立とかできるだけのワーキングメモリー、持ってないんです。

    せめてもの救いは
    あきのすけが洗濯物たたみを手伝ってくれることですが
    せっかく畳んでくれた洗濯物も、各人ごとに仕分けされないまま床に放置されていて
    (男三人、体格が似てきたのでどれが誰のパンツやら見分けがつかなくなってきた)
    夫ときたらそれをタンスに入れないまま、ただ脇に寄せて布団を敷くので
    そこに脱ぎっぱなしの靴下なんか放置された日にはもうワケが解らない…

    せめて睡眠ぐらいは取らせてもらおうと思うのに
    規則正しく早寝早起きの子どもたちに(それ自体はいいことなんだけど)6時に起こされるし(涙)

    頑張ってご飯を作っても
    父ちゃんが食卓でパソコン開いてるから並べられないし
    あきのすけは自分の部屋でなんかゴソゴソやってて降りてこないし
    Qちゃんも折り紙に余念がないし、じゃなきゃiPadでゲームやってるし
    「早くメシにしろ」って、せっついておいてコレかよっ!

    今年は兄弟ともクラス替えなので、家庭訪問があります。
    ああ、新学期までになんとか他人様に見せられるレベルに持って行かなきゃ…。

    うちのサンタさんは寒がりです
    Qsanta2015_20151218230825095.jpg

    【2015/12/18 23:11】 きょうだい児 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)

    「本田40式認知特性テスト」をやってみた
    11/4の朝日新聞
    『その勉強法、うちの子向き?』
    という記事で
    子どもの認知特性は大きく三つのタイプ
    『言語優位』 『視覚優位』 『聴覚優位』
    に分かれるという説を紹介していて

    視覚優位か聴覚優位か、という話はよく出るのだけれど
    言語優位、というのは初めて聞くなあ、と。

    で、ノートにちまちました字でやたら文字を書きまくるあきのすけって
    ずっと視覚優位だと思い込んでいたけど、実は言語優位なのか?と思って
    記事に紹介されていた、40問から成るチェックをやってみたいなあと思って
    「本田真美」先生でぐぐってみたら

    子ども向けのは著書を買わないとできないみたいなのですが
    大人用のはネット上に
    「本田40式認知特性テスト」
    なるものがアップされていたので
    とりあえず自分でそれをやってみました。

    1 カメラタイプ 26点
    2 3Dタイプ 25点
    3 ファンタジータイプ 26点
    4 辞書タイプ 32点
    5 ラジオタイプ 28点
    6 サウンドタイプ 15点

    聴覚が弱めだけど、15~45点は一般的なレベル、だそうです。

    でも、アマゾンで著者名検索してみたら
    似たようなネタで何冊も本を出してられるみたいなので
    それもちょっとどうなんだろう…と
    まあ買わずにやった人間が言うのもなんなんですが(爆)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。